タグ別アーカイブ: Carbon

【在庫希少】GT-R 日産純正部品 カーボン製リアウーファーパネル / GT-R Nissan genuine Parts carbon rear woofer panel Stock scarcity

GT-R 日産純正部品 カーボン製リアウーファーパネルですが、海外の方に人気が高く、多数お問い合わせを頂いております。

既に数件ほど、ヨーロッパ方面に出荷致しました。

今しか、gtrotakuでしか購入できない希少な商品となっております。本当に在庫限りのみなので、入手するチャンスは今だけです!

海外発送(送料別)も致しますので、ご希望の方はお問い合わせ ください。

通常モデルの樹脂製リアウーファーパネルと異なり、2009年発売のGT-R Spec Vと2011年発売のGT-R EGOIST(エゴイスト)の2車種はドライカーボン製のリアウーファーパネルが装着されています。
他の純正部品と違い、ディーラーや日産部販での購入にはSpecVやEGOISTの車検証を提示することが求められる大変希少な部品です。
また、定価も約520,000円と非常に高額な商品です。
部品の適合年式はMY11~MY14となっておりますが、MY07~MY17までの全てのGTRに装着可能です!

GT-R 日産純正部品 カーボン製リアウーファーパネル

 

GT-R Nissan genuine parts Although it is a carbon-made rear woofer panel, it is popular for overseas people and has received many inquiries.

We have already shipped a few items to Europe.

Only now it is a rare item that can only be purchased with gtrotaku. As it is truly stock only, the opportunity to get is now only!

We will also ship internationally (by shipping fee), so please contact us if you wish!

Unlike ordinary model resin rear woofer panels, two models of GT-R Spec V released in 2009 and GT-R EGOIST (Egoist) released in 2011 are fitted with dry carbon rear woofer panels.
Unlike other genuine parts, purchasing at dealers and Nissan Division sales is a very rare part that is required to present Spec V and EGOIST car verification.
Also, the list price is about 520,000 yen and it is a very expensive item.
Although the fitting year of parts is MY 11 ~ MY 14, it is possible to install on all GTRs from MY 07 to MY 17!

GT-R Nissan genuine parts carbon rear woofer panel

Nissan GT-R NISMO GT500 uses Mercedes AMG Petronas’ wind tunnel? 日産GT-RニスモGT500はメルセデスAMGペトロナスの風洞施設でテスト?

Japan’s Super GT has changed its regualtions for 2014. GT500 machines are in accordance with DTM regulations having uniform monocoque tubs, made by Toray Carbon Magic, uniform suspensions and all cars to be built with left hand drive. The engines are regulated to be 4l V8 in DTM but Super GT500 will be 2l straight 4 turbo and engines are to be developed uniquely. In DTM, engines are all mounted in the front but Super GT allows midship as seen on Honda NSX Concept-GT. Honda NSX Concept-GT might have the advantage over other machines as it is a hybrid.

According to our sources, the new 2l turbo engines are so powerful that Lexus and Nissan are having troubles with their propeller shafts. There was a joint test held by all three competitors and Honda has its machine catching fire, apprently.

We have also heard that Nissan GT-R NISMO GT500 uses Mercedes AMG Petronas’ wind tunnel for its aerodynamics. Nissan and Mercedes-Benz signed an alliance so we wouldn’t be so surprised. I, personally, think using Red Bull Racing’s facility would have caught more attention but… may be the wind tunnel at Mercedes AMG Petronas is better.

)

スーパーGT選手権のGT500はドイツツーリングカー選手権(DTM)と車両規定が統一されました。共通モノコック(トーレカーボンマジック製)の採用、共通のサスペンション全車左ハンドル化などが予定されていますが、搭載されるエンジンはDTMが自然吸気4.0L V8であるのに対し、従来通りスーパーフォーミュラ(旧フォーミュラ・ニッポン)と基本設計が共通の2.0L 直4 直噴ターボエンジンで独自開発が認められています。加えてそのエンジンの搭載位置も、DTMがフロントのみであるのに対し、ミッドシップも認められてホンダはNSX CONCEPT-GTを投入。NSX CONCEPT-GTはハイブリッドですから有利ですよねぇ。

GT-R Otakuが仕入れた情報によると新しいターボエンジンは強烈らしく、レクサスや日産はプロペラシャフトがテストではよく壊れているそうです。まぁ、合同テストではホンダの車両が燃えたという「噂」ですけどね・・・。

また、日産GT-R NISMO GT500はメルセデスAMGペトロナスの風洞施設で空力開発を行っているとか・・・。日産とメルセデスベンツは資本・業務提携を結んでいますからねぇ、まんざらでもないんでしょう。まぁ、個人的にはINFINITIがスポンサーしているRED BULLレーシングのほうがインパクトはあったと思いますけど・・・、風洞施設が優れているのはメルセデスAMGペトロナスってことでしょうか?(笑)。