タグ別アーカイブ: r33

第二世代に最新技術を! The latest technology for the second generation!

Nissan GT-R Air Flow Meter
Nissan GT-R Air Flow Meter

第二世代に最新技術を!

第二世代のR32,R33,R34の共通の心臓部でありGT-Rの象徴でもあるRB26DETTエンジン。
各車、今までに様々なチューニングが施されてきています。
R35 日産GT-Rの登場により、第二世代と大きな時代の違いを感じられるようになりました。

第二世代どの車両においても定番の故障個所があります。
それは、エアフロメーター(エンジンに入る吸気空気量を計測するセンサー)です。
オーナーの皆様はほとほと手を焼いたことが多いかと思います。

純正新品は高額ということもあり、Z32用のエアフロを流用したり中古で代用か、自力ではんだ付けで直したりしてる方もいらっしゃるかと思います。
R32においては、既に20年以上という年月が過ぎておりエアフロ不調が多いです。

そんな中、ここ数年では上記の手法以外が主流となってきております。
それは、R35 日産GT-Rのパーツの流用です。
日産GT-RのVR38DETTエンジンはRB26DETTとは全く別物ですが、エアフロは部品の役割上、第二世代でも流用が可能です。

日産GT-Rのエアフロには以下のメリットがあります。

・第二世代の頃のエアフロよりも最新のエアフロのため高性能
・第二世代の場合は一体型で不調になった場合は全交換でした

が、日産GT-Rのエアフロはセンサー部分が独立しており交換の際の価格が安い

高性能で価格も安い!ならば最新のエアフロを利用しない手はありません。
が、利用する際に以下のデメリットがあります。

・エアフロセンサーが高機能になるため、コンピューターのリセッティングが必要

純正のままのコンピューターでは使用することが出来ません。
リセッティングは少々価格が高くなりますが、今後もの乗り続けて、エアフロ修理代を考えたら最新のエアフロにするほうがコストは安くなります。

 

Nissan GT-R Injector
Nissan GT-R Injector

R32,R33のオーナーの多くが体験したことあると思いますが、純正インジェクターの燃料漏れが多いです。
もともとの構造上の問題により燃料漏れを引き起こしています。同じ純正日に変えたとしても同じ現象が起きます。
この場合、代替としてR34のインジェクターを利用するのが一般的でした。
といっても、「燃料漏れが起きなくなる」以外のメリットはなく基本性能は同じなため特別感はありません。
そこで、もう一つの最新技術の導入のエアフロとセットとなって取り入れられた日産GT-Rのインジェクターを流用します。
日産GT-Rのインジェクターの特徴は、噴射口が12ホールであり、R34インジェクターよりも噴射燃料が霧状化しやすい点です。
霧状化しやすいということは、燃料がシリンダー内で燃えやすい状態になり、低速トルクやレスポンスの改善が期待できます。

ちなみに、なぜエアフロとインジェクターのセット交換が定番かというと、インジェクターを日産GT-Rインジェクターを流用した場合、エアフロと同様にコンピュータのリセッティング必要になります。
エアフロ、インジェクターを別々に交換した場合、それぞれでリセッティングをする必要があります。
一度にまとめて交換してしまえば、リセッティングが一度で済むため無駄な出費を抑えることが出来ます。

第二世代のオーナーで、エアフロが不調が続く、インジェクターの燃料漏れでお悩みの方は、最新技術の日産GT-R用の流用を考えてみてはいかがでしょうか?

 

The latest technology for the second generation!
RB26DETT engine which is the common heart of the second generation R32, R33, R34 and is a symbol of GT-R.
Various tunings have been applied to each car, so far.
With the introduction of R35 Nissan GT-R, we were able to feel the difference between the second generation and the great era.

There is a classic breakdown point in every second generation vehicle.
It is an airflow meter (a sensor that measures the amount of intake air entering the engine).
I think that owners are most likely to have barely handed themselves.

The genuine new article is also expensive, I think that some people diverted the air flow for Z32, substitute for second hand or substitute by soldering on their own.
In R32, years and months have passed since 20 years already and there are many air froths.

Meanwhile, in recent years other than the above method has become mainstream.
That is a diversion of R35 Nissan GT-R parts.
The Nissan GT – R ‘s VR 38 DETT engine is totally different from RB26DETT, but Air Flo can be diverted even in the second generation because of the role of parts.

