GT-R Magazine Vol.118 is on sale from 1st August! GT-RマガジンVol.118は8月1日発売

GT-R Magazine Vol.118
On sale from 1st August 2014
Price: 1300 yen
Publisher: Kotsu Times Sha http://www.kotsu-times.jp

GT-R Magazine Vol.118 will feature on R32 GT-R(BNR32) as it will turn 25 years old on the 21st of August. Chikara Kitabatake, a photographer, shot the R32 for a cover page 20 years ago when the very first GT-R Magazine came out and he shot it again. What we focused was to shoot the original (unmodified) R32 with backgrounds that never were 25 years ago. All the shots were taken in Tokyo and some of you may notice exactly where. What surprised us is that BNR32 still looks fabulous even after a quarter of a century. Enjoy looking at these beautiful pictures and reminiscent on the day BNR32 made its debut. On the side note, this particular BNR32 belongs to Kozo Wantanabe, a man in charge of testing BNR32, and is the only BNR32 colored in the factory original green.

As for the special feature, we have interviewed men behind the development of R32 Skyline. Those men were Shurei Ito, a product manager then and Hiroshi Tamura, a product manager’s right hand man then. We have also interviewed the designer of an R32, Hidetoshi Nishiizumi, chief engineer of chassis design who put in a lot of work for ATESA E-TS, Toshiro Matsda and Seiji Nagakura who was in charge of product assessment.

Our regular feature of “BNR32 project” being looked after at NISMO Omori Factory is nearly coming to a completion. The engine has been installed and is now drivable. We will soon find out the full extent of an R32 which has been refreshed by the works team.

In the last issue, we attached a DVD and with this issue, we are giving away a free GT-R Magazine original sticker. There is an amazing story behind this sticker and we shall soon reveal it in our official blog. http://www.kotsu-times.jp/gtrmag/

●Other contents are of R’s meeting 2014 guide, including “we shall aim for world record”/ GT-R&NSX Tokyo-Hokkaidou long touring/ R32, R33, R34, R35 staff car diaries/ Super GT 2014 & report on Nurburgring 24hours etc.

•Ž†

「GT-R Magazine 118号」
平成26(2014)年8月1日(金)発売
定価:1,300円(税込)
発行:(株)交通タイムス社 http://www.kotsu-times.jp 偶数月1日発売

GT-R Magazine最新号(118号)は、今年の8月21日で発売から丸25年を迎える「R32GT-R(BNR32)」の特集です! 今号の表紙と巻頭グラビアは、20年前にも本誌創刊号(000号)の表紙を撮っていただいた写真家・北畠主税氏に依頼しました。今回拘ったのは、発売当時そのまま(つまり、フルノーマル)の初期モデル(平成元年式)で、25年前にはなかった風景をバックにカットを撮るという点。ロケ地はすべて東京都内ですが、中にはどの場所かおわかりになる方もいらっしゃると思います。四半世紀の時を経ても、まったく色褪せないBNR32。美しいグラビア写真をご覧いただきながら、25年前の「あの日」に思いを馳せていただければと思います。ちなみに、今回撮影に使用した車両はBNR32の実験主担を務めた、皆さんご存じ「渡邉衡三」氏の愛車です(世界に一台しかない、幻の純正グリーン色!)。

特集企画の内容ですが、今回はR32スカイラインの産みの親ともいえる、商品主管「伊藤修令」氏にご登場いただきインタビューを敢行。さらに、その右腕の商品主担として手腕を振るった「田口 浩」氏にもお話しを伺いました。伊藤氏はもちろん、単独では本誌初登場の田口氏が語る「裏話」も大変興味深い内容です。また、R32のデザイナーを務めた「西泉秀俊」氏、アテーサE-TSの開発に尽力されたシャシー設計部・主任技師「松田俊郎」氏、商品性評価を担当した車担「長倉靖二」氏など、R32の開発には欠かせないキーマンに、当時の苦労など貴重なエピソードをお聞きしています。また、R32といえば外せない「グループA」に関しても、今まではあまりスポットが当てられなかった「プロトタイプ」を取り上げています。さらに、本誌で連載中の『NISMO大森ファクトリー』が手掛ける「BNR32プロジェクト」もいよいよ佳境を迎えました! 今回はついにエンジンが搭載され、走り出せる状態まで完成。ワークスが手掛ける「新世代のR32」、その見事な仕上がりは誌面にて!

