動画

The world of “Fast and Furious” recreated with R/C cars?! 映画「ワイルドスピード」をラジコンで再現?!

This video is simply stunning. Brilliantly filmed, precisely modeled, and hilariously executed, this Fast & Furious homage is something anyone can love–even if you’re not a fan of the movies.
たかがラジコン、されどラジコンです。映画「ワイルドスピード」っぽく撮影した、ということですが、ソートー大変ですよ、コレ・・・。
お見事!

Behind the scenes is worth watching, too. You’d appreciate how much work had been put in.
撮影裏側も見応えたっぷり!いやぁ、ホント、大変そうです。

Behind the scenes of “Fast & Furious 6” looks amazing, too.
っで、映画「ワイルドスピード6」の撮影裏側もあったので、併せてご紹介しておきます。

Nissan GT-R NISMO GT500 uses Mercedes AMG Petronas’ wind tunnel? 日産GT-RニスモGT500はメルセデスAMGペトロナスの風洞施設でテスト?

Japan’s Super GT has changed its regualtions for 2014. GT500 machines are in accordance with DTM regulations having uniform monocoque tubs, made by Toray Carbon Magic, uniform suspensions and all cars to be built with left hand drive. The engines are regulated to be 4l V8 in DTM but Super GT500 will be 2l straight 4 turbo and engines are to be developed uniquely. In DTM, engines are all mounted in the front but Super GT allows midship as seen on Honda NSX Concept-GT. Honda NSX Concept-GT might have the advantage over other machines as it is a hybrid.

According to our sources, the new 2l turbo engines are so powerful that Lexus and Nissan are having troubles with their propeller shafts. There was a joint test held by all three competitors and Honda has its machine catching fire, apprently.

We have also heard that Nissan GT-R NISMO GT500 uses Mercedes AMG Petronas’ wind tunnel for its aerodynamics. Nissan and Mercedes-Benz signed an alliance so we wouldn’t be so surprised. I, personally, think using Red Bull Racing’s facility would have caught more attention but… may be the wind tunnel at Mercedes AMG Petronas is better.

)

スーパーGT選手権のGT500はドイツツーリングカー選手権(DTM)と車両規定が統一されました。共通モノコック(トーレカーボンマジック製)の採用、共通のサスペンション全車左ハンドル化などが予定されていますが、搭載されるエンジンはDTMが自然吸気4.0L V8であるのに対し、従来通りスーパーフォーミュラ(旧フォーミュラ・ニッポン)と基本設計が共通の2.0L 直4 直噴ターボエンジンで独自開発が認められています。加えてそのエンジンの搭載位置も、DTMがフロントのみであるのに対し、ミッドシップも認められてホンダはNSX CONCEPT-GTを投入。NSX CONCEPT-GTはハイブリッドですから有利ですよねぇ。

GT-R Otakuが仕入れた情報によると新しいターボエンジンは強烈らしく、レクサスや日産はプロペラシャフトがテストではよく壊れているそうです。まぁ、合同テストではホンダの車両が燃えたという「噂」ですけどね・・・。

また、日産GT-R NISMO GT500はメルセデスAMGペトロナスの風洞施設で空力開発を行っているとか・・・。日産とメルセデスベンツは資本・業務提携を結んでいますからねぇ、まんざらでもないんでしょう。まぁ、個人的にはINFINITIがスポンサーしているRED BULLレーシングのほうがインパクトはあったと思いますけど・・・、風洞施設が優れているのはメルセデスAMGペトロナスってことでしょうか?(笑)。

Andy Palmer can, really, drive! アンディ・パーマー氏は運転がお上手!

Nissan’s Executive Vice President, Andy Palmer never fails to offer media with surprises. At Tokyo Motorshow, back in 2011, he stated “it’s a complete bullshit” on claims that electric automobiles simply transfer emissions from the vehicle’s tailpipe to the countless electricity-generating smokestacks across the globe. Last year, when Toyota 86/Subaru BRZ made their debuts, he called them “mid-life crisis cars” and made headlines… lol

And we applaud him for being so frank. In fact, he is awesome.

He’s an engineer, a business leader and a great driver, too, apparently. When NISMO GT-R was attempting for Nurburgring record lap, Andy drove a lap as well. His time was somewhere in 8minutes range and surprised all the people present.

Nissan just uploaded a video of Andy driving the new NISMO GT-R at Nissan’s test track in Tochigi prefecture. The video shows NISMO GT-R’s chief vehicle engineer explaining of the car and Andy driving… We would have loved to see Andy driving on Nurburgring though.

It’s nice to know that Nissan has car enthusiast as one of their executives!

日産自動車副社長のアンディ・パーマー氏、毒舌家で我々メディアに賑やかな話題を提供してくれる人物です(笑)。2011年、東京モーターショーの囲み取材中(発電所がCO2を排出しているかぎり)EVはCO2排出転嫁をしているだけではないか、という指摘に「it’s a complete bullshit」(英語圏では基本、放送禁止用語:でたらめ、という意味)と発してみたり、トヨタ86/スバルBRZにてついて「中年期の鬱病用」と称してみたり。

でも、凄い人なんです。

エンジニアで経営者で、運転技術もレーシングドライバーも驚くレベル、だと聞いています。なんでもNISMO GT-Rのニュルブルクリンク記録樹立時、実はパーマー氏もステアリングを握って周囲を驚かせるタイムをたたき出したとか。

そんなパーマー氏が栃木のテストコースでNISMO GT-Rのステアリングを握った姿が動画で公開されています。NISMO GT-Rのチーフ・ヴィークル・エンジニアがパーマー氏に説明、という体で撮影された動画ですが・・・、どうせならニュルブルクリンクの走りが見たかったです(笑)。
真面目な話、運転するのがお好きなようで、そんな方が経営陣に居るって知ると嬉しいですよね。

The latest Porsche 911 Turbo beats 2014 Nissan GT-R in every aspect? 最新のポルシェ911ターボはMY2014GT-Rにあらゆる面で勝る?

