The latest issue of GT-R Magazine, Vol.115! GT-Rマガジン115号明日発売!

GT-R Magazine 115号
平成26年2月1日(土)発売 定価:1,300円
発行:株式会社交通タイムス社 www.kotsu-times.jp

1st Feb. 2014 On sale Price:1300yen
Publisher: Kotsu Times Sha www.kotsu-times.jp

gmag-feb2014-cover

GT-R Magazine 115号の巻頭特集は「愛車復調の処方箋」と題し、原因不明のトラブルや不調に悩んでいたGT-Rオーナーと、それを克復したチューナー(専門医)のドラマを綴っています。第2世代GT-Rはもちろん、3年間でなんと24万kmも走行したというR35まで、さまざまなオーナーが登場します。もうひとつ、巻頭内ではNISMO大森ファクトリーが所有するBNR32を題材に、「業界初の大実験」も敢行! 今号の表紙になっているクルマが、その実験の模様です。どんな実験をしたかは……ぜひ誌面でご覧ください!

Vol.115 of GT-R Magazine’s main feature is titled “Prescription of your car to recovery” and focuses on owners who tackled unknown causes of troubles on their GTRs. There are owners of second generation GT-R, an owner who drove 240,000km on his R35 in 3 years and many more. We have also decided to conduct an experiment, perhaps for the first time in automobile journalism, using a BNR32 at NISMO Omori factory. The GT-R on the cover is the subject being experimented on. What kind of experiment did we do… find out in our magazine.

gmag-feb2014-02

CONTENTS
愛車復調の処方箋
悩めるオーナーに手を差し伸べる専門医の手腕
Prescription of your car to recovery
Professionals who give helping hands to those tormented owners.

BNR32再興
NISMO大森ファクトリーが最新の技術を投じる
Recovery of BNR32
NISMO Omori factory shows us the latest technique.

R35GT-R 新旧対決
ロングツーリングで2014年モデルの実力を測る
R35GT-R Old VS New
We see the real capabilities of a 2014 model through a long touring drive.

gmag-feb2014-01

R’sトレンド考察
東京オートサロン2014詳報
R’s latest trend
Tokyo Auto Salon 2014 report

gmag-feb2014-03

Tokyo Auto Salon 2014: Tuned GT-Rs with Dino Dalle Carbonare

[Via Nissan Newsroom] To mark this year’s Tokyo Auto Salon, the Nissan Global Media Center invited journalist and GT-R enthusiast Dino Dalle Carbonare to choose his favorite tuned versions of the supercar.
In all, Carbonare, senior editor at Speedhunters, singled out five very special Nissan GT-R models at Asia’s largest annual tuning and customization show.
日本で活躍している自動車ジャーナリスト、 ディノ•ダッレ•カルボナーレ氏が東京オートサロン2014のGT-Rチューニング事­情を解説します。

Infiniti Q50 Eau Rouge MIGHT carry VR38DETT engine?! インフィニティQ50オールージュの情報すっぱ抜き!

Jalopnik humored the speech given by Infiniti America’s big boss, Johan de Nysschen, enough. We will keep quiet and direct you to Jalopnik’s funny take on the presentation of Infiniti Q50.

But we were so stunned by this car and went straight to our reliable sources. Yes, when someone says “sources”, one would expect it to be just a rumor… But remember how accurate our information had been on GT-R NISMO?

1. Nissan/Infiniti has not made a decision on the release of Q50 Eau Rouge yet.
2. Running prototypes will be built later this year.
3. The 500ps engine is most likely going to be the de-tuned VR38DETT

We really would like to see Q50Eau Rouge in the market!

デトロイトショーでひときわ注目を集めた、インフィニティQ50オールージュ。アメリカの人気自動車サイト、Jalopnikでは米国インフィニティのヨハン・ダ・ネイソン社長(アウディ・ジャパンから北米アウディ、北米インフィニティと順調に転職していますねぇ)のスピーチに注目したようです。

「If we built this car I would expect it to feature over 500hp and 600lb/ft of torque. Through our various alliance partners we have access to a range of engines featuring this performance capability which, with a fair amount of engineering effort, can be developed to exhibit Infiniti character and accommodated within the Q50 engine bay. The engine we are evaluating for the Q50 Eau Rouge is a big personality, V-cylinder engine with forced induction. I think our engineers have been waiting for a project like this」というスピーチでした。

ざっと日本語に訳すと・・・、
「もし、この車を作るとなったら最高出力500ps以上、最大トルク82.953 kg·m以上になるでしょう。数多くのアライアンス・パートナーのエンジンをベースに、技術的努力によってインフィニティのキャラクターづけをし、Q50のボンネットに納めることになるでしょう。Q50オールージュが搭載するエンジンは強烈な個性となり、V型シリンダーに過給機を備えることになるでしょう。弊社のエンジニアはこのようなプロジェクトを待ち望んでいたに違いありません」

もし、って何だよ?作るのか、作らないのかハッキリしてよ・・・。
「ボンネットに納めることになるでしょう?」回りくどい・・・。
「V型シリンダー」って・・・、今更直列5気筒でも持ってくるつもり?
とまぁ、Jalopnikではツッコミを入れています(笑)。まぁ、そんなこと言っても、マーケティング部が作った文章でしょうに・・・。

まっ、そんな話はさておき、気になるますよね、Q50オールージュ。そこでGT-R Otakuメンバーが“探り”を入れてくれました。

1.社内でQ50オールージュの生産計画にまだゴーサインは出ていない
2.プロトタイプは今年後半に完成予定
3.500psのエンジンはVR38DETTのディチューンの予定

GT-R OtakuではQ50オールージュの投入、陰ながら応援しています!!!