ギャラリー

1200ps GT-R reached 323.2km/h… you will be surprised to read more. 1200㎰のGT-Rが323.2km/hに到達・・・、もっと読めば驚きます!

1200psのR35で区間平均スピード323.2㎞/h達成!って書いたところで、驚く方はそう多くないかもしれません。でも、全盲のドライバーがこの記録を樹立したんです。はい、ビックリ仰天は話です!
An R35 that has been modified to 1200ps managed to average 323.2km/h… Yes, sure. Not surprising at all, is it? Well… until you hear that the record was achieved by a blind man!

イギリス人元銀行員(なんで、こう書かれるのか分かりませんが、いつもこの方の紹介にはこの肩書きが付きまとっています)のマイク・ニューマン氏、実は昨年、ポルシェ911ターボで区間平均スピード299.3㎞/hという偉業を成し遂げています。
Mike Newman, an ex-bank manager… I don’t know why he is always introduced as “an ex-bank manager” but all the media coverage do so… set a record of 299.3km/h last year with a Porsche 911 Turbo.

この時点で全盲者による世界最速記録を樹立していますから、今年は自らの記録に挑戦したわけです。本人としては時速200マイル(320㎞/h)の壁を越えたかったようです・・・。イギリス・エルヴィントン飛行場の2.9㎞におよぶ滑走路を使い2回走行。その平均スピードが323.2㎞/hだったんです。
At that point, he has set the world’s fastest blind driver record but he challenged himself, probably wanting to break the 200mph barrier. Newman used the Elvington Airfield and its 1.8-mile (2.9 km) runway where he was required to perform back to back runs. At the end of the two runs, his speed was averaged to a new record of 200.9 mph (323.2 km/h).

最高速トライアルって決してアクセルを踏むだけではありません。路面は一定ではありませんし、細かなステアリング修正も必要です。目をつむって運転することを想像しただけで、ゾッとします。ニューマン氏の最高速チャレンジは挑戦車両に加えて、すぐ後ろをナビゲーター車両が追随。義父が無線で細かな指示を出し、それに従ってニューマン氏は運転しているそうです。

ニューマン氏、Speed of Sightという身体障害者のためのモータースポーツ団体を主宰しており、その活動のアピール、またハンディキャップを克服するチャレンジ精神を見せつけてくれました。ちなみに2011年には全盲者による水上最速記録樹立・・・
Newman keeps breaking the blind land speed record in order to promote the organization, Speed of Sight. This charity makes it possible for people with disabilities to experience the thrill of driving a car around a race track. In addition to land speed records, the Speed of Sight website also says Newman has set a water speed record

コパイロットが搭乗していたとはいえ、全盲者初の飛行機での宙返り26回・・・。いやはや、バイタリティ溢れるアドレナリンジャンキーです(笑)。
Newman, also, did acrobatic vertical loops (aka, loop-the-loops). He is a brave… one heck of an adrenaline junky! lol

GT-Rについての情報はチューナー、Litchfieldのサイトをご覧ください。
For more information on this particular GT-R, head over to Litchfield

GT-R Magazine Vol.118 is on sale from 1st August! GT-RマガジンVol.118は8月1日発売

GT-R Magazine Vol.118
On sale from 1st August 2014
Price: 1300 yen
Publisher: Kotsu Times Sha http://www.kotsu-times.jp

GT-R Magazine Vol.118 will feature on R32 GT-R(BNR32) as it will turn 25 years old on the 21st of August. Chikara Kitabatake, a photographer, shot the R32 for a cover page 20 years ago when the very first GT-R Magazine came out and he shot it again. What we focused was to shoot the original (unmodified) R32 with backgrounds that never were 25 years ago. All the shots were taken in Tokyo and some of you may notice exactly where. What surprised us is that BNR32 still looks fabulous even after a quarter of a century. Enjoy looking at these beautiful pictures and reminiscent on the day BNR32 made its debut. On the side note, this particular BNR32 belongs to Kozo Wantanabe, a man in charge of testing BNR32, and is the only BNR32 colored in the factory original green.

As for the special feature, we have interviewed men behind the development of R32 Skyline. Those men were Shurei Ito, a product manager then and Hiroshi Tamura, a product manager’s right hand man then. We have also interviewed the designer of an R32, Hidetoshi Nishiizumi, chief engineer of chassis design who put in a lot of work for ATESA E-TS, Toshiro Matsda and Seiji Nagakura who was in charge of product assessment.

Our regular feature of “BNR32 project” being looked after at NISMO Omori Factory is nearly coming to a completion. The engine has been installed and is now drivable. We will soon find out the full extent of an R32 which has been refreshed by the works team.

In the last issue, we attached a DVD and with this issue, we are giving away a free GT-R Magazine original sticker. There is an amazing story behind this sticker and we shall soon reveal it in our official blog. http://www.kotsu-times.jp/gtrmag/

●Other contents are of R’s meeting 2014 guide, including “we shall aim for world record”/ GT-R&NSX Tokyo-Hokkaidou long touring/ R32, R33, R34, R35 staff car diaries/ Super GT 2014 & report on Nurburgring 24hours etc.

