Andy Palmer can, really, drive! アンディ・パーマー氏は運転がお上手!

Nissan’s Executive Vice President, Andy Palmer never fails to offer media with surprises. At Tokyo Motorshow, back in 2011, he stated “it’s a complete bullshit” on claims that electric automobiles simply transfer emissions from the vehicle’s tailpipe to the countless electricity-generating smokestacks across the globe. Last year, when Toyota 86/Subaru BRZ made their debuts, he called them “mid-life crisis cars” and made headlines… lol

And we applaud him for being so frank. In fact, he is awesome.

He’s an engineer, a business leader and a great driver, too, apparently. When NISMO GT-R was attempting for Nurburgring record lap, Andy drove a lap as well. His time was somewhere in 8minutes range and surprised all the people present.

Nissan just uploaded a video of Andy driving the new NISMO GT-R at Nissan’s test track in Tochigi prefecture. The video shows NISMO GT-R’s chief vehicle engineer explaining of the car and Andy driving… We would have loved to see Andy driving on Nurburgring though.

It’s nice to know that Nissan has car enthusiast as one of their executives!

日産自動車副社長のアンディ・パーマー氏、毒舌家で我々メディアに賑やかな話題を提供してくれる人物です(笑)。2011年、東京モーターショーの囲み取材中(発電所がCO2を排出しているかぎり)EVはCO2排出転嫁をしているだけではないか、という指摘に「it’s a complete bullshit」(英語圏では基本、放送禁止用語:でたらめ、という意味)と発してみたり、トヨタ86/スバルBRZにてついて「中年期の鬱病用」と称してみたり。

でも、凄い人なんです。

エンジニアで経営者で、運転技術もレーシングドライバーも驚くレベル、だと聞いています。なんでもNISMO GT-Rのニュルブルクリンク記録樹立時、実はパーマー氏もステアリングを握って周囲を驚かせるタイムをたたき出したとか。

そんなパーマー氏が栃木のテストコースでNISMO GT-Rのステアリングを握った姿が動画で公開されています。NISMO GT-Rのチーフ・ヴィークル・エンジニアがパーマー氏に説明、という体で撮影された動画ですが・・・、どうせならニュルブルクリンクの走りが見たかったです(笑)。
真面目な話、運転するのがお好きなようで、そんな方が経営陣に居るって知ると嬉しいですよね。