Nissan GT-R’s Air Flow has the following advantages.

· High performance due to the latest airflow than the second generation airflow
· In the case of the 2nd generation, it was a one-body type and it was a complete exchange when it became bad

, But the Nissan GT-R’s Airflow has its sensor part independent and its price is cheap when exchanging

High performance and cheap price! Then there is no hand that does not use the latest airflow.
However, there are the following disadvantages when using it.

· Resetting of the computer is necessary because the air flow sensor becomes highly functional

It can not be used with genuine computers.
Resetting will be a little expensive, but if you continue to ride in the future, thinking about the airflow repair cost, the cost will be lower if you make it the latest airflow.

I think there are things many of the owners of R32 and R33 have experienced, but the fuel leakage of the genuine injector is many.
Fuel leakage is caused by the original structural problem. Even if you change to the same genuine day the same phenomenon will occur.
In this case, it was common to use the injector of R34 as an alternative.
However, there is no merit other than “no fuel leak will occur” There is no special feeling because the basic performance is the same.
Therefore, we will divert the injector of Nissan GT-R which was adopted as a set with the air flow of introducing another latest technology.
The characteristic of the injector of Nissan GT-R is that the injection hole is 12 holes, and the injected fuel is more likely to atomize than the R34 injector.
The fact that it is easy to atomize makes it possible for the fuel to burn easily in the cylinder and improve low speed torque and response.

By the way, why airflo and injector set exchange is standard, if you use Nissan GT-R injector for injector, you need to reset computer like airflow.
If you replace the airflow and the injector separately, you need to reset each.
If you replace them all at once, you can restrain wasteful expenses because resetting can be done only once.

If you are troubled with fuel leakage of the injector, which is the owner of the 2nd generation and the airflow continues to fail, how about considering diversion for the latest technology Nissan GT-R?

NISMOインタークーラー復刻版 NISMO INTERCOOLER Reprint edition

R32 SKYLINE GT-R
R32 SKYLINE GT-R
R34 SKYLINE GT-R
R34 SKYLINE GT-R

NISMOインタークーラー復刻版

以前、NISMOより販売されていたインタークーラーが2017年2月より復刻版として販売が再開しました。

当時のR32 スカイライン GT-Rのオーナーにとっては定番のインタークーラーで、前面から見えるNISMOロゴは存在感を醸し出していました。

GTRotaku ONLINE SHOPでもNismoインタークーラー復刻版の取り扱いを始めました。

廃盤となり諦めていた方々、この機会に入手を!

Nismo公式

R32 スカイライン GT-R用 NISMOインタークーラー(復刻版)

R33 スカイライン GT-R用 NISMOインタークーラー(復刻版)

R34 スカイライン GT-R用 NISMOインタークーラー(復刻版)

【商品に関するご注意】

・BNR32およびBCNR33に装着する場合、バンパーおよびバンパーレインフォースの切除加工が必要です。
・BNR34の標準バンパー車に装着する場合、バンパーフェイスに若干の加工(ネットを固定するツメの切除)が必要です。
・BNR34に装着する場合、純正ネットの装着は出来ません。また日産純正オプションのインタークーラーエアスポイラーを装着するには、エアスポイラー自体に加工が必要です。

 

NISMO INTERCOOLER Reprint edition

The intercooler sold previously from NISMO resumed as a reprint version from February 2017.

For the owner of the R32 Skyline GT-R at that time, it was a classic intercooler, the NISMO logo seen from the front had a presence.

GTRotaku ONLINE SHOP also began handling Nismo intercooler reprint edition.

People who have been abandoned and gave up, get on this occasion!

Nismo formula

R32 NISMO Intercooler for Skyline GT-R (Reprint Version)

R33 NISMO Intercooler for Skyline GT-R (Reprint Version)

R34 NISMO Intercooler for Skyline GT-R (Reprint Version)

【Notes on products】

· When attaching to BNR 32 and BCNR 33, it is necessary to remove bumper and bumper reinforcement.
· When attaching to a standard bumper car of BNR 34, some processing (removal of claws to fix the net) is required on the bumper face.
· When installing on BNR 34, you can not install genuine net. In addition, to install the Nissan genuine optional intercooler air spoiler, processing on the air spoiler itself is necessary.