さて、今号には前号のDVDに続き特別付録をご用意しました。「R32生誕25周年」を祝し本誌オリジナルのステッカーを製作。最新号の118号に綴じ込んであります。そのステッカーですが、じつはその誕生に凄い逸話が……!? 詳しくは、近日中にGT-R Magazineのブログ(http://www.kotsu-times.jp/gtrmag/)でご紹介いたします!

●GT-R Magazine118号 その他のコンテンツ: R’s Meeting 2014 イベントガイド「今年は世界記録に挑戦!」/一時代を築いた名車 GT-R×NSX 東京〜北海道ロングツーリング/スタッフカーの日常をレポート R32・R33・R34・R35運行日誌/スーパーGT 2014&ニュル24時間レポート etc.

Jaguar F type R coupe VS Nissan GT-R, the battle of the 550ps’ ジャガーFタイプRクーペVS日産GT-R最高出力550㎰バトル

Jaguar F Type R carries a 5l supercharged engine that produces 550ps. It is the same number of horse power as the R35 GT-R and Autocar decided to make a video on their handling test as well as putting them for a time trial.

F Type R weighs 1650kg, GT-R weighs 1740kg and their 0-100km/h time is 4.2sec and 2.7 respectively. Yes, yes, Jaguar is a FR machine and GT-R is a 4WD machine but I’m really starting to wonder what “power to weight ratio” really tells us…

ジャガーFタイプRクーペが搭載する5lスーパーチャージャー付きエンジンの最高出力は550㎰。“おっ、R35GT-Rと同じだね”ということで(?)、イギリスの老舗自動車雑誌「AUTOCAR」が比較テストを行いました。

とはいっても、0→100㎞/h加速はR35GT-Rのほうが断然速い(FタイプR4.2秒、GT-R2.7秒)ので割愛してあって、お馴染みのコースでのローリングスタートによるタイムトライアルです。ちなみにFタイプRクーペの車重は1650㎏、GT-Rは1740㎏です。ボディウェイトレシオがいかにまやかしか・・・(笑)。

FRと4WDの違いこそあれど・・・、GT-Rの速さは圧巻。

GT-R Magazine Vol.117 on sale from 31st of May! 5月31日はGT-Rマガジン117号発売日です!

GT-R Magazine Vol.117
On sale from 31st May 2014
Price \1,500
Publisher Kotsu Times Sha
http://www.kotsu-times.jp

The latest issue of GT-R Magazine Vol.117 will feature on ways to prolong the ownership of GT-Rs. We will recommend new ways of modifying GT-Rs, namely “R’s remake”, that are beyond the usual ways of refreshing and tuning. 25 years have passed since the debut of R32 and it is approaching 7th year since the introduction of the current R35. We travel all around Japan and feel GT-R owners’ passion for their cars as well as their wishes to own the car for a very long time. How could you maintain the best condition for your GT-Rs may be of your interest. And we will go further than just restorations.

●The main contents inside “R’s remake”
Modernize BNR32
Ways to fabricate out of production parts
Clever DIY ideas from current owners
Strengthening ignition parts will keep RB26 healthy
The merit of replacing deteriorated wire harness
New ways of setting up your suspension
Evolution of digital sensors continue
Life expectancies of parts and the superiorities of new parts

As announced last month, Vol.117 comes with a DVD titled “The title of fastest R”. This DVD is 130min long and contains fastest GT-Rs in Fuji Speedway and Tsukuba Circuit. The footages are of onboard cameras of tuned GT-Rs, interviews of the tuning shops as well as drivers. We also brought the latest NISMO GT-R to both Fuji Speedway and Tsukuba Circuit and recoded its lap time.

dvd_02

Other contents of GT-R Magazine Vol.117 includes Skyline V37, the opening of R’s Meeting 2014 entries, the latest report on sports wheels and brand philosophies, Super GT 2014 report, GT-R Magazine original R34 steering wheel development etc.

