A secret document on MY2015 has leaked out! R35 MY2015の情報入手

11月25日に迫った、2015年モデルの日産GT-Rの詳細情報をこっそり入手しました。2015年モデルは2014年モデル以上に、成熟した乗り味を追求したそうです。目指したのはレーシングカーではなく、「プレミアムスポーツ」。

<改良ポイント>
・2014年モデルで見直されたピッチング、2015年モデルではヨーの動きに着目し圧倒的な高速安定性を手に入れている。対ポルシェ911で4倍、対M・ベンツC63AMGで3倍の安定性を誇っている(どういう比較基準なのかは不明)。
・ショックアブソーバーの減衰力特性の変更、ECUのチューニングにより従来よりもコーナリング時にドライバーが狙ったラインを走れる。
・タイヤの材質、内部構造を見直し、路面追従性の向上させたほか、従来よりも路面の凹凸を吸収し、安心感のある走りを実現。
・エンジンやトランスミッションの制御チューニング、トランスアクスルやドライブシャフトなどの構造上の隙を最適化することで、メカニカルノイズや振動を低減。トランスミッションのベアリングは数ミクロン単位でチューニング。
・メカニカルロス削減によりトルクの落ち込みも消え、スムーズな加速を実現。エンジンコンピューターの改良も実施。

<Track edition engineered by nismo>
2014年モデルからガラりと走りの性格が変わった、R35。2015年モデルからは“もっとスポーツカーらしい走り”を求める顧客向けに専用グレードで対応する。
ベース車両:
Black edition
専用装備:
専用ボンディングボディ
専用幅広フロントフェンダー(アウトレットダクト付)
専用サスペンション
専用スタビライザー(フロント、リア、高バネレート)
専用レイズ製アルミ鍛造ホイール
専用タイヤ(DUNLOP SP SPORT MAXX GT600 DSST)

<45周年記念モデル>
Premium editionをベースにR34スカイラインGT-R Mスペックと同じ「シリカブレス」が奢られるほか、室内とエンジンルーム内に専用ナンバープレートが配される限定車(45台)。
11月25日発表、2015年1月上旬オーダー受付開始、2月25日発売。

<グレード展開および発売日程>
Pure edition
Black edition
Premium edition
Track edition engineered by nismo
11月25日発表・発売

<価格帯>
9,477,000(Pure edition?)~11,700,720(Track edition?)円

2014 Nissan GT-R

 

MY2015 Nissan GT-R will be introduced and will be on sale from 25th November. GT-R Otaku has managed to obtain a secret document with detail of the MY2015 GT-R. The new MY2015 is not track focused but aimed at being the “premium sport” and thus became even more comfortable than the MY2014.

<What they have changed>
*With MY2014, Nissan’s engineers looked into lessening of the pitching in ride quality. With MT2015, they looked into the horizontal movement of the ride quality. Nissan claims the stability of the MY2015 GT-R is 4times higher than that of Porsche 911, 3times higher than that of Mercedes Benz C63 AMG… We do not know how Nissan measured the difference…
*The damping of the shock absorbers have been changed and ECU has been remapped accordingly. MY2015 GT-R’s agility has increased a great deal.
*The material as well as the design of the tires have been refined. They not only grip better but absorb unnecessary road information thus providing better ride quality.
*Engine, transmission, trans-axel, driveshaft have all been refined to have less constructional “gaps”. Lessening the gaps has led to less mechanical noise and lessened the friction losses. The bearings of the transmission have been altered by few microns.
*By lessoning of friction losses, acceleration of the MY2015 has improved an ECU has been refined accordingly.

<Track edition engineered by nismo>
From MY2014, the ride and handling of the GT-R has changed drastically. From MY2015, in order to accommodate more demanding customers, Nissan will introduce a new model called “track edition engineered by nismo” based on Black edition.
Features:
Rigid bonding body
Wide front fenders with air outlets
Track edition dedicated suspension
Track edition dedicated front/rear stabilizers with stiffer springs
Track edition dedicated Rays Aluminum forged rims
Track edition dedicated tires (DUNLOP SP SPORT MAXX GT600 DSST)

<45th anniversary model>
Based on Premium editon, 45 of the 45th anniversary will be on sale. The body color will be Silica Breath, same as R34 Skyline GT-R M spec, and will have dedicated anniversary plates in the interior as well as the engine room.
45th Anniversary models will be introduced on 25th November, Nissan will take orders from the beginning of January 2015 and will be sold from 25th February.
<The lineup of MY2015 GT-R>
Pure edition
Black edition
Premium edition
Track edition engineered by nismo

<price range>
9,477,000(Pure edition?)yen ~11,700,720(Track edition?)yen

1200ps GT-R reached 323.2km/h… you will be surprised to read more. 1200㎰のGT-Rが323.2km/hに到達・・・、もっと読めば驚きます!

