タグ別アーカイブ: skyline

GT-R Magazine Vol.118 is on sale from 1st August! GT-RマガジンVol.118は8月1日発売

GT-R Magazine Vol.118
On sale from 1st August 2014
Price: 1300 yen
Publisher: Kotsu Times Sha http://www.kotsu-times.jp

GT-R Magazine Vol.118 will feature on R32 GT-R(BNR32) as it will turn 25 years old on the 21st of August. Chikara Kitabatake, a photographer, shot the R32 for a cover page 20 years ago when the very first GT-R Magazine came out and he shot it again. What we focused was to shoot the original (unmodified) R32 with backgrounds that never were 25 years ago. All the shots were taken in Tokyo and some of you may notice exactly where. What surprised us is that BNR32 still looks fabulous even after a quarter of a century. Enjoy looking at these beautiful pictures and reminiscent on the day BNR32 made its debut. On the side note, this particular BNR32 belongs to Kozo Wantanabe, a man in charge of testing BNR32, and is the only BNR32 colored in the factory original green.

As for the special feature, we have interviewed men behind the development of R32 Skyline. Those men were Shurei Ito, a product manager then and Hiroshi Tamura, a product manager’s right hand man then. We have also interviewed the designer of an R32, Hidetoshi Nishiizumi, chief engineer of chassis design who put in a lot of work for ATESA E-TS, Toshiro Matsda and Seiji Nagakura who was in charge of product assessment.

Our regular feature of “BNR32 project” being looked after at NISMO Omori Factory is nearly coming to a completion. The engine has been installed and is now drivable. We will soon find out the full extent of an R32 which has been refreshed by the works team.

In the last issue, we attached a DVD and with this issue, we are giving away a free GT-R Magazine original sticker. There is an amazing story behind this sticker and we shall soon reveal it in our official blog. http://www.kotsu-times.jp/gtrmag/

●Other contents are of R’s meeting 2014 guide, including “we shall aim for world record”/ GT-R&NSX Tokyo-Hokkaidou long touring/ R32, R33, R34, R35 staff car diaries/ Super GT 2014 & report on Nurburgring 24hours etc.

•Ž†

「GT-R Magazine 118号」
平成26(2014)年8月1日(金)発売
定価:1,300円(税込)
発行:(株)交通タイムス社 http://www.kotsu-times.jp 偶数月1日発売

GT-R Magazine最新号(118号)は、今年の8月21日で発売から丸25年を迎える「R32GT-R(BNR32)」の特集です! 今号の表紙と巻頭グラビアは、20年前にも本誌創刊号(000号)の表紙を撮っていただいた写真家・北畠主税氏に依頼しました。今回拘ったのは、発売当時そのまま(つまり、フルノーマル)の初期モデル(平成元年式)で、25年前にはなかった風景をバックにカットを撮るという点。ロケ地はすべて東京都内ですが、中にはどの場所かおわかりになる方もいらっしゃると思います。四半世紀の時を経ても、まったく色褪せないBNR32。美しいグラビア写真をご覧いただきながら、25年前の「あの日」に思いを馳せていただければと思います。ちなみに、今回撮影に使用した車両はBNR32の実験主担を務めた、皆さんご存じ「渡邉衡三」氏の愛車です(世界に一台しかない、幻の純正グリーン色!)。

特集企画の内容ですが、今回はR32スカイラインの産みの親ともいえる、商品主管「伊藤修令」氏にご登場いただきインタビューを敢行。さらに、その右腕の商品主担として手腕を振るった「田口 浩」氏にもお話しを伺いました。伊藤氏はもちろん、単独では本誌初登場の田口氏が語る「裏話」も大変興味深い内容です。また、R32のデザイナーを務めた「西泉秀俊」氏、アテーサE-TSの開発に尽力されたシャシー設計部・主任技師「松田俊郎」氏、商品性評価を担当した車担「長倉靖二」氏など、R32の開発には欠かせないキーマンに、当時の苦労など貴重なエピソードをお聞きしています。また、R32といえば外せない「グループA」に関しても、今まではあまりスポットが当てられなかった「プロトタイプ」を取り上げています。さらに、本誌で連載中の『NISMO大森ファクトリー』が手掛ける「BNR32プロジェクト」もいよいよ佳境を迎えました! 今回はついにエンジンが搭載され、走り出せる状態まで完成。ワークスが手掛ける「新世代のR32」、その見事な仕上がりは誌面にて!

