タグ別アーカイブ: gtr35

【在庫希少】GT-R 日産純正部品 カーボン製リアウーファーパネル / GT-R Nissan genuine Parts carbon rear woofer panel Stock scarcity

GT-R 日産純正部品 カーボン製リアウーファーパネルですが、海外の方に人気が高く、多数お問い合わせを頂いております。

既に数件ほど、ヨーロッパ方面に出荷致しました。

今しか、gtrotakuでしか購入できない希少な商品となっております。本当に在庫限りのみなので、入手するチャンスは今だけです!

海外発送(送料別)も致しますので、ご希望の方はお問い合わせ ください。

通常モデルの樹脂製リアウーファーパネルと異なり、2009年発売のGT-R Spec Vと2011年発売のGT-R EGOIST(エゴイスト)の2車種はドライカーボン製のリアウーファーパネルが装着されています。
他の純正部品と違い、ディーラーや日産部販での購入にはSpecVやEGOISTの車検証を提示することが求められる大変希少な部品です。
また、定価も約520,000円と非常に高額な商品です。
部品の適合年式はMY11~MY14となっておりますが、MY07~MY17までの全てのGTRに装着可能です!

GT-R 日産純正部品 カーボン製リアウーファーパネル

 

GT-R Nissan genuine parts Although it is a carbon-made rear woofer panel, it is popular for overseas people and has received many inquiries.

We have already shipped a few items to Europe.

Only now it is a rare item that can only be purchased with gtrotaku. As it is truly stock only, the opportunity to get is now only!

We will also ship internationally (by shipping fee), so please contact us if you wish!

Unlike ordinary model resin rear woofer panels, two models of GT-R Spec V released in 2009 and GT-R EGOIST (Egoist) released in 2011 are fitted with dry carbon rear woofer panels.
Unlike other genuine parts, purchasing at dealers and Nissan Division sales is a very rare part that is required to present Spec V and EGOIST car verification.
Also, the list price is about 520,000 yen and it is a very expensive item.
Although the fitting year of parts is MY 11 ~ MY 14, it is possible to install on all GTRs from MY 07 to MY 17!

GT-R Nissan genuine parts carbon rear woofer panel

HKS Technical Factory GTR35 Details. HKSテクニカルファクトリー R35 GT-R

HKS Technical Factory’s GTR35 has HKS GT1000 kit in its engine bay and Varis full bodykit all round exterior.
Its specifications are exactly the same as HKS Premium Day, but we had incredible result at this time attack and photo shooting session for GT-R Magazine held at Fuji Speedway on 6th March 2014.

HKSテクニカルファクトリーのR35 GT-Rは先日のHKSプレミアムデイで披露された仕様と同一で、VarisのフルエアロにHKS GT1000キットがベースとなったもの。しかしながらGT-Rマガジンの富士スピードウェイでのロケ当日には、谷口信輝選手のドライブにより驚きの結果を導き出しました。
詳細は2014年4月1日発売のGT-Rマガジンをお楽しみに。

Top Secret GTR35 Details. トップシークレット R35 GT-R

As you know, Top Secret and “Smoky Nagata” is one of the most popular GT-R tuning brand over the world since their “legend” in England back in 1990’s.
This R35 GT-R produces 1030ps. Top Secret tested both the standard radial tires and racing slick tires at this GT-R Magazine’s time attack and photo shooting session at Fuji Speedway. Apparently, we saw the huge gap of the lap time between with radial tires and with racing slicks.

トップシークレットは1030馬力を誇るR35 GT-RでGT-Rマガジンの富士スピードウェイでのロケに参加。ノーマルのラジアルタイヤとスリックタイヤを持ち込んで比較も行いました。スリックタイヤの方がラップタイムが良いことは想像できますが、ここまで違うとは。。。
詳細は2014年4月1日発売のGT-Rマガジン誌面をお楽しみに。

HKS GT1000plus GTR35 Details

HKS’s brand new flagship demo car “HKS GT1000plus GTR35”. GT-R Magazine carried out comparison of the lap time between the standard-based front bodykit and HKS GT1000plus special front bodykit at Fuji Speedway.

1月のHKSプレミアムデイでお披露目されたHKSのフラッグシップデモカー「GT1000プラス R35 GT-R」。GT-Rマガジンの取材では、フロントバンパーとフロントフェンダーをノーマルベースの物の状態と、専用のエアロに交換した状態とでのラップタイムの比較を実施。
詳細はGT-Rマガジン2014年4月1日発売号で。