•Ž†

「GT-R Magazine 118号」
平成26(2014)年8月1日(金)発売
定価:1,300円(税込)
発行:(株)交通タイムス社 http://www.kotsu-times.jp 偶数月1日発売

GT-R Magazine最新号(118号)は、今年の8月21日で発売から丸25年を迎える「R32GT-R(BNR32)」の特集です! 今号の表紙と巻頭グラビアは、20年前にも本誌創刊号(000号)の表紙を撮っていただいた写真家・北畠主税氏に依頼しました。今回拘ったのは、発売当時そのまま(つまり、フルノーマル)の初期モデル(平成元年式)で、25年前にはなかった風景をバックにカットを撮るという点。ロケ地はすべて東京都内ですが、中にはどの場所かおわかりになる方もいらっしゃると思います。四半世紀の時を経ても、まったく色褪せないBNR32。美しいグラビア写真をご覧いただきながら、25年前の「あの日」に思いを馳せていただければと思います。ちなみに、今回撮影に使用した車両はBNR32の実験主担を務めた、皆さんご存じ「渡邉衡三」氏の愛車です(世界に一台しかない、幻の純正グリーン色!)。

特集企画の内容ですが、今回はR32スカイラインの産みの親ともいえる、商品主管「伊藤修令」氏にご登場いただきインタビューを敢行。さらに、その右腕の商品主担として手腕を振るった「田口 浩」氏にもお話しを伺いました。伊藤氏はもちろん、単独では本誌初登場の田口氏が語る「裏話」も大変興味深い内容です。また、R32のデザイナーを務めた「西泉秀俊」氏、アテーサE-TSの開発に尽力されたシャシー設計部・主任技師「松田俊郎」氏、商品性評価を担当した車担「長倉靖二」氏など、R32の開発には欠かせないキーマンに、当時の苦労など貴重なエピソードをお聞きしています。また、R32といえば外せない「グループA」に関しても、今まではあまりスポットが当てられなかった「プロトタイプ」を取り上げています。さらに、本誌で連載中の『NISMO大森ファクトリー』が手掛ける「BNR32プロジェクト」もいよいよ佳境を迎えました! 今回はついにエンジンが搭載され、走り出せる状態まで完成。ワークスが手掛ける「新世代のR32」、その見事な仕上がりは誌面にて!

さて、今号には前号のDVDに続き特別付録をご用意しました。「R32生誕25周年」を祝し本誌オリジナルのステッカーを製作。最新号の118号に綴じ込んであります。そのステッカーですが、じつはその誕生に凄い逸話が……!? 詳しくは、近日中にGT-R Magazineのブログ(http://www.kotsu-times.jp/gtrmag/)でご紹介いたします!

●GT-R Magazine118号 その他のコンテンツ: R’s Meeting 2014 イベントガイド「今年は世界記録に挑戦!」/一時代を築いた名車 GT-R×NSX 東京〜北海道ロングツーリング/スタッフカーの日常をレポート R32・R33・R34・R35運行日誌/スーパーGT 2014&ニュル24時間レポート etc.

Jaguar F type R coupe VS Nissan GT-R, the battle of the 550ps’ ジャガーFタイプRクーペVS日産GT-R最高出力550㎰バトル

Jaguar F Type R carries a 5l supercharged engine that produces 550ps. It is the same number of horse power as the R35 GT-R and Autocar decided to make a video on their handling test as well as putting them for a time trial.

F Type R weighs 1650kg, GT-R weighs 1740kg and their 0-100km/h time is 4.2sec and 2.7 respectively. Yes, yes, Jaguar is a FR machine and GT-R is a 4WD machine but I’m really starting to wonder what “power to weight ratio” really tells us…

ジャガーFタイプRクーペが搭載する5lスーパーチャージャー付きエンジンの最高出力は550㎰。“おっ、R35GT-Rと同じだね”ということで(?)、イギリスの老舗自動車雑誌「AUTOCAR」が比較テストを行いました。

とはいっても、0→100㎞/h加速はR35GT-Rのほうが断然速い(FタイプR4.2秒、GT-R2.7秒)ので割愛してあって、お馴染みのコースでのローリングスタートによるタイムトライアルです。ちなみにFタイプRクーペの車重は1650㎏、GT-Rは1740㎏です。ボディウェイトレシオがいかにまやかしか・・・(笑)。

FRと4WDの違いこそあれど・・・、GT-Rの速さは圧巻。

GT-R NISMO in Black – ブラックのGT-R NISMO

NISSAN have just started delivery of GT-R NISMOs to their customers in Japan.
Currently, 22 GT-R NISMOs have been delivered, and all the cars was build in February and March.
Due to limited production volume and time consuming production process, NISSAN can build only 5 to 10 units a month.
No GT-R NISMO will be made and delivered in April, according to our source.

4月初旬、R35GTRclubさんからお誘いを受け富士スピードウェイへ。
そこに集まっていたのは約10台のGT-R。デリバリーが始まったばかりのGT-R NISMOも3台。
3月から始まったデリバリー。現在まで22台のGT-R NISMOが納車されたそうですが、パーツの供給の遅れから4月は1台も生産される予定がなく、納車もないとのことでした。
ホワイトは過去の記事で写真をご覧いただけますが、ブラックは初めてなのでブラックを中心に紹介します。

当日のほかの写真は、GTRotaku.com公式フェイスブックにて紹介します。そちらもぜひご覧ください。

HKS Technical Factory GTR35 Details. HKSテクニカルファクトリー R35 GT-R

HKS Technical Factory’s GTR35 has HKS GT1000 kit in its engine bay and Varis full bodykit all round exterior.
Its specifications are exactly the same as HKS Premium Day, but we had incredible result at this time attack and photo shooting session for GT-R Magazine held at Fuji Speedway on 6th March 2014.

HKSテクニカルファクトリーのR35 GT-Rは先日のHKSプレミアムデイで披露された仕様と同一で、VarisのフルエアロにHKS GT1000キットがベースとなったもの。しかしながらGT-Rマガジンの富士スピードウェイでのロケ当日には、谷口信輝選手のドライブにより驚きの結果を導き出しました。
詳細は2014年4月1日発売のGT-Rマガジンをお楽しみに。