1200psのR35で区間平均スピード323.2㎞/h達成!って書いたところで、驚く方はそう多くないかもしれません。でも、全盲のドライバーがこの記録を樹立したんです。はい、ビックリ仰天は話です!
An R35 that has been modified to 1200ps managed to average 323.2km/h… Yes, sure. Not surprising at all, is it? Well… until you hear that the record was achieved by a blind man!

イギリス人元銀行員(なんで、こう書かれるのか分かりませんが、いつもこの方の紹介にはこの肩書きが付きまとっています)のマイク・ニューマン氏、実は昨年、ポルシェ911ターボで区間平均スピード299.3㎞/hという偉業を成し遂げています。
Mike Newman, an ex-bank manager… I don’t know why he is always introduced as “an ex-bank manager” but all the media coverage do so… set a record of 299.3km/h last year with a Porsche 911 Turbo.

この時点で全盲者による世界最速記録を樹立していますから、今年は自らの記録に挑戦したわけです。本人としては時速200マイル(320㎞/h)の壁を越えたかったようです・・・。イギリス・エルヴィントン飛行場の2.9㎞におよぶ滑走路を使い2回走行。その平均スピードが323.2㎞/hだったんです。
At that point, he has set the world’s fastest blind driver record but he challenged himself, probably wanting to break the 200mph barrier. Newman used the Elvington Airfield and its 1.8-mile (2.9 km) runway where he was required to perform back to back runs. At the end of the two runs, his speed was averaged to a new record of 200.9 mph (323.2 km/h).

最高速トライアルって決してアクセルを踏むだけではありません。路面は一定ではありませんし、細かなステアリング修正も必要です。目をつむって運転することを想像しただけで、ゾッとします。ニューマン氏の最高速チャレンジは挑戦車両に加えて、すぐ後ろをナビゲーター車両が追随。義父が無線で細かな指示を出し、それに従ってニューマン氏は運転しているそうです。

ニューマン氏、Speed of Sightという身体障害者のためのモータースポーツ団体を主宰しており、その活動のアピール、またハンディキャップを克服するチャレンジ精神を見せつけてくれました。ちなみに2011年には全盲者による水上最速記録樹立・・・
Newman keeps breaking the blind land speed record in order to promote the organization, Speed of Sight. This charity makes it possible for people with disabilities to experience the thrill of driving a car around a race track. In addition to land speed records, the Speed of Sight website also says Newman has set a water speed record

コパイロットが搭乗していたとはいえ、全盲者初の飛行機での宙返り26回・・・。いやはや、バイタリティ溢れるアドレナリンジャンキーです(笑)。
Newman, also, did acrobatic vertical loops (aka, loop-the-loops). He is a brave… one heck of an adrenaline junky! lol

GT-Rについての情報はチューナー、Litchfieldのサイトをご覧ください。
For more information on this particular GT-R, head over to Litchfield

GT-R Magazine Vol.118 is on sale from 1st August! GT-RマガジンVol.118は8月1日発売

GT-R Magazine Vol.118
On sale from 1st August 2014
Price: 1300 yen
Publisher: Kotsu Times Sha http://www.kotsu-times.jp

GT-R Magazine Vol.118 will feature on R32 GT-R(BNR32) as it will turn 25 years old on the 21st of August. Chikara Kitabatake, a photographer, shot the R32 for a cover page 20 years ago when the very first GT-R Magazine came out and he shot it again. What we focused was to shoot the original (unmodified) R32 with backgrounds that never were 25 years ago. All the shots were taken in Tokyo and some of you may notice exactly where. What surprised us is that BNR32 still looks fabulous even after a quarter of a century. Enjoy looking at these beautiful pictures and reminiscent on the day BNR32 made its debut. On the side note, this particular BNR32 belongs to Kozo Wantanabe, a man in charge of testing BNR32, and is the only BNR32 colored in the factory original green.

