I can never forget the treatment of R32 winners at Bathurst in 1992. 1992年バサーストでのR32勝利は忘れられません

When you hear of Australia, you’d naturally think of koala bears, Opera House, Habour Bridge but there is a famous car race as well. Bathurst is one of the most famous races in Australia.

For Australian race car fans, their favorites have always been Ford Falcon and Holden Commodore. Many of the fans disliked how invincible R32 has been even though it was a new comer in the Australian race scenes. In 1992, R32 won the race as it was cancelled after a heavy rain.

This is what happened.

オーストラリアといえばコアラ、オペラハウス、ハーバーブリッジかもしれませんけど、実はレースだって熱いんです。最も熱いのはバサーストでしょう。高低差のキツイサーキットで、耐久レースはかなり人気が高いです。

オーストラリアといえばフォード・ファルコン、ホールデン・コモドアが人気なんですが、新参者であったスカイラインGT-R(R32)の圧勝ぶりは既存ファンにとって面白いものではありあせんでした。っで、1992年のバサーストでは大雨でレースが中断となり、暫定1位がそのまま優勝。それがR32だったんです。

表彰台でこれほどのブーイングは珍しいですし、ドライバーのぶち切れぶりもユニーク(笑)。

「オーストラリアのレースファンがこんなにマナーが悪いなんて信じられないし、オレのレースキャリアでも記憶に残るよ。お前らはクソ野郎どもだ!」って生放送の勝利者インタビューで答えるほどですから・・・。当時、テレビでこのレースを見ていた筆者、21年経った今でも鮮明に覚えています。