タグ別アーカイブ: r35

第二世代に最新技術を! The latest technology for the second generation!

Nissan GT-R Air Flow Meter
Nissan GT-R Air Flow Meter

第二世代に最新技術を!

第二世代のR32,R33,R34の共通の心臓部でありGT-Rの象徴でもあるRB26DETTエンジン。
各車、今までに様々なチューニングが施されてきています。
R35 日産GT-Rの登場により、第二世代と大きな時代の違いを感じられるようになりました。

第二世代どの車両においても定番の故障個所があります。
それは、エアフロメーター(エンジンに入る吸気空気量を計測するセンサー)です。
オーナーの皆様はほとほと手を焼いたことが多いかと思います。

純正新品は高額ということもあり、Z32用のエアフロを流用したり中古で代用か、自力ではんだ付けで直したりしてる方もいらっしゃるかと思います。
R32においては、既に20年以上という年月が過ぎておりエアフロ不調が多いです。

そんな中、ここ数年では上記の手法以外が主流となってきております。
それは、R35 日産GT-Rのパーツの流用です。
日産GT-RのVR38DETTエンジンはRB26DETTとは全く別物ですが、エアフロは部品の役割上、第二世代でも流用が可能です。

日産GT-Rのエアフロには以下のメリットがあります。

・第二世代の頃のエアフロよりも最新のエアフロのため高性能
・第二世代の場合は一体型で不調になった場合は全交換でした

が、日産GT-Rのエアフロはセンサー部分が独立しており交換の際の価格が安い

高性能で価格も安い!ならば最新のエアフロを利用しない手はありません。
が、利用する際に以下のデメリットがあります。

・エアフロセンサーが高機能になるため、コンピューターのリセッティングが必要

純正のままのコンピューターでは使用することが出来ません。
リセッティングは少々価格が高くなりますが、今後もの乗り続けて、エアフロ修理代を考えたら最新のエアフロにするほうがコストは安くなります。

 

Nissan GT-R Injector
Nissan GT-R Injector

R32,R33のオーナーの多くが体験したことあると思いますが、純正インジェクターの燃料漏れが多いです。
もともとの構造上の問題により燃料漏れを引き起こしています。同じ純正日に変えたとしても同じ現象が起きます。
この場合、代替としてR34のインジェクターを利用するのが一般的でした。
といっても、「燃料漏れが起きなくなる」以外のメリットはなく基本性能は同じなため特別感はありません。
そこで、もう一つの最新技術の導入のエアフロとセットとなって取り入れられた日産GT-Rのインジェクターを流用します。
日産GT-Rのインジェクターの特徴は、噴射口が12ホールであり、R34インジェクターよりも噴射燃料が霧状化しやすい点です。
霧状化しやすいということは、燃料がシリンダー内で燃えやすい状態になり、低速トルクやレスポンスの改善が期待できます。

ちなみに、なぜエアフロとインジェクターのセット交換が定番かというと、インジェクターを日産GT-Rインジェクターを流用した場合、エアフロと同様にコンピュータのリセッティング必要になります。
エアフロ、インジェクターを別々に交換した場合、それぞれでリセッティングをする必要があります。
一度にまとめて交換してしまえば、リセッティングが一度で済むため無駄な出費を抑えることが出来ます。

第二世代のオーナーで、エアフロが不調が続く、インジェクターの燃料漏れでお悩みの方は、最新技術の日産GT-R用の流用を考えてみてはいかがでしょうか?

 

The latest technology for the second generation!
RB26DETT engine which is the common heart of the second generation R32, R33, R34 and is a symbol of GT-R.
Various tunings have been applied to each car, so far.
With the introduction of R35 Nissan GT-R, we were able to feel the difference between the second generation and the great era.

There is a classic breakdown point in every second generation vehicle.
It is an airflow meter (a sensor that measures the amount of intake air entering the engine).
I think that owners are most likely to have barely handed themselves.

The genuine new article is also expensive, I think that some people diverted the air flow for Z32, substitute for second hand or substitute by soldering on their own.
In R32, years and months have passed since 20 years already and there are many air froths.

Meanwhile, in recent years other than the above method has become mainstream.
That is a diversion of R35 Nissan GT-R parts.
The Nissan GT – R ‘s VR 38 DETT engine is totally different from RB26DETT, but Air Flo can be diverted even in the second generation because of the role of parts.

Nissan GT-R’s Air Flow has the following advantages.

· High performance due to the latest airflow than the second generation airflow
· In the case of the 2nd generation, it was a one-body type and it was a complete exchange when it became bad

, But the Nissan GT-R’s Airflow has its sensor part independent and its price is cheap when exchanging

High performance and cheap price! Then there is no hand that does not use the latest airflow.
However, there are the following disadvantages when using it.