dvd_01

「GT-R Magazine 117号」
5月31日(土)発売
特別価格:1,500円(税込)
発行:(株)交通タイムス社 http://www.kotsu-times.jp 偶数月1日発売

•Ž†

GT-R Magazine最新号(117号)は、GT-Rオーナーならば誰しも気になる「長く乗り続ける」ための手法を特集! 「R’sリメイク」と題した今号の巻頭企画では、従来のリフレッシュやチューニングといった定番メニューとはひと味違う、新しいGT-Rモディファイ術を提案しています。今年でR32がデビューしてから25年、現行モデルのR35も発売から7年目に入りました。毎号、全国各地で取材していると「一生乗り続けたい」という切なる想いを胸に抱くオーナーの方々が日に日に増えていると実感します。今後どうすれば良好なコンディションを保ち続けることができるのか? というのは皆さんにとって永遠のテーマだと思います。元の状態に戻す、すなわちリフレッシュやレストアといった手法の「一歩先を行く」というのが今回の企画のハイライトです。日々進化し続ける技術や新しい発想により、今だからこそ可能なリメイク術。ぜひとも参考にしてください!

●巻頭特集「R’sリメイク」の主なコンテンツ
・ BNR32を現代流に仕立て上げる
・ 製廃パーツを独自に興すという手法
・ 知恵で勝負する現役オーナー流DIY
・ 点火系の強化で衰え知らずのRB26に
・ 劣化したハーネスを引き直すメリット
・ 減衰力セッティングに新たな活路
・ 進化し続けるデジタルセンサーの効能
・ パーツの寿命と最新モデルの優位性

なお、今号には特別付録として前号の巻頭企画を完全映像化した「最速Rの称号」DVDが付いています! 以前にも告知しましたが、収録時間:130分という長編DVDでは、富士スピードウェイと筑波サーキットで取材した「最速R」たちの走りを完全収録! タイムアタック時の鬼気迫るインカー画像はもちろん、各ショップのチューナーが語る最速に賭ける思いやドライバーのインタビューも盛り込みました。また、話題のGT-R NISMOも富士と筑波でタイム計測を実施。いったいどんな記録を打ち出したのか? 本誌と合わせて、特別付録DVDもじっくりとご覧ください!

●GT-R Magazine117号 その他のコンテンツ:史上最悩のスカイライン・V37考察/R’s Meeting 2014・イベントエントリー受け付け開始!/スポーツホイール最前線・最新モデルに見るブランド哲学/スーパーGT 2014レポート・開幕ダッシュを決めるGT-R/R34用・Gマガステアリング第3弾・鋭意開発中! etc.

The world of “Fast and Furious” recreated with R/C cars?! 映画「ワイルドスピード」をラジコンで再現?!

This video is simply stunning. Brilliantly filmed, precisely modeled, and hilariously executed, this Fast & Furious homage is something anyone can love–even if you’re not a fan of the movies.
たかがラジコン、されどラジコンです。映画「ワイルドスピード」っぽく撮影した、ということですが、ソートー大変ですよ、コレ・・・。
お見事!

Behind the scenes is worth watching, too. You’d appreciate how much work had been put in.
撮影裏側も見応えたっぷり!いやぁ、ホント、大変そうです。

Behind the scenes of “Fast & Furious 6” looks amazing, too.
っで、映画「ワイルドスピード6」の撮影裏側もあったので、併せてご紹介しておきます。

Qashqai R built by Severn Valley Motorsport キャシュカイRという名の怪物がイギリスで誕生!

Nissan is building limited numbers of exclusive Juke R and the Russians are building their own version of Juke R. What did the Brits do?

To put it simply, British GT-R tuning specialist Severn Valley Motorsport (SVM) took the shell of Nissan’s family-orientated 7-seater crossover and dropped it on the modified chassis and…tuned mechanical hardware of an R35 GT-R.

The exterior of the car is a mixture of elements from the GT-R and the Qashqai, while inside, it’s mostly R35 right down to the Recaro seats and instrument panel, with modifications where necessary.