第二世代ユーザに朗報!

第二世代ユーザに朗報!

先日、日産が高性能スポーツブランドであるNISMOロードカー事業の拡大を発表しました!

https://newsroom.nissan-global.com/releases/release-e951533d0439f7d8de70899aa7008d90-170425-03-j?lang=ja-JP

主体はNISMOブランドで手掛ける車両の拡充のようですが。

ニュースリリースには第二世代や、GT-Rのことに関しての記載はありませんでした。

第二世代の所有者の方ならば、昨今の純正部品の廃盤や値上げに嘆いてる方が多々いらっしゃると思います。
特にR32に至っては壊滅的に部品の取り寄せが難しくなっていってます。

こうした悩みを解決してくれるかもしれない内容が、記者会見で発表されてました。

記者会見の動画ですが、14:24頃をご注目ください。

・補修部品の再生産・供給体制の立ち上げ
・R32 GT-Rから立ち上げ、順次拡大

販売時期は2017年秋ごろと言ってます!
具体的にどの部品がとまでは言及されていないので、発売間近になったらまた発表されるとは思います。
部品がなくなって諦めていた方、まだあきらめるのは早いですよ!

GT-ROtakuでも販売開始されたら積極的に取り扱っていきます。
Good news for second generation users!

The other day, Nissan announced the expansion of the NISMO road car business which is a high-performance sports brand!

https://newsroom.nissan-global.com/releases/release-e951533d0439f7d8de70899aa7008d90-170425-03-j?lang=en

The main body seems to be an expansion of vehicles handled by the NISMO brand.

In the news release there was no mention about the second generation or GT-R.

If you are the owner of the second generation, I think that there are many people who are lamenting the abolition of genuine parts and price increases recently.
Especially when it comes to R32, it is getting harder to order the parts catastrophically.

Contents that might solve these troubles were announced at a press conference.

Although it is a video of a press conference, please pay attention around 14:24.

· Start up reproductive parts supply system
· Launched from R32 GT-R, sequential expansion

I am saying that the sale time is around autumn 2017!
I do not specifically mention which parts are mentioned, so I think that it will be announced again as soon as it is about to be released.
The one who gave up because the parts are gone, it is too early to give up!

We will actively handle GT-ROtaku once it is on sale.

Nissan Patrol with modified R33 Skyline engine! 日産パトロールにR33の改造エンジンを載せる遊び

The guys from Bijou Motorsport have decided to fit an RB25GET from R33 Skyline into a Nissan Patrol(codenamed Y60 and built between 1987 and 1997)… Not much is known about the builder nor how it came to be, but the author of the videos tells us that the fourth generation Patrol had an engine transplant from a Nissan Skyline (probably the R33). We’re also not aware if the RB25DET engine is stock or not, but data shows that the 2.5-liter turbocharged straight-six produced from 245hp to 276hp (280PS), depending on the version. But it doesn’t sound bad.
Oh they, certainly, know how to have fun!

Well then, why do we not search for something else on YouTube, right? And we came across an R33 Skyline GT-R carrying 8.3V10 engine from Dodge Viper along with an R35 GT-R with… Lancer Evolution front bumper! lol

日産パトロールといえば、トヨタランドクルーザーと並んで日本であまり売れない、海外で重宝されているクロスカントリー車の重鎮です。ハッキリ言って、高級ブランドのSUVとは走りの格が違います(笑)。っで、そんなパトロール(Y60型)にR33スカイラインのRB25GETエンジンを搭載したのがブルガリアのBijou Motorsportです。情報はごくわずかしかなく、謎めいていますが、とにかく楽しそうです。

ならば、とエンジンスワップを検索していて出くわしたのがR33GT-Rにダッジバイパーのエンジンを搭載した、SKYPER!フェアレディZにGT-Rのエンジンとか・・・、よくあるパターンなので割愛します(笑)。

Skyper 8.3lV10

そしてR35に三菱ランサーエボリューションのバンパーを仮止めした車

R35 with Lancer Evolution bumper?!