· Resetting of the computer is necessary because the air flow sensor becomes highly functional

It can not be used with genuine computers.
Resetting will be a little expensive, but if you continue to ride in the future, thinking about the airflow repair cost, the cost will be lower if you make it the latest airflow.

I think there are things many of the owners of R32 and R33 have experienced, but the fuel leakage of the genuine injector is many.
Fuel leakage is caused by the original structural problem. Even if you change to the same genuine day the same phenomenon will occur.
In this case, it was common to use the injector of R34 as an alternative.
However, there is no merit other than “no fuel leak will occur” There is no special feeling because the basic performance is the same.
Therefore, we will divert the injector of Nissan GT-R which was adopted as a set with the air flow of introducing another latest technology.
The characteristic of the injector of Nissan GT-R is that the injection hole is 12 holes, and the injected fuel is more likely to atomize than the R34 injector.
The fact that it is easy to atomize makes it possible for the fuel to burn easily in the cylinder and improve low speed torque and response.

By the way, why airflo and injector set exchange is standard, if you use Nissan GT-R injector for injector, you need to reset computer like airflow.
If you replace the airflow and the injector separately, you need to reset each.
If you replace them all at once, you can restrain wasteful expenses because resetting can be done only once.

If you are troubled with fuel leakage of the injector, which is the owner of the 2nd generation and the airflow continues to fail, how about considering diversion for the latest technology Nissan GT-R?

オンラインストアのリニューアルが完了しました! Online Store Renewal

オンラインストアのリニューアルが完了しました!

取扱商品を増やしております。

*RAYSホイールについて
全てのRAYSホイール商品を取り扱っております。

価格に関してはお見積り注文をして頂き、価格を返信させていただきます。

http://store.gtrotaku.com/index.php?route=product/category&path=83_85

*目玉商品

GT-R 日産純正部品 カーボン製リアウーファーパネル

http://store.gtrotaku.com/index.php?route=product/product&product_id=300298

SPEC VとEGOISTのみにしか装備されていない希少な部品です!
SPEC VとEGOISTは国内のみに設定されたグレードとなっております。
限定販売となりますので、なくなり次第終了となります。

 

Renewal of online store is completed!

We are increasing our handling items.

* About the RAYS wheel
We handle all RAYS wheel items.

As for price, we will send you an estimate order and we will reply the price.

http://store.gtrotaku.com/index.php?route=product/category&path=83_85

* Eye Items

GT-R Nissan genuine parts carbon rear woofer panel

http://store.gtrotaku.com/index.php?route=product/product&product_id=300298

It is a rare part that is only equipped with SPEC V and EGOIST!
SPEC V and EGOIST are grades set only in Japan.
Because it will be limited sale, it will end as soon as it is gone.

A secret document on MY2015 has leaked out! R35 MY2015の情報入手

11月25日に迫った、2015年モデルの日産GT-Rの詳細情報をこっそり入手しました。2015年モデルは2014年モデル以上に、成熟した乗り味を追求したそうです。目指したのはレーシングカーではなく、「プレミアムスポーツ」。

<改良ポイント>
・2014年モデルで見直されたピッチング、2015年モデルではヨーの動きに着目し圧倒的な高速安定性を手に入れている。対ポルシェ911で4倍、対M・ベンツC63AMGで3倍の安定性を誇っている(どういう比較基準なのかは不明)。
・ショックアブソーバーの減衰力特性の変更、ECUのチューニングにより従来よりもコーナリング時にドライバーが狙ったラインを走れる。
・タイヤの材質、内部構造を見直し、路面追従性の向上させたほか、従来よりも路面の凹凸を吸収し、安心感のある走りを実現。
・エンジンやトランスミッションの制御チューニング、トランスアクスルやドライブシャフトなどの構造上の隙を最適化することで、メカニカルノイズや振動を低減。トランスミッションのベアリングは数ミクロン単位でチューニング。
・メカニカルロス削減によりトルクの落ち込みも消え、スムーズな加速を実現。エンジンコンピューターの改良も実施。

<Track edition engineered by nismo>
2014年モデルからガラりと走りの性格が変わった、R35。2015年モデルからは“もっとスポーツカーらしい走り”を求める顧客向けに専用グレードで対応する。
ベース車両:
Black edition
専用装備:
専用ボンディングボディ
専用幅広フロントフェンダー(アウトレットダクト付)
専用サスペンション
専用スタビライザー(フロント、リア、高バネレート)
専用レイズ製アルミ鍛造ホイール
専用タイヤ(DUNLOP SP SPORT MAXX GT600 DSST)

