タグ別アーカイブ: vr38dett

The sound of Infiniti Q50 Eau Rouge Concept!    インフィニティQ50 Eau Rouge コンセプトのエンジン音!

Infiniti is going to display Q50 Eau Rouge concept at the 2014 Geneva International Motor Show in March. For now, Infiniti will only give us two pieces of the puzzle that is the powertrain of the Q50 Eau Rouge, including the fact that it’s a turbocharged unit and a video with its soundtrack.

If our guess is right, they will use de-tuned version of VR38DTT. Infiniti has released a YouTube video containing the sound of the Q50 Eau Rouge concept, so they claim. In the opening and ending, we hear the familiar VR38DETT sound but in the middle… we hear two modified RB26 sound as well????

インフィニティのコンセプトカー、Q50 Eau Rouge コンセプトは、未だ市販化は未定です。が、ジュネーブモーターショーにも出展するらしく、YouTubeではエンジン音を聞かせるティザー動画がアップされています。まぁ、順当に考えてVR38DETTのディチューン版なんですけど、動画の頭とお尻だけがVR38DETTっぽいです。

ただ、どんな意図があるのか分かりませんが、よーく聞くとブローオフバルブが付いたRB26も複数混ざっていますよね?YouTubeに多数アップされている、アクアラインで撮影された某社のチューニングGT-Rのように聞こえます(笑)。エンジン音録音って著作権どーなんでしょうねぇ・・・

1/5th Scale VR38DETT – 1/8スケールのGT-Rエンジン

Another incredible collectors’ item. Now we expect RB26DETT engine as well.
1/8スケール【週刊GT-Rコレクション】の続編はR35 GT-Rの心臓部VR38DETTエンジン。
RB26DETTもほしくなっちゃいますねぇ。

Infiniti Q50 Eau Rouge MIGHT carry VR38DETT engine?! インフィニティQ50オールージュの情報すっぱ抜き!

Jalopnik humored the speech given by Infiniti America’s big boss, Johan de Nysschen, enough. We will keep quiet and direct you to Jalopnik’s funny take on the presentation of Infiniti Q50.

But we were so stunned by this car and went straight to our reliable sources. Yes, when someone says “sources”, one would expect it to be just a rumor… But remember how accurate our information had been on GT-R NISMO?

1. Nissan/Infiniti has not made a decision on the release of Q50 Eau Rouge yet.
2. Running prototypes will be built later this year.
3. The 500ps engine is most likely going to be the de-tuned VR38DETT

We really would like to see Q50Eau Rouge in the market!

デトロイトショーでひときわ注目を集めた、インフィニティQ50オールージュ。アメリカの人気自動車サイト、Jalopnikでは米国インフィニティのヨハン・ダ・ネイソン社長(アウディ・ジャパンから北米アウディ、北米インフィニティと順調に転職していますねぇ)のスピーチに注目したようです。

「If we built this car I would expect it to feature over 500hp and 600lb/ft of torque. Through our various alliance partners we have access to a range of engines featuring this performance capability which, with a fair amount of engineering effort, can be developed to exhibit Infiniti character and accommodated within the Q50 engine bay. The engine we are evaluating for the Q50 Eau Rouge is a big personality, V-cylinder engine with forced induction. I think our engineers have been waiting for a project like this」というスピーチでした。

ざっと日本語に訳すと・・・、
「もし、この車を作るとなったら最高出力500ps以上、最大トルク82.953 kg·m以上になるでしょう。数多くのアライアンス・パートナーのエンジンをベースに、技術的努力によってインフィニティのキャラクターづけをし、Q50のボンネットに納めることになるでしょう。Q50オールージュが搭載するエンジンは強烈な個性となり、V型シリンダーに過給機を備えることになるでしょう。弊社のエンジニアはこのようなプロジェクトを待ち望んでいたに違いありません」

もし、って何だよ?作るのか、作らないのかハッキリしてよ・・・。
「ボンネットに納めることになるでしょう?」回りくどい・・・。
「V型シリンダー」って・・・、今更直列5気筒でも持ってくるつもり?
とまぁ、Jalopnikではツッコミを入れています(笑)。まぁ、そんなこと言っても、マーケティング部が作った文章でしょうに・・・。

まっ、そんな話はさておき、気になるますよね、Q50オールージュ。そこでGT-R Otakuメンバーが“探り”を入れてくれました。

1.社内でQ50オールージュの生産計画にまだゴーサインは出ていない
2.プロトタイプは今年後半に完成予定
3.500psのエンジンはVR38DETTのディチューンの予定

GT-R OtakuではQ50オールージュの投入、陰ながら応援しています!!!

Unofficial Juke R is very cool! ロシアのチューナーが作り出したジュークR仕様

Juke R, undoubtedly, is one of the craziest and funkiest cars around with a very BIG price tag. As it is a Nissan Juke with an R35 hardware, the Russian tuning house called SV Engineering decided to build one themselves. Some people may remember this epic run of Juke R against Bugatti Veyron. It could not quite beat the Veyron but it was pretty close.

ジュークRといえば日産が世の中に送り出した、もっともクレージーでファンキーなとてもお高い車です。乱暴な言い方をすればジュークにR35のハードウェアを移植しているだけですから、“素材”があれば・・・、とロシアではSVエンジニアリングというチューナーがDIYしちゃったんです。世界の衝撃を与えたのが、このブガッティ・ヴェイロンとの対決です。0-400mはジュークRが勝ちましたからねぇ。

Currently, this Juke R is running at bit over 800ps…

っで、このジュークR、ずっとチューニングされ続けていて、今では800㎰オーバーだそうです。

We would like to see more transplant of R35 hardware…

R35のハードウェア移植、もっといろんな車で見てみたいものです。

Nissan VR38 engines are built by TAKUMIs… 日産VR38エンジンは匠によって組み立てられる

The 3.8-liter at the front of the Nissan GT-R is the company’s pride and joy. The unit is hand-built by four craftsmen, now, at the Nissan factory in Yokohama and now the company wants them to tell their story.These men are called Takumi and you’ll find their names on the signature plates mounted on the powerplants and the video below brings us into the room where these engines are born. The Takumi aslo share their view on building these special engines.

As far as I’m concerned, Nissan should have done this from the beginning when they released R35. Nissan’s VR38 engines are ALL tested for 45minutes, consuming nealy 50l, ensuring the power output of what Nissan claims. I don’t think no other mass producing automobile manufacturer does this…

One more thing… Couldn’t Nissan hire someone who produces better films than those? lol

「Handbuilt by Takumi Kurosawa(クロサワ・タクミによる手組み)」というYouTubeビデオがNissan News Roomというチャンネルで公開されています。日産「GT-R」に搭載されているVR38エンジンには、2013年モデルからエンジン組み立てを担当した職人のネームプレートが貼られているんです。

いやぁ・・・、様々な自動車サイトはこの動画を褒めていますけど・・・、個人的には“今さら”な感じが否めません(笑)。そもそも、デビュー当時からやるべきことだったでしょうし、エンジンへのこだわりはもっと謳うべきでしたねぇ。だって、クリーンルームでエンジン組み立て、完成後は延べ45分のエンジン稼働テストを全て(フツーは抜き取りでしょう!)に対して行っているんですから、凄いんです。1基あたりのガソリン消費量は49lだと聞いたことがあります。

それにしても日産さん・・・、もう少しカッコいいビデオにはなりませんでしたの?(笑)