さて、今号には前号のDVDに続き特別付録をご用意しました。「R32生誕25周年」を祝し本誌オリジナルのステッカーを製作。最新号の118号に綴じ込んであります。そのステッカーですが、じつはその誕生に凄い逸話が……!? 詳しくは、近日中にGT-R Magazineのブログ(http://www.kotsu-times.jp/gtrmag/)でご紹介いたします!

●GT-R Magazine118号 その他のコンテンツ: R’s Meeting 2014 イベントガイド「今年は世界記録に挑戦!」/一時代を築いた名車 GT-R×NSX 東京〜北海道ロングツーリング/スタッフカーの日常をレポート R32・R33・R34・R35運行日誌/スーパーGT 2014&ニュル24時間レポート etc.

GT-R Magazine Vol.116 on sale now! GT-Rマガジン絶賛販売中!

「GT-R Magazine 116号」
4月1日(火)発売
定価:1,300円(税込)
発行:(株)交通タイムス社 偶数月1日発売

GT-R Magazine Vol.116
On sale from 1st April.
Price: 1300yen (consumption tax included)
Publisher: Kotsu times sha

GT-R Magazine Vol.116

GT-R Magazine最新号(116号)の巻頭特集は、題して「最速Rの称号」! 現在、富士スピードウェイで最速クラスのタイムをマークしている5台の チューンドGT-Rのほか、3月上旬からいよいよオーナーの元にデリバリーが開始された「GT-R NISMO」もフルアタック!

富士スピードウェイといえば、日本が世界に誇る屈指の高速サーキット。約1.5kmのホームストレートを300km/hオーバーで駆け抜ける1,000psクラスのGT-Rの迫力をお伝えします。

登 場するデモカーは、HKS本社・R35HKSテクニカルファクトリー・R35トップシークレット・R35ATTKDオーテック・R32オートギャ ラリー横浜・R34の計5台。ここに、GT-R NISMOと12万km走行している本誌R35(07年式のフルノーマル)も加え、富士を借り切ってタイムアタックテストを実施しました。気になる結果は 本誌をご覧いただくとして、各車のラップタイムや最高速、各コーナーの通過スピードなどの情報も掲載しているので、それぞれのマシンの特性や個性をじっく りと読み取っていただけると思います。

20140401-gtrmag-07

また、各車両のスペックのみならず、究極のGT-Rを作り上げたチューナーたちの思いやポリシー、そ のステアリングを握り命がけでアタックするドライバーたちのコメントも必見です。ちなみに、今回の取材の模様は動画としても収録済み。次号の117号(5 月31日発売予定)に特別付録DVDとして付きますので、こちらもぜひご期待ください!

20140401-gtrmag-06

The main feature article of Vol. 116 of GT-R Magazine is titled “The title of the fastest R”! We have gathered 5 of the fastest Fuji Speedway lapping tuned GT-Rs as well as GT-R NISMO and had them run at full speed.

20140401-gtrmag-05

Fuji Speedway is one of the fastest lapping courses in Japan. Home straight is close to 1.5km and all of them, with over 1000ps, reach the speed beyond 300km/h.

20140401-gtrmag-04

The 5 GT-Rs were of HKS headquarters R35, HKS technical factory R35, Top Secret R35, ATTKD Autech R32 and Auto Gallery Yokohama R34. We, also, decided to clock the lap time with our own R35 (MT’07, traveled over 120,000km, fully original) as well as the brand new GT-R NISMO. For results, I hope you will have the chance to read it on our magazine. Along with the lap time, we have detailed measurements of speed at each corners. We also feature interviews of tuners who built ultimate GT-Rs as well as drivers who drove them.

20140401-gtrmag-03

Yes, in modern days that we live today, we have caught all actions on video and will release it in one DVD together with our next issue, on sale from 31st May, of Vol.117 GT-R Magazine.

20140401-gtrmag-02

●GT-R Magazine116号の主なコンテンツ:巻頭特集:「最速Rの称号」/NISMO大森ファクトリー・BNR32再興プロジェクト/ケンメリの皮を被ったR32/HKS PREMIUMDAY in FUJI SPEEDWAY/大阪オートメッセ2014詳報/今が旬のユーズドR35購入ガイド etc.

