Nissan VR38 engines are built by TAKUMIs… 日産VR38エンジンは匠によって組み立てられる

The 3.8-liter at the front of the Nissan GT-R is the company’s pride and joy. The unit is hand-built by four craftsmen, now, at the Nissan factory in Yokohama and now the company wants them to tell their story.These men are called Takumi and you’ll find their names on the signature plates mounted on the powerplants and the video below brings us into the room where these engines are born. The Takumi aslo share their view on building these special engines.

As far as I’m concerned, Nissan should have done this from the beginning when they released R35. Nissan’s VR38 engines are ALL tested for 45minutes, consuming nealy 50l, ensuring the power output of what Nissan claims. I don’t think no other mass producing automobile manufacturer does this…

One more thing… Couldn’t Nissan hire someone who produces better films than those? lol

「Handbuilt by Takumi Kurosawa(クロサワ・タクミによる手組み)」というYouTubeビデオがNissan News Roomというチャンネルで公開されています。日産「GT-R」に搭載されているVR38エンジンには、2013年モデルからエンジン組み立てを担当した職人のネームプレートが貼られているんです。

いやぁ・・・、様々な自動車サイトはこの動画を褒めていますけど・・・、個人的には“今さら”な感じが否めません(笑)。そもそも、デビュー当時からやるべきことだったでしょうし、エンジンへのこだわりはもっと謳うべきでしたねぇ。だって、クリーンルームでエンジン組み立て、完成後は延べ45分のエンジン稼働テストを全て(フツーは抜き取りでしょう!)に対して行っているんですから、凄いんです。1基あたりのガソリン消費量は49lだと聞いたことがあります。

それにしても日産さん・・・、もう少しカッコいいビデオにはなりませんでしたの?(笑)