HKS Technical Factory GTR35 Details. HKSテクニカルファクトリー R35 GT-R

HKS Technical Factory’s GTR35 has HKS GT1000 kit in its engine bay and Varis full bodykit all round exterior.
Its specifications are exactly the same as HKS Premium Day, but we had incredible result at this time attack and photo shooting session for GT-R Magazine held at Fuji Speedway on 6th March 2014.

HKSテクニカルファクトリーのR35 GT-Rは先日のHKSプレミアムデイで披露された仕様と同一で、VarisのフルエアロにHKS GT1000キットがベースとなったもの。しかしながらGT-Rマガジンの富士スピードウェイでのロケ当日には、谷口信輝選手のドライブにより驚きの結果を導き出しました。
詳細は2014年4月1日発売のGT-Rマガジンをお楽しみに。

Top Secret GTR35 Details. トップシークレット R35 GT-R

As you know, Top Secret and “Smoky Nagata” is one of the most popular GT-R tuning brand over the world since their “legend” in England back in 1990’s.
This R35 GT-R produces 1030ps. Top Secret tested both the standard radial tires and racing slick tires at this GT-R Magazine’s time attack and photo shooting session at Fuji Speedway. Apparently, we saw the huge gap of the lap time between with radial tires and with racing slicks.

トップシークレットは1030馬力を誇るR35 GT-RでGT-Rマガジンの富士スピードウェイでのロケに参加。ノーマルのラジアルタイヤとスリックタイヤを持ち込んで比較も行いました。スリックタイヤの方がラップタイムが良いことは想像できますが、ここまで違うとは。。。
詳細は2014年4月1日発売のGT-Rマガジン誌面をお楽しみに。

Win a supercar for € 14.99… Really? スーパーカー宝くじはたったの14.99ユーロ…、本当?

Auto Gespot had an article featuring on “Win Your Spercar” which is a lottery for winning a supercar. Apparently, the lottery is usually sold for € 49.99, but it’s only € 14.99 for unknown perio of time. Participating in this unique opportunity might make you the winner of a brand new BMW M5. You could also consider the Nissan GT-R or the Mercedes-Benz C63 AMG. Buying a ticket for each of these three cars is of course possible and will enhance your chances.

And they will pay for everything (fuel, tires, road tax: up to € 50,000) for three years and the winner can do anything with the car after three years.

As we took out our credit cards, we came to my senses. The lottery tickets are only limited to 9999. What if they sold 9999 lottery tickets for € 14.99… they would not make any money. If they sold 9999 lottery tickets for € 49.99… yeah, they can make a fair bit of profit… but what if the winner resided in Singapore where cars are 4-5 times more expensive than Germany or Japan where these cars come from…

No, we are not accusing this lottery to be a scam. But at the same time, you might want to be careful.
As I read the article on Auto Gespot more carefully, I notice a banner advertisement for Win Your Supercar on the same page… And I think to myself “Oh, this is not a proper article but a paid publicity”.

\We won’t stop you from dreaming and if you want to participate in this, by all means, please! We wish you the best of luck. YOU HAVE TO BE IN IT TO WIN IT, as they say.

We will keep our eyes on Win Your Supercar for as long as we can and see if there really is a winner or not. Till then, we decided not to participate in this lottery.

blog

AUTO GESPOT というサイトに“14.99ポンドでスーパーカーを当てよう”という記事があり速攻、読んでみました。要はスーパーカー宝くじで、掲載されている車(BMW M5、M・ベンツC63AMG、日産GT-R)を応募者が選択し、チケットを購入するんです。チケットは限定販売で、募集枚数(ページにカウンターが用意されています)に達すると抽選。後日、当選番号がホームページに公開されるんですって。

っで、当選者は3年間、上限5万ポンドで維持費(税金、ガソリン、タイヤ)も支給されるんです。どういう理由か分かりませんが3年間は乗らなければならないようで、それ以降は好きに乗り続けるなり売却するなり、ご自由に、だそうです。

いいですよねぇ。まるでドバイの宝くじです。

早速、購入しようとクレジットカードを手にして、ちょっと気分が冷めたんです。個人的には通常価格いくらいくらが今なら・・・、ってセリフ、大嫌いなんです。じゃ、最初からその値段で売れよ、と思うんです。だって商売ですもねぇ。赤字覚悟の在庫処分ってよほどのことじゃなきゃしません。