●Main contents of Vol.116 GT-R Magazine: “Title of the fastest R”, NISMO Omori factory, revival of BNR32 project, R32 that wears the skin of Ken Mary, HKS PRUMIUM DAY in Fuji Speedway, Osaka Auto Messe 2014, Used R35 purchase guide etc.

Nissan Skyline GT-R with a price tag of 1,000,000 Euros?! 日産スカイラインGT-Rが100万ユーロ?!

A German car shop called “GT-A” has Nissan Skyline GT-R of the R34 for sale with a price tag of… whopping 1,000,000 Euros. It is claimed that this particular car was driven by Paul Walker’s Brian O’Conner character from the Fast and the Furious movie franchise used in the fourth film.
ドイツのGT-Aなるショップ、日産スカイラインGT-Rを100万ユーロで販売しているんです。なんでもワイルドスピード4でポール・ウォーカー演じるブラアン・コナーが運転したもの、と謳われています。

This, also, is an R34 which starred in Fast and Furious 4…
でも、これもワイルドスピード4に登場していました・・・

It is a replica of GT-R made from GT-S.
これはスカイラインGT-SベースのGT-Rレプリカ

This , also, is an R34 which starred in Fast and Furious 4…
でも、これもワイルドスピード4に登場していました・・・


It is a replica , used for stunts, of GT-R made from… god knows what and carries a VW bug engine.
これは何がベースか分かりませんがスタント用でVWビートルのエンジン搭載。

After a bit of Googling, there seems to be 7 R34s/R34 replicas used in the shoot of Fast and Furious 4… Would you still pay 1,000,000 Euros for this GT-R?
ググった結果、どうやらワイルドスピード4の撮影には7台(数台は既に廃車?)のスカイラインGT-R/GT-Rもどきが用いられてそうで・・・、それでもスカイラインGT-Rに100万ユーロの値がついてしまうんでしょうかねぇ?

May you rest in peace, Paul Walker. 安らかにお眠りください、ポール・ウォーカー

The team behind Universal’s successful “Fast & Furious” film franchise has released a heart-tugging video aptly titled “A Tribute to Paul Walker” following a crash in a Porsche Carrera GT driven by his friend Roger Rodas.

The two-minute video contains scenes of Walker from the Fast and Furious films he played with Skylar Grey’s I’m Coming Home heard in the background.

On the YouTube page there’s a note that reads:
“Paul Walker’s family appreciates the outpouring of love and goodwill from his many fans and friends. They have asked, in lieu of flowers or other gifts, that donations please be made to Paul’s charity Reach Out Worldwide (ROWW). Donations can easily be made through their website at www.ROWW.org.”

In the meantime, Universal said on Wednesday that it has shut down production of the seventh film of the series for an indefinite period.
RIP, both Paul and Roger.

多分、多くの方はご存じなかったでしょうが映画「ワイルドスピード」、実はユニバーサルスタジオ最大のヒット作なんです。シリーズ7作目にも取り組んでいたようですが主演の一人、ポール・ウォーカーが亡くなったことで撮影は一時凍結が発表されました。
そもそもは車好き向けに作られたものでしたが、意外と計算された内容なんです。

・ゲーム(グランツーリスモ)
・車
・家族愛
・友情
・義理人情

白人のみならずヒスパニック系、アジア系へのウケもしっかり狙っているんです。実際、ワイルドスピードを観に来るお客さんはヒスパニック系が多かった、と聞いています。

もとい。

ポール・ウォーカーへ捧げるトリビュート、という題名でワイルドスピード製作陣が動画を作ったようです。YouTubeには親族が多くのファンからの温かいメッセージに感謝の言葉が記されていると同時に「花やギフトを贈って頂くのであれば、ポール・ウォーカー創設のチャリティファンド、“リーチアウトワールドワイド” www.ROWW.orgへの募金に替えて頂ければ幸いです」との要望も。

ポール・ウォーカーはチャリティに熱心で事故当日も、フィリピンのハリケーン被害へのチャリティ・カー・イベントに参加していたんです。早過ぎる死、惜しまれる死です。ご冥福をお祈りします。

なお、GT-R Otakuではこのような追悼の会を催す予定です。
https://www.facebook.com/events/185178715017472/

A man in a wheel chair is a proper drifter! 車椅子のドリフト野郎!

