The Bolt is the name of a new Keating Supercars’ car. ザ・ボルトって響きからR35のスペシャルモデルかと思ってしまいました

British supercar manufacturer Keating is back with a new model called ‘The Bolt.’ When we hear of the name “Bolt”, GT-R Otaku thinks of the goldern R35… The Bolt is Keating’s follow up to its previous SKR, TKR and ZKR supercars, all of which feature a powerplant sourced from General Motors.

The Bolt will carry a 7.0-liter LS7 V-8 delivering 505 horsepower and 470 pound-feet of torque. The company has revealed that The Bolt will be able to accelerate from 0-60 mph in just 2.0 seconds and hit a top speed in excess of 300 mph. Construction is par for the course of any modern supercar: a carbon fiber and Kevlar body, aluminum spaceframe chassis and a flat undertray to reduce drag. Power in The Bolt is directed to the rear wheels only, via a six-speed transaxle.

Despite having revealed three models already, Keating is said to have sold only around 15 examples since the launch of the first one back in 2006. That makes sense, as Keating only has three staff building the cars. They claim that each cars are built specifically to customer order and no matter what a customer’s personal preferences may be, they can be met. Orders for The Bolt are now being taken. A launch date is yet to be announced.

BOLT & R35

ボルトと聞いたら、ウサイン・ボルト、世界最速の男、金色のR35、日産のグローバル広告が頭に思い浮んでしまいます。まぁ、世界最速の男、色んなメーカーの広告やマーケティング活動に参画していて、億万長者です。

そんな「ボルト」にあやかったスーパーカーがイギリスのキーティングから投入されるとか・・・。ハッキリいって、どさくさ紛れに聞こえてなりません(笑)。2006年に誕生したキーティング、まだ15台しか生産実績はありません。従業員3名ですから十分ですけど。

小規模スーパーカーメーカーらしくアルミスペースフレームにカーボンファイバーとケブラーのボディを載せ、ほかの主要部品は外部から調達。エンジンはGMのLSシリーズで、ボルトには最高出力505psを誇る7lV8のLS7を採用。0-60マイル加速は2秒、最高速は300マイル以上って・・・、480km/h???????眉唾ですねぇ、FR車なのに。

いやはや、この手のスーパーカービジネス、ここ10年でさまざまな場所で立ち上がりは消えていってます。「ボルト」の名称、商標登録できるものではなさそうですし、〝あやかり″ビジネスがどうなるのかちょっと注目です。