日産はジュークRという怪物を生み出し、ロシア勢はジュークRもどきで800㎰以上を成し遂げ・・・、イギリス勢(SVMというGT-Rチューナー)はキャシュカイ(日本名デュアリス)にR35のハードウェアをぶち込む偉業を成し遂げたそうです(笑)。

まぁ、こうやって文字で伝えるのは簡単ですが、ソートー大変なことだと思われます。キャシュカイのボディをぶった切ってサイズを調整して、R35もボディをぶった切ってキャシュカイの殻をプラットホームに合体グランドクロス。

もちろん、そこで終わっちゃGT-Rチューナーの名が廃りますから、ばっちりエンジンチューニングも施されているそうです。SUVのキャシュカイなのに・・・、最高出力は推定1000㎰・・・。

個人的にはクラシックカーでこういうR35のハードウェアを生かした合体モノを拝見したいところです。日産車に限らず、例えばジャガーEタイプとか・・・。

もっと写真を見るにはSVMのFacebookページをご覧ください。
For more photos, head over to SVM’s Facebook page.
https://www.facebook.com/SevernvalleyMotorsport/photos_stream

GT-R Magazine Vol.116 on sale now! GT-Rマガジン絶賛販売中!

「GT-R Magazine 116号」
4月1日(火)発売
定価:1,300円(税込)
発行:(株)交通タイムス社 偶数月1日発売

GT-R Magazine Vol.116
On sale from 1st April.
Price: 1300yen (consumption tax included)
Publisher: Kotsu times sha

GT-R Magazine Vol.116

GT-R Magazine最新号(116号)の巻頭特集は、題して「最速Rの称号」! 現在、富士スピードウェイで最速クラスのタイムをマークしている5台の チューンドGT-Rのほか、3月上旬からいよいよオーナーの元にデリバリーが開始された「GT-R NISMO」もフルアタック!

富士スピードウェイといえば、日本が世界に誇る屈指の高速サーキット。約1.5kmのホームストレートを300km/hオーバーで駆け抜ける1,000psクラスのGT-Rの迫力をお伝えします。

登 場するデモカーは、HKS本社・R35HKSテクニカルファクトリー・R35トップシークレット・R35ATTKDオーテック・R32オートギャ ラリー横浜・R34の計5台。ここに、GT-R NISMOと12万km走行している本誌R35(07年式のフルノーマル)も加え、富士を借り切ってタイムアタックテストを実施しました。気になる結果は 本誌をご覧いただくとして、各車のラップタイムや最高速、各コーナーの通過スピードなどの情報も掲載しているので、それぞれのマシンの特性や個性をじっく りと読み取っていただけると思います。

20140401-gtrmag-07

また、各車両のスペックのみならず、究極のGT-Rを作り上げたチューナーたちの思いやポリシー、そ のステアリングを握り命がけでアタックするドライバーたちのコメントも必見です。ちなみに、今回の取材の模様は動画としても収録済み。次号の117号(5 月31日発売予定)に特別付録DVDとして付きますので、こちらもぜひご期待ください!

20140401-gtrmag-06

The main feature article of Vol. 116 of GT-R Magazine is titled “The title of the fastest R”! We have gathered 5 of the fastest Fuji Speedway lapping tuned GT-Rs as well as GT-R NISMO and had them run at full speed.

20140401-gtrmag-05

Fuji Speedway is one of the fastest lapping courses in Japan. Home straight is close to 1.5km and all of them, with over 1000ps, reach the speed beyond 300km/h.

20140401-gtrmag-04

The 5 GT-Rs were of HKS headquarters R35, HKS technical factory R35, Top Secret R35, ATTKD Autech R32 and Auto Gallery Yokohama R34. We, also, decided to clock the lap time with our own R35 (MT’07, traveled over 120,000km, fully original) as well as the brand new GT-R NISMO. For results, I hope you will have the chance to read it on our magazine. Along with the lap time, we have detailed measurements of speed at each corners. We also feature interviews of tuners who built ultimate GT-Rs as well as drivers who drove them.

20140401-gtrmag-03

Yes, in modern days that we live today, we have caught all actions on video and will release it in one DVD together with our next issue, on sale from 31st May, of Vol.117 GT-R Magazine.