Sedrick was involved in a serious crash two years ago, suffered spinal injury. He could never use his legs after the accident, but this never kept him away from drifiting. He now drives an R32 Nissan Skyline and he drives it well. This Skyline uses an automatic gearbox and features custom hand controls that allow the man do do his thing.

Pretty damn cool and Sedrick gives us courage! We salute you, Sedrick! RESPECT!

セドリックという車椅子の青年は2年前にピックアップトラックで重傷事故に遭遇し、背骨を損傷。二度と歩けなくなってしまいましたが、笑顔でR32スカイライン改でドリフトに勤しんでいるんです。動画をご覧になれば気づきますが、アクセルブレーキのコントロールは1本のバーで、ステアリング操作はフツーに、って感じです。

いやはや、勇気をもらえる動画です。リスペクト!

skylined

Nissan Patrol with modified R33 Skyline engine! 日産パトロールにR33の改造エンジンを載せる遊び

The guys from Bijou Motorsport have decided to fit an RB25GET from R33 Skyline into a Nissan Patrol(codenamed Y60 and built between 1987 and 1997)… Not much is known about the builder nor how it came to be, but the author of the videos tells us that the fourth generation Patrol had an engine transplant from a Nissan Skyline (probably the R33). We’re also not aware if the RB25DET engine is stock or not, but data shows that the 2.5-liter turbocharged straight-six produced from 245hp to 276hp (280PS), depending on the version. But it doesn’t sound bad.
Oh they, certainly, know how to have fun!

Well then, why do we not search for something else on YouTube, right? And we came across an R33 Skyline GT-R carrying 8.3V10 engine from Dodge Viper along with an R35 GT-R with… Lancer Evolution front bumper! lol

日産パトロールといえば、トヨタランドクルーザーと並んで日本であまり売れない、海外で重宝されているクロスカントリー車の重鎮です。ハッキリ言って、高級ブランドのSUVとは走りの格が違います(笑)。っで、そんなパトロール(Y60型)にR33スカイラインのRB25GETエンジンを搭載したのがブルガリアのBijou Motorsportです。情報はごくわずかしかなく、謎めいていますが、とにかく楽しそうです。

ならば、とエンジンスワップを検索していて出くわしたのがR33GT-Rにダッジバイパーのエンジンを搭載した、SKYPER!フェアレディZにGT-Rのエンジンとか・・・、よくあるパターンなので割愛します(笑)。

Skyper 8.3lV10

そしてR35に三菱ランサーエボリューションのバンパーを仮止めした車

R35 with Lancer Evolution bumper?!

いやはや、世の中いろんな遊びがあるものです。

R33 Skyline GT-R with HEAT SENSITIVE PAINT?! 温感塗料で全塗したR33スカイラインGT-R

Having your car re-painted takes bit of courage as there is no turning back unless you keep re-painting. Over the recent years, drivers have been enjoying vinyl wraps as you can always rip it off and have the car back in original paint. Especially in used car market, original paint is usully an important factor. The vinyl wrapping became popular with its matte colors, chrome colors and the trend seems to be moving towards… brushed.

But that doesn’t stop paint shops to come up with something unique to catch people’s attention. What I encountered, recently, on YouTube is an R33 Nissan Skyline GT-R with… HEAT SENSITIVE PAINT!!! It comes from Auto Kandy, a paint shop located in the UK. Yes, that is just water being poured on the body, yet it’s completely altering the color of the car, from that brilliant orange to an oily black.

水をかけると、あーら不思議・・・、真っ黒けっけです。

ラッピングって流行ってますよねぇ。好きな色に替えてもラッピングを剥がせばイイだけで、売却時には再塗装という評価がされません。マット系、クローム系と流行ってきましたが、トレンドはブラシ仕上げに向かっているのでしょうか?個人的にはブラシ仕上げのゴールド、嫌いじゃありません!でも、車を好きな色に全塗する、っていう男気溢れるプラモデル感覚も大好きです。っで、イギリスのAuto KandyなるショップがYouTubeにアップした動画が、ちょっとした話題を呼んでいるんです。

こんな風に、なにか浮かび上がったほうがカッコいいと思うんですけどねぇ?