Heavy rain and drag race don’t mix well… 大雨とドラッグレースは相性が悪い・・・

This clip was shot by dragtimes.ru in the Dmitrovsky District outside Moscow, the GT-R on the right looks like it’s headed for a normal run on a drag strip when it suddenly breaks to the left, slamming into the end of a guardrail and becoming airborne from the impact. It then proceeds to spin at least five times before finally coming to a halt.

Thanks to its crumple zone, the cabin seems intact despite the intensity of this accident. But the driver doesn’t come out of the car for quite a while… What is he/she doing?

It turns out the driver was taking his/her time by hanging some clothing on a hanger because she is just that smooth, like this sort of thing happens every day. Also, she’s not wearing a helmet, because Russia. We should be expecting a dashcam view of this crash shortly, also because Russia.

大雨、ドラッグレース・・・、天かすとスイカくらい相性が悪いです・・・。ロシアのドラッグレースで有名なDragtimesが撮影した動画で、ショッキングなアクシデントがYouTubeにアップされました。雨の日は最強電子制御満載のR35とて油断大敵なことが分かります。

それはそれは物凄いアクシデントで、ドライバーは対処のしようがありません。神のみぞ知る・・・、という感じです。衝撃吸収ボディの優秀さが伝わってくるんですがドライバー・・・、なかなかドアを開けないんです・・・。

大丈夫か?ドライバーの怪我はいかに?

無傷でした(笑)。

ハンガーに自分の衣服をかけて出てくる余裕ぶりです。心配して損した気分です。ドライブレコーダー大国ロシアですから、そのうちインカー動画もYouTubeにアップされるんでしょうねぇ。そういえば、このドラッグタイム主催のレース、ヘルメットを被る人、少ないかも?????

「Heavy rain and drag race don’t mix well… 大雨とドラッグレースは相性が悪い・・・」への2件のフィードバック