いやはや、世の中いろんな遊びがあるものです。

R33 Skyline GT-R with HEAT SENSITIVE PAINT?! 温感塗料で全塗したR33スカイラインGT-R

Having your car re-painted takes bit of courage as there is no turning back unless you keep re-painting. Over the recent years, drivers have been enjoying vinyl wraps as you can always rip it off and have the car back in original paint. Especially in used car market, original paint is usully an important factor. The vinyl wrapping became popular with its matte colors, chrome colors and the trend seems to be moving towards… brushed.

But that doesn’t stop paint shops to come up with something unique to catch people’s attention. What I encountered, recently, on YouTube is an R33 Nissan Skyline GT-R with… HEAT SENSITIVE PAINT!!! It comes from Auto Kandy, a paint shop located in the UK. Yes, that is just water being poured on the body, yet it’s completely altering the color of the car, from that brilliant orange to an oily black.

水をかけると、あーら不思議・・・、真っ黒けっけです。

ラッピングって流行ってますよねぇ。好きな色に替えてもラッピングを剥がせばイイだけで、売却時には再塗装という評価がされません。マット系、クローム系と流行ってきましたが、トレンドはブラシ仕上げに向かっているのでしょうか?個人的にはブラシ仕上げのゴールド、嫌いじゃありません!でも、車を好きな色に全塗する、っていう男気溢れるプラモデル感覚も大好きです。っで、イギリスのAuto KandyなるショップがYouTubeにアップした動画が、ちょっとした話題を呼んでいるんです。

こんな風に、なにか浮かび上がったほうがカッコいいと思うんですけどねぇ?

R35 replica made by New Millennium Motors in China… 中国の新千年的汽車なる業者がR35レプリカを作るとか・・・

I was browsing through YouTube and have encountered what is said to be the replica of an R35. Yes, it is made in China by the team called New Millennium Motors. Despite my effort for googling them, there was nothing. So all I can tell you is of the description written on the post of a YouTube video.

“NEW Nissan GT R Replica Made In China By New Millennium Motors 2014
These are 2 exclusive pictures that were just released to me, now copy protected, of a company’s example of their Nissan GT-R replica, made in CHINA. Styling is directly aimed at the GT-R, performance isn’t comparable as it’s supposed to have a 3 cylinder 1.5L turbo and automatic. YEAH, 3 cylinder! The company is searching for engine manufacturers in Australia, don’t know what they’re interested in though, maybe older engine castings that were sold by Toyota.
Not much else for information…”

What? 3 cylinder 1.5l turbo??????

I also found a YouTube video of an R33 being converted into an R35 pasted below the Japanese blog. Honestly, I don’t know if it’s worth the effort…

This particular sample of so-called replica R35 looks as though it is the “real” R35… made to look like replica by replacing badges… Ah well, when and if we find out more on it, we’ll let you all know!

GT-R Otakuなのに、なかなかGT-Rネタがなくって困っている、担当者ですが・・・、今日はなかなか面白いネタを拾ってきました。何かないものかしらん、とYouTubeを漁っていたら、出くわしたのがR35のレプリカ。期待通り(?)中国にあるニュー・ミレニアム・モータース(新千年的汽車)というところが2枚の写真を公開したらしく、アップロードした人が公開しています。ただ・・・、どうGoogle検索してもひっかかってきません。というわけで、YouTubeに記載されている通りにご紹介します。

「中国・ニュー・ミレニアム・モータースが手掛けた2014日産GT-Rレプリカ
2枚、ワタシにだけ公開された写真で、ニュー・ミレニアム・モータース社が中国で手掛けた日産GT-Rレプリカ、日産GT-Rを目指して開発されているがパフォーマンスは比較できない。3気筒1.5lエンジンにATを採用。ニュー・ミレニアム・モータース社はオーストラリアでエンジン製造業者を模索中で彼らが何に興味を持っているのかわからないが、トヨタの昔のエンジンの可能性も。詳細不明・・・」とのことです(笑)。

いやぁ、ツッコミどころ満載です。しかも公開された写真・・・、個人的にはレプリカ仕様のR35(本物:エンブレム交換のみ)に見えて仕方ありません。どことは申しませんが世界にはレプリカのスーパーカーを販売するとネットで広告を出し、手付金を支払わせ消える業者がゴマンといるんですよねぇ・・・。

もとい。R33をR35仕様にコンバージョン、いわゆるレプリカ作りの記録動画もありました。

ハッキリ言って・・・、大変過ぎます(笑)。