As for the special feature, we have interviewed men behind the development of R32 Skyline. Those men were Shurei Ito, a product manager then and Hiroshi Tamura, a product manager’s right hand man then. We have also interviewed the designer of an R32, Hidetoshi Nishiizumi, chief engineer of chassis design who put in a lot of work for ATESA E-TS, Toshiro Matsda and Seiji Nagakura who was in charge of product assessment.

Our regular feature of “BNR32 project” being looked after at NISMO Omori Factory is nearly coming to a completion. The engine has been installed and is now drivable. We will soon find out the full extent of an R32 which has been refreshed by the works team.

In the last issue, we attached a DVD and with this issue, we are giving away a free GT-R Magazine original sticker. There is an amazing story behind this sticker and we shall soon reveal it in our official blog. http://www.kotsu-times.jp/gtrmag/

●Other contents are of R’s meeting 2014 guide, including “we shall aim for world record”/ GT-R&NSX Tokyo-Hokkaidou long touring/ R32, R33, R34, R35 staff car diaries/ Super GT 2014 & report on Nurburgring 24hours etc.

•Ž†

「GT-R Magazine 118号」
平成26(2014)年8月1日(金)発売
定価:1,300円(税込)
発行:(株)交通タイムス社 http://www.kotsu-times.jp 偶数月1日発売

GT-R Magazine最新号(118号)は、今年の8月21日で発売から丸25年を迎える「R32GT-R(BNR32)」の特集です! 今号の表紙と巻頭グラビアは、20年前にも本誌創刊号(000号)の表紙を撮っていただいた写真家・北畠主税氏に依頼しました。今回拘ったのは、発売当時そのまま(つまり、フルノーマル)の初期モデル(平成元年式)で、25年前にはなかった風景をバックにカットを撮るという点。ロケ地はすべて東京都内ですが、中にはどの場所かおわかりになる方もいらっしゃると思います。四半世紀の時を経ても、まったく色褪せないBNR32。美しいグラビア写真をご覧いただきながら、25年前の「あの日」に思いを馳せていただければと思います。ちなみに、今回撮影に使用した車両はBNR32の実験主担を務めた、皆さんご存じ「渡邉衡三」氏の愛車です(世界に一台しかない、幻の純正グリーン色!)。

特集企画の内容ですが、今回はR32スカイラインの産みの親ともいえる、商品主管「伊藤修令」氏にご登場いただきインタビューを敢行。さらに、その右腕の商品主担として手腕を振るった「田口 浩」氏にもお話しを伺いました。伊藤氏はもちろん、単独では本誌初登場の田口氏が語る「裏話」も大変興味深い内容です。また、R32のデザイナーを務めた「西泉秀俊」氏、アテーサE-TSの開発に尽力されたシャシー設計部・主任技師「松田俊郎」氏、商品性評価を担当した車担「長倉靖二」氏など、R32の開発には欠かせないキーマンに、当時の苦労など貴重なエピソードをお聞きしています。また、R32といえば外せない「グループA」に関しても、今まではあまりスポットが当てられなかった「プロトタイプ」を取り上げています。さらに、本誌で連載中の『NISMO大森ファクトリー』が手掛ける「BNR32プロジェクト」もいよいよ佳境を迎えました! 今回はついにエンジンが搭載され、走り出せる状態まで完成。ワークスが手掛ける「新世代のR32」、その見事な仕上がりは誌面にて!

さて、今号には前号のDVDに続き特別付録をご用意しました。「R32生誕25周年」を祝し本誌オリジナルのステッカーを製作。最新号の118号に綴じ込んであります。そのステッカーですが、じつはその誕生に凄い逸話が……!? 詳しくは、近日中にGT-R Magazineのブログ(http://www.kotsu-times.jp/gtrmag/)でご紹介いたします!

●GT-R Magazine118号 その他のコンテンツ: R’s Meeting 2014 イベントガイド「今年は世界記録に挑戦!」/一時代を築いた名車 GT-R×NSX 東京〜北海道ロングツーリング/スタッフカーの日常をレポート R32・R33・R34・R35運行日誌/スーパーGT 2014&ニュル24時間レポート etc.

