世界で対決基準になっているR35

R35はその抜群のコストパフォーマンスから、世界で賞賛を浴びています。そりゃ、そうですよねぇ・・・、ポルシェ911ターボと同等、もしくはそれ以上の加速性能をフツーの911以下で提供しているんですから。ホント、凄い話です。っで、2013年モデル、ファインチューンが施され、洗練度、官能度が増したと言われ、世界のメディアが再注目しています。

アメリカのMotor TrendはアウディR8 V10プラスとR35を対決させ・・・

そして、イギリスのAUTOCAR誌はアルピナB6とR35を対決させています。両誌ともにGT-Rの凄さを認めつつ、ライバル車の日常走行における快適性、そして奥ゆかしい運転の楽しさを褒めています。ライバルより安くて、ライバルより速いのに、べた褒めされないんです。

・メカニカルノイズが多く洗練とはかけ離れている
・乗り心地は決して快適だとは言えない
・カッコ悪い

などなど。日産GT-Rはとにもかくにも絶対性能とコストパフォーマンスに訴えかけ、レクサスLFAは絶対的速さよりも官能に訴えかけた日本を代表するスーパーカーです。よーく考えてみると・・・、両車ともにゾッコンべた褒めされているところって、あまり見ませんよねぇ。

ライバルとの距離がどこに、どんなところにあるのか、もっと具体的に検証するジャーナリストやメディアがないものか・・・、と気になっている次第です(笑)。

Our Views
Motor Trend and Autocar have decided to put R35 against Audi R8 V10 Plus as well as Alpina B6. Both Audi and Alpina are more expensive and slower than R35 yet receive praises for their comfort and ease of driving. Although R35 is praised for its sheer speed on circuits, both medias seem not fully satisfied with GT-R.

Nissan GT-R has pursued numbers. Lexus LFA pursued the joy of driving, regardless of the cost. Yet, both Japanese supercars never quite seem to get the full praises from journalists or from the car media when compared with their rival supercars.

I would like to see a journalist, or a car media who can point out exactly what is missing from GT-R or Lexus LFA… Is it the history of the brand? Is it the design?