New world record for GT-R… 0-300km/h加速11.56秒!

It’s quite ironic to think that when Nissan introduced GT-R, they did everything they could to prevent people from tuning it. They wanted to make GT-R different, give it more luxurious positioning, from that of Skyline GT-R. However, as time has proven, the Nissan GT-R has become one of the world’s most popular supercars to modify.

During a recent run at an MLR event, the 1400hp Nissan GT-R modified by Severn Valley Motorsport managed to hit an incredible 380.84km/h in just one mile… Consequently, the car completed the standing mile in just 22.42.

It’s worth mentioning that a 1700hp Nissan GT-R, AMS Alpha12, in Russia recently completed the standing mile at a top speed of 382km/h. However, to Severn Valley Motorsport’s credit, their GT-R did reach 300km/h in a mere 11.56 seconds making it almost 1 second faster to that mark than the aforementioned 1700hp GT-R!

GT-Rデビュー時、日産はGT-Rをチューニングさせまいと頑張ったことが記憶に新しいです。スカイラインGT-Rとは違い、GT-Rは高級路線で攻めたかったんでしょうねぇ。ところがどっこい、チューニング対象として今まで以上にもてはやされています(笑)。

つい先日、ロシアのドラッグレースでAMS Alpha12が世界最速記録を樹立したばかりですが・・・

MLR(メジャー・リーグ・レーシング?)イベントで、サバーン・バリー・モータースポーツが新たな世界最速記録を樹立したんです。いやはや、凄い記録ですわ。

最高出力1400psにチューニングされたサバーン・バリー・モータースポーツ車両、最高速度380.84km/hを1マイルで達成し、1マイル加速は22.42秒だったそうです。

ちなみにAlpha12は1マイル加速で到達した最高速度は382km/h。サバーン・バリー・モータースポーツの凄い点は300㎞/hに達するまでに要した時間は11.56秒で、Alpha12よりも約1秒速いんです。

それにしても・・・、恐るべしGT-Rです。

空飛びまっせ・・・。