Jaguar F type R coupe VS Nissan GT-R, the battle of the 550ps’ ジャガーFタイプRクーペVS日産GT-R最高出力550㎰バトル

Jaguar F Type R carries a 5l supercharged engine that produces 550ps. It is the same number of horse power as the R35 GT-R and Autocar decided to make a video on their handling test as well as putting them for a time trial.

F Type R weighs 1650kg, GT-R weighs 1740kg and their 0-100km/h time is 4.2sec and 2.7 respectively. Yes, yes, Jaguar is a FR machine and GT-R is a 4WD machine but I’m really starting to wonder what “power to weight ratio” really tells us…

ジャガーFタイプRクーペが搭載する5lスーパーチャージャー付きエンジンの最高出力は550㎰。“おっ、R35GT-Rと同じだね”ということで(?)、イギリスの老舗自動車雑誌「AUTOCAR」が比較テストを行いました。

とはいっても、0→100㎞/h加速はR35GT-Rのほうが断然速い(FタイプR4.2秒、GT-R2.7秒)ので割愛してあって、お馴染みのコースでのローリングスタートによるタイムトライアルです。ちなみにFタイプRクーペの車重は1650㎏、GT-Rは1740㎏です。ボディウェイトレシオがいかにまやかしか・・・(笑)。

FRと4WDの違いこそあれど・・・、GT-Rの速さは圧巻。

GT-R Magazine Vol.117 on sale from 31st of May! 5月31日はGT-Rマガジン117号発売日です!

GT-R Magazine Vol.117
On sale from 31st May 2014
Price \1,500
Publisher Kotsu Times Sha
http://www.kotsu-times.jp

The latest issue of GT-R Magazine Vol.117 will feature on ways to prolong the ownership of GT-Rs. We will recommend new ways of modifying GT-Rs, namely “R’s remake”, that are beyond the usual ways of refreshing and tuning. 25 years have passed since the debut of R32 and it is approaching 7th year since the introduction of the current R35. We travel all around Japan and feel GT-R owners’ passion for their cars as well as their wishes to own the car for a very long time. How could you maintain the best condition for your GT-Rs may be of your interest. And we will go further than just restorations.

●The main contents inside “R’s remake”
Modernize BNR32
Ways to fabricate out of production parts
Clever DIY ideas from current owners
Strengthening ignition parts will keep RB26 healthy
The merit of replacing deteriorated wire harness
New ways of setting up your suspension
Evolution of digital sensors continue
Life expectancies of parts and the superiorities of new parts

As announced last month, Vol.117 comes with a DVD titled “The title of fastest R”. This DVD is 130min long and contains fastest GT-Rs in Fuji Speedway and Tsukuba Circuit. The footages are of onboard cameras of tuned GT-Rs, interviews of the tuning shops as well as drivers. We also brought the latest NISMO GT-R to both Fuji Speedway and Tsukuba Circuit and recoded its lap time.

dvd_02

Other contents of GT-R Magazine Vol.117 includes Skyline V37, the opening of R’s Meeting 2014 entries, the latest report on sports wheels and brand philosophies, Super GT 2014 report, GT-R Magazine original R34 steering wheel development etc.

dvd_01

「GT-R Magazine 117号」
5月31日(土)発売
特別価格:1,500円(税込)
発行:(株)交通タイムス社 http://www.kotsu-times.jp 偶数月1日発売

•Ž†

GT-R Magazine最新号(117号)は、GT-Rオーナーならば誰しも気になる「長く乗り続ける」ための手法を特集! 「R’sリメイク」と題した今号の巻頭企画では、従来のリフレッシュやチューニングといった定番メニューとはひと味違う、新しいGT-Rモディファイ術を提案しています。今年でR32がデビューしてから25年、現行モデルのR35も発売から7年目に入りました。毎号、全国各地で取材していると「一生乗り続けたい」という切なる想いを胸に抱くオーナーの方々が日に日に増えていると実感します。今後どうすれば良好なコンディションを保ち続けることができるのか? というのは皆さんにとって永遠のテーマだと思います。元の状態に戻す、すなわちリフレッシュやレストアといった手法の「一歩先を行く」というのが今回の企画のハイライトです。日々進化し続ける技術や新しい発想により、今だからこそ可能なリメイク術。ぜひとも参考にしてください!