<45周年記念モデル>
Premium editionをベースにR34スカイラインGT-R Mスペックと同じ「シリカブレス」が奢られるほか、室内とエンジンルーム内に専用ナンバープレートが配される限定車(45台)。
11月25日発表、2015年1月上旬オーダー受付開始、2月25日発売。

<グレード展開および発売日程>
Pure edition
Black edition
Premium edition
Track edition engineered by nismo
11月25日発表・発売

<価格帯>
9,477,000(Pure edition?)~11,700,720(Track edition?)円

2014 Nissan GT-R

 

MY2015 Nissan GT-R will be introduced and will be on sale from 25th November. GT-R Otaku has managed to obtain a secret document with detail of the MY2015 GT-R. The new MY2015 is not track focused but aimed at being the “premium sport” and thus became even more comfortable than the MY2014.

<What they have changed>
*With MY2014, Nissan’s engineers looked into lessening of the pitching in ride quality. With MT2015, they looked into the horizontal movement of the ride quality. Nissan claims the stability of the MY2015 GT-R is 4times higher than that of Porsche 911, 3times higher than that of Mercedes Benz C63 AMG… We do not know how Nissan measured the difference…
*The damping of the shock absorbers have been changed and ECU has been remapped accordingly. MY2015 GT-R’s agility has increased a great deal.
*The material as well as the design of the tires have been refined. They not only grip better but absorb unnecessary road information thus providing better ride quality.
*Engine, transmission, trans-axel, driveshaft have all been refined to have less constructional “gaps”. Lessening the gaps has led to less mechanical noise and lessened the friction losses. The bearings of the transmission have been altered by few microns.
*By lessoning of friction losses, acceleration of the MY2015 has improved an ECU has been refined accordingly.

<Track edition engineered by nismo>
From MY2014, the ride and handling of the GT-R has changed drastically. From MY2015, in order to accommodate more demanding customers, Nissan will introduce a new model called “track edition engineered by nismo” based on Black edition.
Features:
Rigid bonding body
Wide front fenders with air outlets
Track edition dedicated suspension
Track edition dedicated front/rear stabilizers with stiffer springs
Track edition dedicated Rays Aluminum forged rims
Track edition dedicated tires (DUNLOP SP SPORT MAXX GT600 DSST)

<45th anniversary model>
Based on Premium editon, 45 of the 45th anniversary will be on sale. The body color will be Silica Breath, same as R34 Skyline GT-R M spec, and will have dedicated anniversary plates in the interior as well as the engine room.
45th Anniversary models will be introduced on 25th November, Nissan will take orders from the beginning of January 2015 and will be sold from 25th February.
<The lineup of MY2015 GT-R>
Pure edition
Black edition
Premium edition
Track edition engineered by nismo

<price range>
9,477,000(Pure edition?)yen ~11,700,720(Track edition?)yen

1200ps GT-R reached 323.2km/h… you will be surprised to read more. 1200㎰のGT-Rが323.2km/hに到達・・・、もっと読めば驚きます!

1200psのR35で区間平均スピード323.2㎞/h達成!って書いたところで、驚く方はそう多くないかもしれません。でも、全盲のドライバーがこの記録を樹立したんです。はい、ビックリ仰天は話です!
An R35 that has been modified to 1200ps managed to average 323.2km/h… Yes, sure. Not surprising at all, is it? Well… until you hear that the record was achieved by a blind man!

イギリス人元銀行員(なんで、こう書かれるのか分かりませんが、いつもこの方の紹介にはこの肩書きが付きまとっています)のマイク・ニューマン氏、実は昨年、ポルシェ911ターボで区間平均スピード299.3㎞/hという偉業を成し遂げています。
Mike Newman, an ex-bank manager… I don’t know why he is always introduced as “an ex-bank manager” but all the media coverage do so… set a record of 299.3km/h last year with a Porsche 911 Turbo.

この時点で全盲者による世界最速記録を樹立していますから、今年は自らの記録に挑戦したわけです。本人としては時速200マイル(320㎞/h)の壁を越えたかったようです・・・。イギリス・エルヴィントン飛行場の2.9㎞におよぶ滑走路を使い2回走行。その平均スピードが323.2㎞/hだったんです。
At that point, he has set the world’s fastest blind driver record but he challenged himself, probably wanting to break the 200mph barrier. Newman used the Elvington Airfield and its 1.8-mile (2.9 km) runway where he was required to perform back to back runs. At the end of the two runs, his speed was averaged to a new record of 200.9 mph (323.2 km/h).