CAR Magazine recently released a video featuring 2014 Nissan GT-R and Porsche 911 Turbo (991). When Nissan GT-R was introduced, they did the same comparison against Porsche 911 Turbo (997) and GT-R was quicker than 911 turbo in almost every stage. Nissan’s official figure for 0-62mph(100km/h) acceleration for the GT-R is 2.8 seconds and Porsche Turbo is 3.1 seconds. But in the video, GT-R lost against 911 Turbo… At a circuit, GT-R lost against the latest Turbo, too… But the crew at CAR Magazine concluded the video by hinting the real battle will be with NISMO GT-R. Yes, we understand that MY 2014 has become more refined and comfortable with it becoming more of a Grand Touring machine. But one of the biggest selling point was how “reasonable” the price had been set with comparison to Porsche 911 Turbo. Porsche, on the other hand, must’ve been so annoyed with the introduction of R35 and it is not hard to imagine that they would have worked so hard not to lose against GT-R. CAR Magazine is hinting a battle of NISMO GT-R and Porsche Turbo in the future. What catches our attention is the fact that NISMO GT-R has, actually, been priced slightly above Porsche Turbo… Even if NISMO GT-R turns out faster than Porsche Turbo… would you really be impressed? Well…  We shall soon find out イギリスのCAR Magazineが MY2014日産GT-Rと最新のポルシェ911ターボ対決の模様をYouTubeにアップしていました。R35デビュー時には旧型911ターボ対決をしたそうですが、その際は全ての対決項目で勝利!ところが最新版では・・・、GT-Rの全敗です。 メーカー公表の0→100㎞/h加速において日産GT-Rは最新の911ターボよりも速いはずなんですが・・・、負けてしまいます。サーキットバトルにおいても、ウェイトハンデ(911ターボよりも140㎏重たい)のせいか、負けてしまいます。 GT-Rのセールスポイントのひとつは、ポルシェ911ターボに数値的に勝りながらも価格は圧倒的に安い、ってところにあったと思うんです。ポルシェにしてみたら、どえらい厄介モノが登場したもんだ、と思ったことでしょうねぇ。きっと新型911ターボの開発においては、「絶対GT-Rに負けるな!」って言っていたはずです(笑)。 まぁ、見事、最新911ターボの勝利だったんですが、NISMO GT-Rなら結果は違うかも、なーんて思わせぶりなコメントで締めくくっています。っで、気になるのが、NISMO GT-Rの価格設定です。アメリカではポルシェ911ターボよりも、ほんの少し高い設定です。今までの抜群のコストパフォーマンスからの脱却なんでしょうけど、スポーツカーバイヤーにはどのように受け入れられるんでしょうねぇ?たとえ911ターボに勝ったとしても、消費者にどれだけ響くのか・・・。近いうちに答えが見えてくることでしょう。

The sound of Infiniti Q50 Eau Rouge Concept!    インフィニティQ50 Eau Rouge コンセプトのエンジン音!

Infiniti is going to display Q50 Eau Rouge concept at the 2014 Geneva International Motor Show in March. For now, Infiniti will only give us two pieces of the puzzle that is the powertrain of the Q50 Eau Rouge, including the fact that it’s a turbocharged unit and a video with its soundtrack.

If our guess is right, they will use de-tuned version of VR38DTT. Infiniti has released a YouTube video containing the sound of the Q50 Eau Rouge concept, so they claim. In the opening and ending, we hear the familiar VR38DETT sound but in the middle… we hear two modified RB26 sound as well????

インフィニティのコンセプトカー、Q50 Eau Rouge コンセプトは、未だ市販化は未定です。が、ジュネーブモーターショーにも出展するらしく、YouTubeではエンジン音を聞かせるティザー動画がアップされています。まぁ、順当に考えてVR38DETTのディチューン版なんですけど、動画の頭とお尻だけがVR38DETTっぽいです。

ただ、どんな意図があるのか分かりませんが、よーく聞くとブローオフバルブが付いたRB26も複数混ざっていますよね?YouTubeに多数アップされている、アクアラインで撮影された某社のチューニングGT-Rのように聞こえます(笑)。エンジン音録音って著作権どーなんでしょうねぇ・・・

Priceless reactions of children aboad a 1000ps GT-R! 1000馬力GT-Rに乗った子供のプライスレスなリアクション

Master Card may have priceless advertisements.
But children’s reactions are truely priceless, especially when it comes to cars for us car lovers.

子供のリアクション・・・、どんな場面でもプライスレスです。
自動車に乗る子供のリアクション・・・、クルマ好きにはとても面白く可愛らしいです。

A girl sits on her daddy’s 1000ps GT-R
まずは1000psに改造されたR35の助手席に座る女の子。

Despite her promise to keep it a secret, the first she did when she opened the door was “Mommy! Daddy took me for a joyride!…”
「ママには内緒だよ」という約束をしたにもかかわらず、帰宅後、愛娘は「ママぁ!パパがねぇ・・・」と言いつけたそうです(笑)

The next video has nothing to do with GT-R but… a priceless reaction from a boy is worth noting.
お次はGT-Rとは関係ないんですが、やっぱりプライスレスなリアクション。

Subaru Impreza, I presume?
Quiet, expression-less father is… kinda cool, too.
スバルのインプレッサですかね?
無口、無表情のお父さんも渋いです(笑)。