20140401-gtrmag-02

●GT-R Magazine116号の主なコンテンツ:巻頭特集:「最速Rの称号」/NISMO大森ファクトリー・BNR32再興プロジェクト/ケンメリの皮を被ったR32/HKS PREMIUMDAY in FUJI SPEEDWAY/大阪オートメッセ2014詳報/今が旬のユーズドR35購入ガイド etc.

●Main contents of Vol.116 GT-R Magazine: “Title of the fastest R”, NISMO Omori factory, revival of BNR32 project, R32 that wears the skin of Ken Mary, HKS PRUMIUM DAY in Fuji Speedway, Osaka Auto Messe 2014, Used R35 purchase guide etc.

Win a supercar for € 14.99… Really? スーパーカー宝くじはたったの14.99ユーロ…、本当?

Auto Gespot had an article featuring on “Win Your Spercar” which is a lottery for winning a supercar. Apparently, the lottery is usually sold for € 49.99, but it’s only € 14.99 for unknown perio of time. Participating in this unique opportunity might make you the winner of a brand new BMW M5. You could also consider the Nissan GT-R or the Mercedes-Benz C63 AMG. Buying a ticket for each of these three cars is of course possible and will enhance your chances.

And they will pay for everything (fuel, tires, road tax: up to € 50,000) for three years and the winner can do anything with the car after three years.

As we took out our credit cards, we came to my senses. The lottery tickets are only limited to 9999. What if they sold 9999 lottery tickets for € 14.99… they would not make any money. If they sold 9999 lottery tickets for € 49.99… yeah, they can make a fair bit of profit… but what if the winner resided in Singapore where cars are 4-5 times more expensive than Germany or Japan where these cars come from…

No, we are not accusing this lottery to be a scam. But at the same time, you might want to be careful.
As I read the article on Auto Gespot more carefully, I notice a banner advertisement for Win Your Supercar on the same page… And I think to myself “Oh, this is not a proper article but a paid publicity”.

\We won’t stop you from dreaming and if you want to participate in this, by all means, please! We wish you the best of luck. YOU HAVE TO BE IN IT TO WIN IT, as they say.

We will keep our eyes on Win Your Supercar for as long as we can and see if there really is a winner or not. Till then, we decided not to participate in this lottery.

blog

AUTO GESPOT というサイトに“14.99ポンドでスーパーカーを当てよう”という記事があり速攻、読んでみました。要はスーパーカー宝くじで、掲載されている車(BMW M5、M・ベンツC63AMG、日産GT-R)を応募者が選択し、チケットを購入するんです。チケットは限定販売で、募集枚数(ページにカウンターが用意されています)に達すると抽選。後日、当選番号がホームページに公開されるんですって。

っで、当選者は3年間、上限5万ポンドで維持費(税金、ガソリン、タイヤ)も支給されるんです。どういう理由か分かりませんが3年間は乗らなければならないようで、それ以降は好きに乗り続けるなり売却するなり、ご自由に、だそうです。

いいですよねぇ。まるでドバイの宝くじです。

早速、購入しようとクレジットカードを手にして、ちょっと気分が冷めたんです。個人的には通常価格いくらいくらが今なら・・・、ってセリフ、大嫌いなんです。じゃ、最初からその値段で売れよ、と思うんです。だって商売ですもねぇ。赤字覚悟の在庫処分ってよほどのことじゃなきゃしません。

9999枚発売したとして49.99ポンドならスーパーカー当選者に夢を与えて利益も出ます。でも、期間限定がいつからいつまでもわからず・・・、9999枚が14.99ポンドだったらハッキリ言って赤字です。すると、“もしや当選者なんて出ないんじゃなかろうか?”と疑念が沸いてきちゃうんです(笑)。当選者がシンガポール在住だったら、車の値段は本国価格の4倍で・・・。

ついでに言うと、このAUTO GESPOTの記事自体、よくよく見るとトップバナーに当該宝くじサイトの広告が貼り込まれていて“ああ、タイアップ記事なのね”って思わせてくれます。

というわけで、夢を見たい方は試しに購入してみるのはアリでしょうけど、くれぐれも自己責任でお願い致します!
GT-R Otakuでは確認できるかぎり、この宝くじサイトに注目していく所存です!e

The worldwide GT-R News Network