Nissan UK’s “eVision” 英国日産が取り組む「eVision」

Nissan UK has introduced a new customer relatioship management programme called “eVision”. Nissan is introducing video-walkthroughs of vehicles to be shown to customers before work is performed. Basically it involves mechanics making a quick iPhone video of a customer car, pointing out what needs attention, then e-mailing said video to the customer for review before the work is approved. A “green-yellow-red” scale of repair-necessity will be included along with a cost estimate of the work.

Anyone who’s had a phone call from a mechanic telling you your brake pads/serpentine belt/flux capacitor is “looking pretty worn” would surely appreciate technology like this coming into the main stream. It’s also a win for honest mechanics, who could use this tool to debunk negative stereotypes about their revenue-generating practices.

Why Nissan hasn’t introduced this service in Japan, we have no idea…

車の整備で微妙なのは「壊れてましたから交換しておきました」といった類の、騙されているのか本当なのかがハッキリと確認できない点かもしれません。まぁ、事前に電話をくれる整備工場、交換前の部品を見せて説明してくれるところも、ちゃんとありますけどね。っで、そんな不安は世界共通なようで、イギリスでは日産が新しい取組みをしているんです。

サービス名は「eVision」。整備で入庫した車をメカニックがチェックし、交換推奨部品(グリーン、イエロー、レッドで緊急度の色分けも)はiPhoneで動画撮影。作業前に見積書とともに動画で確認することができるサービスです。明朗会計ってやつでしょうけど、整備に取り掛かるまでの待機時間が増え、工場稼働率が下がるようにも思えますね(笑)。

いずれ日本にも導入されるんですかね、これ?

いくらインターネットが普及しても世の中の基本は人と人のコミュニケーションだと思っています。整備工場との上手い付き合い方も、コミュニケーションだと思うんですけどね、こんな事前動画撮影サービスなんぞなても・・・。世知辛い世の中なんですかねぇ・・・。