タグ別アーカイブ: usa

Mashup your favorite NISMO models! お気に入りのニスモマシンを混ぜましょう?!

A Nissan Leaf three-door hatchback with a GT-R front!!! It is something that we usually find on the weird corners of the internet or the motor show floors of the Tokyo Auto Salon. But this photo actually comes from NISMO USA’s facebook page.

It is a fun promotion called “Mashup 1”. NISMO is asking readers to submit their weirdest ideas as comments. Head over to Facebook page and submit your comments!

NISMOUSA

日産リーフにGT-Rのフロント!!!当然、新型車なわけはなくネットに出回るコラージュ写真だったり、東京オートサロンで見かける意欲作です。ただコレ・・・、NISMO USAがFacebookページで公開しているものなんです。

なんでも「マッシュアップ1」、つまりは「混ぜこぜ」と題した面白いキャンペーンをやっていて、Facebookユーザーにどれをミックスいたしましょう?って聞いているんです(笑)。皆さんもFacebookページ覗いてみてはいかがですか?

R35 has no soul? R35には走りに魂が感じられない、そうです・・・

Nissan GT-R is a bargain. With a sub-3-second 0-100km/h time, enormous grip, and a host of performance-enhancing technologies, the GT-R is, undoubtedly, amongst the best. But the GT-R has been knocked for being too efficient and precise in how it delivers its substantial performance, for lacking the “soul” of some of its European rivals.

The host of Motor Trend’s “world’s fastest car show’ Justin Bell takes Nissan’s supercar to the track, to see if it lives up to both its mythical and clinical reputations.

As for the torque distribution, Nissan set it so that anyone can drive fast through coners. It is unfortunate that none of the motor journalists fail to point that out… What the hell is “soul” anyway? Does the car have to be edgy at times to be called “soulful”?

Will the next generation GT-R be soulful or do Japanese not have the ability to make cars with souls?

デビューから7年、成熟に成熟を重ねたGT-Rですが、相変わらずジドウシャヒョーロンカを満足させるには至らないようで・・・。自動車評論の難しさは乗り手/書き手の主観に左右されるもので、絶対ということがないことでしょうねぇ。まぁ、どんな“評論”に関しても言えることですが。

モータートレンド誌が展開している「World’s fastest car show」というビデオで2014年モデルのR35を取り上げています。ル・マン優勝者でもある元レーシングドライバー、ジャスティン・ベルが試乗しているんですが、絶対性能は認めつつも、サーキットではイマイチ「魂を感じられない」と難しいことを申されております(笑)。

っでもって、最終評価ですが加速性能、絶対性能、コストパフォーマンスは評価しつつ、エンジン/エキゾースト音、トルク配分、トランスミッションの古さを指摘。たしかに的確な指摘ですけど、魂って何でしょうね・・・。それが次期GT-Rには加味されるのか、それとも車作りがヨーロッパのライバルたちと違うのか、気になるところです。

っでもってトルク配分ですが、これは誰もが安全に速く走れるようにした結果じゃないですかね?特にサーキットではグリップ重視のトルク配分が運転の上手い人にはアンダーステアとしか感じられず、辛いみたいですね。

多少の危うさを残さないと、ジドウシャヒョーロンカには好まれない???

G63AMG Hennessey HPE700 VS R35…G63AMGへネシーHPE700対R35

What happens when you drag race a stock Nissan GTR against 2013 AMG G63 G-Wagon upgraded with the Hennessey HPE700 upgrade? Hint: Always put the GTR in R mode or the race could be quite different….

536馬力のG63AMGをヘネシーパフォーマンスで700馬力まで引き上げて、R35とレースしたらどうなるかなぁ?って思った奇特な人がいるようです。はい、Rモードにしないと、R35でも負けてしまうパフォーマンスを手にしているそうです。いやぁ、良くも悪くもG63AMGは直線をR35と同じようなペースで加速するだけでも怖いだろうなぁ・・・。

New world record for GT-R… 0-300km/h加速11.56秒!

It’s quite ironic to think that when Nissan introduced GT-R, they did everything they could to prevent people from tuning it. They wanted to make GT-R different, give it more luxurious positioning, from that of Skyline GT-R. However, as time has proven, the Nissan GT-R has become one of the world’s most popular supercars to modify.

During a recent run at an MLR event, the 1400hp Nissan GT-R modified by Severn Valley Motorsport managed to hit an incredible 380.84km/h in just one mile… Consequently, the car completed the standing mile in just 22.42.

