タグ別アーカイブ: test

First time on a GT-R… now?! いまさらGT-R試乗記

If some of you have never been on R35, this video demonstrate how a passenger blushes and gets all excited about the car. It may not be the world’s sexiest car but has the potential to match or even threatens world’s best. Also, he has a point. It would be one of the best cars in terms of value for money especilly when purchased second-hand…

最近、YouTubeでは“素人”インプレッションが流行りのようです。カメラの進化、PCの進化などでユーザー層が大幅に増えてきているのでしょう。簡単そうに見えますけど、構成をちゃんとさせようとすると編集作業は意外と大変。そういう意味では情熱たっぷり。っで、この助手席インプレッション、なんと今回が初めてのGT-R体験なんですって。

助手席に座り込んでまず語るのは、新車時価格が安いから内装はどうしてもスーパーカーっぽくない、とネガティブにスタート。でも、ひとたび加速を味わってからの彼の表情をご覧ください。

もう笑みが止まりませんし、顔が若干赤らんでいますね。この笑み、生理学上は恐怖心がもたらすものなんですよねぇ。血中アドレナリン濃度は上昇、心拍数も凄いことになっていそうです(笑)。コストパフォーマンスうんぬん、加速の強烈さについて色々語っていますけど、彼の表情を見るだけでGT-Rの凄さが伝わってきます。

意図した表情作りではないでしょうけど、もっとも伝わりやすいインプレッション動画かもしれません(笑)。

 

MY2014 NISMO GT-R caught on camera! 2014年式ニスモGT-Rがカメラに捕獲された!

Gmotors.co.uk has scoop photos of MY2014 Nismo GT-R! Under this black and white camouflage we can spot an updated front bumper with a new front splitter and revised rear bumper with new vents. The prototype also has the typical six-spoke Nismo alloys wheels and a new big rear spoiler, which was removed for road testing.

Modified 3.8l twin-turbo V6 is expected to produce over 570ps. The GT-R Nismo will also undergo a major weight loss thanks to extensive use of carbon fibre, apparently. The GT-R Nismo is going to debut most likely at the Tokyo Motor Show in November.

For more photos, head over to Gmotors.co.uk

nismogtr01
Gmotors.co.ukが2014年モデルのニスモGT-R開発車両をスクープ。前後バンパー周り、エアアウトレットなどが新しくなっていそうな雰囲気ですね。ニスモ独特のホイールを履いたテスト車両、リアには大型ウィングを装着していますが、公道テストでは取り外しているようです。

3.8lツインターボV6エンジンは最高出力570ps以上で、ニスモGT-Rはカーボンファイバーを多用することで車重軽減を図っている、と噂されています。今秋、東京モーターショーにて正式発表される見通しですが・・・、個人的にはハイブリッドモデルの噂の真偽が気になって気になって、しょーがありません(笑)。0-100km/h加速、世界最速になって欲しいなぁ・・・。

もっと写真を見るにはコチラ

R35 is being compared against the new SLC AMG?! R35はSLC AMGのテスト車両比較対象?!

We don’t know whether the Mercedes/AMG SLC will act as a replacement for the SLS AMG or take a spot right under it in Mercedes’ sports car lineup. What we have heard about the SLC, is that it will ride on a modified version of the SLS’s front-mid-engine platform, and will have an entry-level price of around $100,000, or about half the cost of the SLS.

The prototype of the SLC that’s pictured here driving on and around the Nürburgring track is still wrapped in silky black tape. Aside from the obvious choice that is the Porsche 911 series, Stuttgart is also eyeing the Nissan GT-R as we can see on the scoop photos featured on Carscoops, if not for its looks, it’s undisputed performance credentials for sure.

Codenamed C190, the SLC is rumored to have up to three turbocharged V8 powerplants delivering up to 600 horses, with an entry level turbocharged V6 also being considered. The SLC is likely to arrive in the market within the next two years.

mb-sls-amg-1
SLS AMGの弟分となるのか、後継車となるのか定かではないSLC AMGですが、開発自体は着々と進んでいるようです。SLSのプラットホームを用いて、1000万円クラスの車両になる、という情報だけは漏れ伝わっているのですが、正式なところは何も分かりません。

また、漏れ伝わっている情報はSLC(コードネームC190)は3タイプのV8ターボエンジン(最強モデルは600ps 程度)が用意され、エントリーモデルのみV6ターボエンジンを搭載するそうです。写真を見るかぎりガルウィングではなさそうですから、やっぱり弟分なのかなぁ?

っで、ニュルブルクリンクで激写されたSLCのテスト車両をCarscoopsが取り上げているんですが、テスト比較にはR35を投入したようです。高級スポーツカーの世界は性能だけではなく、高級感だけではなく、コストパフォーマンスだけでもありませんけど・・・、やっぱりR35はAMGでさえも気になる存在であることは間違いなさそうです!

もっと写真を見るにはコチラ