最高速トライアルって決してアクセルを踏むだけではありません。路面は一定ではありませんし、細かなステアリング修正も必要です。目をつむって運転することを想像しただけで、ゾッとします。ニューマン氏の最高速チャレンジは挑戦車両に加えて、すぐ後ろをナビゲーター車両が追随。義父が無線で細かな指示を出し、それに従ってニューマン氏は運転しているそうです。

ニューマン氏、Speed of Sightという身体障害者のためのモータースポーツ団体を主宰しており、その活動のアピール、またハンディキャップを克服するチャレンジ精神を見せつけてくれました。ちなみに2011年には全盲者による水上最速記録樹立・・・
Newman keeps breaking the blind land speed record in order to promote the organization, Speed of Sight. This charity makes it possible for people with disabilities to experience the thrill of driving a car around a race track. In addition to land speed records, the Speed of Sight website also says Newman has set a water speed record

コパイロットが搭乗していたとはいえ、全盲者初の飛行機での宙返り26回・・・。いやはや、バイタリティ溢れるアドレナリンジャンキーです(笑)。
Newman, also, did acrobatic vertical loops (aka, loop-the-loops). He is a brave… one heck of an adrenaline junky! lol

GT-Rについての情報はチューナー、Litchfieldのサイトをご覧ください。
For more information on this particular GT-R, head over to Litchfield

Jaguar F type R coupe VS Nissan GT-R, the battle of the 550ps’ ジャガーFタイプRクーペVS日産GT-R最高出力550㎰バトル

Jaguar F Type R carries a 5l supercharged engine that produces 550ps. It is the same number of horse power as the R35 GT-R and Autocar decided to make a video on their handling test as well as putting them for a time trial.

F Type R weighs 1650kg, GT-R weighs 1740kg and their 0-100km/h time is 4.2sec and 2.7 respectively. Yes, yes, Jaguar is a FR machine and GT-R is a 4WD machine but I’m really starting to wonder what “power to weight ratio” really tells us…

ジャガーFタイプRクーペが搭載する5lスーパーチャージャー付きエンジンの最高出力は550㎰。“おっ、R35GT-Rと同じだね”ということで(?)、イギリスの老舗自動車雑誌「AUTOCAR」が比較テストを行いました。

とはいっても、0→100㎞/h加速はR35GT-Rのほうが断然速い(FタイプR4.2秒、GT-R2.7秒)ので割愛してあって、お馴染みのコースでのローリングスタートによるタイムトライアルです。ちなみにFタイプRクーペの車重は1650㎏、GT-Rは1740㎏です。ボディウェイトレシオがいかにまやかしか・・・(笑)。

FRと4WDの違いこそあれど・・・、GT-Rの速さは圧巻。

The world of “Fast and Furious” recreated with R/C cars?! 映画「ワイルドスピード」をラジコンで再現?!

This video is simply stunning. Brilliantly filmed, precisely modeled, and hilariously executed, this Fast & Furious homage is something anyone can love–even if you’re not a fan of the movies.
たかがラジコン、されどラジコンです。映画「ワイルドスピード」っぽく撮影した、ということですが、ソートー大変ですよ、コレ・・・。
お見事!

Behind the scenes is worth watching, too. You’d appreciate how much work had been put in.
撮影裏側も見応えたっぷり!いやぁ、ホント、大変そうです。

Behind the scenes of “Fast & Furious 6” looks amazing, too.
っで、映画「ワイルドスピード6」の撮影裏側もあったので、併せてご紹介しておきます。

GT-R NISMO in Black – ブラックのGT-R NISMO

NISSAN have just started delivery of GT-R NISMOs to their customers in Japan.
Currently, 22 GT-R NISMOs have been delivered, and all the cars was build in February and March.
Due to limited production volume and time consuming production process, NISSAN can build only 5 to 10 units a month.
No GT-R NISMO will be made and delivered in April, according to our source.

4月初旬、R35GTRclubさんからお誘いを受け富士スピードウェイへ。
そこに集まっていたのは約10台のGT-R。デリバリーが始まったばかりのGT-R NISMOも3台。
3月から始まったデリバリー。現在まで22台のGT-R NISMOが納車されたそうですが、パーツの供給の遅れから4月は1台も生産される予定がなく、納車もないとのことでした。
ホワイトは過去の記事で写真をご覧いただけますが、ブラックは初めてなのでブラックを中心に紹介します。

当日のほかの写真は、GTRotaku.com公式フェイスブックにて紹介します。そちらもぜひご覧ください。