It’s worth mentioning that a 1700hp Nissan GT-R, AMS Alpha12, in Russia recently completed the standing mile at a top speed of 382km/h. However, to Severn Valley Motorsport’s credit, their GT-R did reach 300km/h in a mere 11.56 seconds making it almost 1 second faster to that mark than the aforementioned 1700hp GT-R!

GT-Rデビュー時、日産はGT-Rをチューニングさせまいと頑張ったことが記憶に新しいです。スカイラインGT-Rとは違い、GT-Rは高級路線で攻めたかったんでしょうねぇ。ところがどっこい、チューニング対象として今まで以上にもてはやされています(笑)。

つい先日、ロシアのドラッグレースでAMS Alpha12が世界最速記録を樹立したばかりですが・・・

MLR(メジャー・リーグ・レーシング?)イベントで、サバーン・バリー・モータースポーツが新たな世界最速記録を樹立したんです。いやはや、凄い記録ですわ。

最高出力1400psにチューニングされたサバーン・バリー・モータースポーツ車両、最高速度380.84km/hを1マイルで達成し、1マイル加速は22.42秒だったそうです。

ちなみにAlpha12は1マイル加速で到達した最高速度は382km/h。サバーン・バリー・モータースポーツの凄い点は300㎞/hに達するまでに要した時間は11.56秒で、Alpha12よりも約1秒速いんです。

それにしても・・・、恐るべしGT-Rです。

空飛びまっせ・・・。

Next generation Maxima? New sport sedan using GT-R components? 新型マキシマなのか、GT-R譲りの新型スポーツセダンなのか?

Nissan likes to think of Maxima as a “four-door sports car”, despite its front-wheel drive setup complete a CVT. Hollywoodextra has featured an article on a recent Nissan event which showed this amazing looking sedan. They appear to show a four-door sedan closely inspired by the profile of the GT-R with crisp sidelines and a fastback rear end.

2
In the second photo we see a front fascia that departs from that GT-R styling and borrows heavily from the Resonance concept from this year’s Detroit Auto Show. And they seem to think this sporty sedan concept rendering become the next-gen Maxima. We have no information on this matter but how cool would it be if they used the components of a GT-R on a new sport sedan?

1
The world is filled with sport sedans now days even Porsche and Aston Martin build their versions of sedans… why can’t Nissan make a real sport sedan using the components of a GT-R? It may be a wishful thinking but we can dream, can’t we?

3
日産がアメリカでプレス向けのイベントを開催したようですが、そこで登場した1台の車のスケッチが話題になっています。Hollywoodextra によると、次世代マキシマではないか、とのことです。

なぜ話題になっているか?Aピラーからルーフラインをご覧頂ければ、GT-R譲りなことが伺えるからです。マキシマは4ドアスポーツカー(4DSC)を謳っていますがFFでCVTという・・・、失礼ながら、フツーのセダンなんです(笑)。

ここいらで大きくイメージチェンジを図るつもりなのか、GT-R譲りのスタイル投入?とはいえマキシマはマイナーチェンジしたばかりで、このスケッチの車両は2014年デトロイトで発表され、生産は2015年では、と噂されています。

何 の情報もありませんが、個人的にはGT-Rのコンポーネンツを他車で利用しない手はない、と思っています。マキシマでもイイですけど、これだけ4ドアス ポーツセダンが世間に受け入れられていることを鑑みれば、GT-Rセダン(名称はどうであれ)の投入があってもオカシくはないですよね。まぁ、商売的にど うなのか、が重要でしょうけど・・・。

AMS Alpha 9 vs Switzer P800

Modification of R35 is hot not only in Japan but around the globe. And some of those modified R35s are simply amazing. As many of you know of Switzer P800 and AMS Alpha9, they are both very very fast. And some people thought it would be cool to let them run together!lol

Switzer P800 driver knew he had little chance of winning so he accelerated a bit early. It only let us witness the crazy acceleration of AMG Alpha9… Good stuff!

R35のチューニング事情は日本でも熱いですが、海外ではゴジラ信仰としてハチャメチャに凄いことになっているのは多くの方がご存じのことでしょう。Switzer P800もAMS Alpha9も世界に名だたるチューンドR35です。いずれも速いんですが・・・、AMS Alpha9は異常なまでのロケット加速力を有しています。

そんな2台が直線バトルをしたら、どうなるのか?試した人が居るんです(笑)。Switzer P800は負け前提で見切り発進。それでも追い上げますからねぇ、AMS Alpha9・・・。