9999枚発売したとして49.99ポンドならスーパーカー当選者に夢を与えて利益も出ます。でも、期間限定がいつからいつまでもわからず・・・、9999枚が14.99ポンドだったらハッキリ言って赤字です。すると、“もしや当選者なんて出ないんじゃなかろうか?”と疑念が沸いてきちゃうんです(笑)。当選者がシンガポール在住だったら、車の値段は本国価格の4倍で・・・。

ついでに言うと、このAUTO GESPOTの記事自体、よくよく見るとトップバナーに当該宝くじサイトの広告が貼り込まれていて“ああ、タイアップ記事なのね”って思わせてくれます。

というわけで、夢を見たい方は試しに購入してみるのはアリでしょうけど、くれぐれも自己責任でお願い致します!
GT-R Otakuでは確認できるかぎり、この宝くじサイトに注目していく所存です!e

HKS GT1000plus GTR35 Details

HKS’s brand new flagship demo car “HKS GT1000plus GTR35”. GT-R Magazine carried out comparison of the lap time between the standard-based front bodykit and HKS GT1000plus special front bodykit at Fuji Speedway.

1月のHKSプレミアムデイでお披露目されたHKSのフラッグシップデモカー「GT1000プラス R35 GT-R」。GT-Rマガジンの取材では、フロントバンパーとフロントフェンダーをノーマルベースの物の状態と、専用のエアロに交換した状態とでのラップタイムの比較を実施。
詳細はGT-Rマガジン2014年4月1日発売号で。

Nissan GT-R NISMO GT500 uses Mercedes AMG Petronas’ wind tunnel? 日産GT-RニスモGT500はメルセデスAMGペトロナスの風洞施設でテスト?

Japan’s Super GT has changed its regualtions for 2014. GT500 machines are in accordance with DTM regulations having uniform monocoque tubs, made by Toray Carbon Magic, uniform suspensions and all cars to be built with left hand drive. The engines are regulated to be 4l V8 in DTM but Super GT500 will be 2l straight 4 turbo and engines are to be developed uniquely. In DTM, engines are all mounted in the front but Super GT allows midship as seen on Honda NSX Concept-GT. Honda NSX Concept-GT might have the advantage over other machines as it is a hybrid.

According to our sources, the new 2l turbo engines are so powerful that Lexus and Nissan are having troubles with their propeller shafts. There was a joint test held by all three competitors and Honda has its machine catching fire, apprently.

We have also heard that Nissan GT-R NISMO GT500 uses Mercedes AMG Petronas’ wind tunnel for its aerodynamics. Nissan and Mercedes-Benz signed an alliance so we wouldn’t be so surprised. I, personally, think using Red Bull Racing’s facility would have caught more attention but… may be the wind tunnel at Mercedes AMG Petronas is better.

)

スーパーGT選手権のGT500はドイツツーリングカー選手権(DTM)と車両規定が統一されました。共通モノコック(トーレカーボンマジック製)の採用、共通のサスペンション全車左ハンドル化などが予定されていますが、搭載されるエンジンはDTMが自然吸気4.0L V8であるのに対し、従来通りスーパーフォーミュラ(旧フォーミュラ・ニッポン)と基本設計が共通の2.0L 直4 直噴ターボエンジンで独自開発が認められています。加えてそのエンジンの搭載位置も、DTMがフロントのみであるのに対し、ミッドシップも認められてホンダはNSX CONCEPT-GTを投入。NSX CONCEPT-GTはハイブリッドですから有利ですよねぇ。

GT-R Otakuが仕入れた情報によると新しいターボエンジンは強烈らしく、レクサスや日産はプロペラシャフトがテストではよく壊れているそうです。まぁ、合同テストではホンダの車両が燃えたという「噂」ですけどね・・・。

また、日産GT-R NISMO GT500はメルセデスAMGペトロナスの風洞施設で空力開発を行っているとか・・・。日産とメルセデスベンツは資本・業務提携を結んでいますからねぇ、まんざらでもないんでしょう。まぁ、個人的にはINFINITIがスポンサーしているRED BULLレーシングのほうがインパクトはあったと思いますけど・・・、風洞施設が優れているのはメルセデスAMGペトロナスってことでしょうか?(笑)。

Auto Gallery Yokohama GTR34 Details

Auto Gallery Yokohama’s GTR34 looks very plain seeing from outside, but has massive HKS T51R SPL turbocharger under the bonnet hood.

オートギャラリー横浜のR34 GT-Rは、外見こそよくあるチューンドGT-Rといった感じですが、ボンネットを開けるとフルチューンエンジンが。ターボチャージャーはHKS T51R SPL。富士スピードウェイを1分44秒台でラップしていました。
この車両の詳細については、2014年4月1日発売のGT-Rマガジンにて紹介される予定です。