●巻頭特集「R’sリメイク」の主なコンテンツ
・ BNR32を現代流に仕立て上げる
・ 製廃パーツを独自に興すという手法
・ 知恵で勝負する現役オーナー流DIY
・ 点火系の強化で衰え知らずのRB26に
・ 劣化したハーネスを引き直すメリット
・ 減衰力セッティングに新たな活路
・ 進化し続けるデジタルセンサーの効能
・ パーツの寿命と最新モデルの優位性

なお、今号には特別付録として前号の巻頭企画を完全映像化した「最速Rの称号」DVDが付いています! 以前にも告知しましたが、収録時間:130分という長編DVDでは、富士スピードウェイと筑波サーキットで取材した「最速R」たちの走りを完全収録! タイムアタック時の鬼気迫るインカー画像はもちろん、各ショップのチューナーが語る最速に賭ける思いやドライバーのインタビューも盛り込みました。また、話題のGT-R NISMOも富士と筑波でタイム計測を実施。いったいどんな記録を打ち出したのか? 本誌と合わせて、特別付録DVDもじっくりとご覧ください!

●GT-R Magazine117号 その他のコンテンツ:史上最悩のスカイライン・V37考察/R’s Meeting 2014・イベントエントリー受け付け開始!/スポーツホイール最前線・最新モデルに見るブランド哲学/スーパーGT 2014レポート・開幕ダッシュを決めるGT-R/R34用・Gマガステアリング第3弾・鋭意開発中! etc.

The world of “Fast and Furious” recreated with R/C cars?! 映画「ワイルドスピード」をラジコンで再現?!

This video is simply stunning. Brilliantly filmed, precisely modeled, and hilariously executed, this Fast & Furious homage is something anyone can love–even if you’re not a fan of the movies.
たかがラジコン、されどラジコンです。映画「ワイルドスピード」っぽく撮影した、ということですが、ソートー大変ですよ、コレ・・・。
お見事!

Behind the scenes is worth watching, too. You’d appreciate how much work had been put in.
撮影裏側も見応えたっぷり!いやぁ、ホント、大変そうです。

Behind the scenes of “Fast & Furious 6″ looks amazing, too.
っで、映画「ワイルドスピード6」の撮影裏側もあったので、併せてご紹介しておきます。

Qashqai R built by Severn Valley Motorsport キャシュカイRという名の怪物がイギリスで誕生!

Nissan is building limited numbers of exclusive Juke R and the Russians are building their own version of Juke R. What did the Brits do?

To put it simply, British GT-R tuning specialist Severn Valley Motorsport (SVM) took the shell of Nissan’s family-orientated 7-seater crossover and dropped it on the modified chassis and…tuned mechanical hardware of an R35 GT-R.

The exterior of the car is a mixture of elements from the GT-R and the Qashqai, while inside, it’s mostly R35 right down to the Recaro seats and instrument panel, with modifications where necessary.

日産はジュークRという怪物を生み出し、ロシア勢はジュークRもどきで800㎰以上を成し遂げ・・・、イギリス勢(SVMというGT-Rチューナー)はキャシュカイ(日本名デュアリス)にR35のハードウェアをぶち込む偉業を成し遂げたそうです(笑)。

まぁ、こうやって文字で伝えるのは簡単ですが、ソートー大変なことだと思われます。キャシュカイのボディをぶった切ってサイズを調整して、R35もボディをぶった切ってキャシュカイの殻をプラットホームに合体グランドクロス。

もちろん、そこで終わっちゃGT-Rチューナーの名が廃りますから、ばっちりエンジンチューニングも施されているそうです。SUVのキャシュカイなのに・・・、最高出力は推定1000㎰・・・。

個人的にはクラシックカーでこういうR35のハードウェアを生かした合体モノを拝見したいところです。日産車に限らず、例えばジャガーEタイプとか・・・。

もっと写真を見るにはSVMのFacebookページをご覧ください。
For more photos, head over to SVM’s Facebook page.
https://www.facebook.com/SevernvalleyMotorsport/photos_stream

The worldwide GT-R News Network