タグ別アーカイブ: r32

第二世代に最新技術を! The latest technology for the second generation!

Nissan GT-R Air Flow Meter
Nissan GT-R Air Flow Meter

第二世代に最新技術を!

第二世代のR32,R33,R34の共通の心臓部でありGT-Rの象徴でもあるRB26DETTエンジン。
各車、今までに様々なチューニングが施されてきています。
R35 日産GT-Rの登場により、第二世代と大きな時代の違いを感じられるようになりました。

第二世代どの車両においても定番の故障個所があります。
それは、エアフロメーター(エンジンに入る吸気空気量を計測するセンサー)です。
オーナーの皆様はほとほと手を焼いたことが多いかと思います。

純正新品は高額ということもあり、Z32用のエアフロを流用したり中古で代用か、自力ではんだ付けで直したりしてる方もいらっしゃるかと思います。
R32においては、既に20年以上という年月が過ぎておりエアフロ不調が多いです。

そんな中、ここ数年では上記の手法以外が主流となってきております。
それは、R35 日産GT-Rのパーツの流用です。
日産GT-RのVR38DETTエンジンはRB26DETTとは全く別物ですが、エアフロは部品の役割上、第二世代でも流用が可能です。

日産GT-Rのエアフロには以下のメリットがあります。

・第二世代の頃のエアフロよりも最新のエアフロのため高性能
・第二世代の場合は一体型で不調になった場合は全交換でした

が、日産GT-Rのエアフロはセンサー部分が独立しており交換の際の価格が安い

高性能で価格も安い!ならば最新のエアフロを利用しない手はありません。
が、利用する際に以下のデメリットがあります。

・エアフロセンサーが高機能になるため、コンピューターのリセッティングが必要

純正のままのコンピューターでは使用することが出来ません。
リセッティングは少々価格が高くなりますが、今後もの乗り続けて、エアフロ修理代を考えたら最新のエアフロにするほうがコストは安くなります。

 

Nissan GT-R Injector
Nissan GT-R Injector

R32,R33のオーナーの多くが体験したことあると思いますが、純正インジェクターの燃料漏れが多いです。
もともとの構造上の問題により燃料漏れを引き起こしています。同じ純正日に変えたとしても同じ現象が起きます。
この場合、代替としてR34のインジェクターを利用するのが一般的でした。
といっても、「燃料漏れが起きなくなる」以外のメリットはなく基本性能は同じなため特別感はありません。
そこで、もう一つの最新技術の導入のエアフロとセットとなって取り入れられた日産GT-Rのインジェクターを流用します。
日産GT-Rのインジェクターの特徴は、噴射口が12ホールであり、R34インジェクターよりも噴射燃料が霧状化しやすい点です。
霧状化しやすいということは、燃料がシリンダー内で燃えやすい状態になり、低速トルクやレスポンスの改善が期待できます。

ちなみに、なぜエアフロとインジェクターのセット交換が定番かというと、インジェクターを日産GT-Rインジェクターを流用した場合、エアフロと同様にコンピュータのリセッティング必要になります。
エアフロ、インジェクターを別々に交換した場合、それぞれでリセッティングをする必要があります。
一度にまとめて交換してしまえば、リセッティングが一度で済むため無駄な出費を抑えることが出来ます。

第二世代のオーナーで、エアフロが不調が続く、インジェクターの燃料漏れでお悩みの方は、最新技術の日産GT-R用の流用を考えてみてはいかがでしょうか?

 

The latest technology for the second generation!
RB26DETT engine which is the common heart of the second generation R32, R33, R34 and is a symbol of GT-R.
Various tunings have been applied to each car, so far.
With the introduction of R35 Nissan GT-R, we were able to feel the difference between the second generation and the great era.

There is a classic breakdown point in every second generation vehicle.
It is an airflow meter (a sensor that measures the amount of intake air entering the engine).
I think that owners are most likely to have barely handed themselves.

The genuine new article is also expensive, I think that some people diverted the air flow for Z32, substitute for second hand or substitute by soldering on their own.
In R32, years and months have passed since 20 years already and there are many air froths.

Meanwhile, in recent years other than the above method has become mainstream.
That is a diversion of R35 Nissan GT-R parts.
The Nissan GT – R ‘s VR 38 DETT engine is totally different from RB26DETT, but Air Flo can be diverted even in the second generation because of the role of parts.

Nissan GT-R’s Air Flow has the following advantages.

· High performance due to the latest airflow than the second generation airflow
· In the case of the 2nd generation, it was a one-body type and it was a complete exchange when it became bad

, But the Nissan GT-R’s Airflow has its sensor part independent and its price is cheap when exchanging

High performance and cheap price! Then there is no hand that does not use the latest airflow.
However, there are the following disadvantages when using it.

· Resetting of the computer is necessary because the air flow sensor becomes highly functional

It can not be used with genuine computers.
Resetting will be a little expensive, but if you continue to ride in the future, thinking about the airflow repair cost, the cost will be lower if you make it the latest airflow.

I think there are things many of the owners of R32 and R33 have experienced, but the fuel leakage of the genuine injector is many.
Fuel leakage is caused by the original structural problem. Even if you change to the same genuine day the same phenomenon will occur.
In this case, it was common to use the injector of R34 as an alternative.
However, there is no merit other than “no fuel leak will occur” There is no special feeling because the basic performance is the same.
Therefore, we will divert the injector of Nissan GT-R which was adopted as a set with the air flow of introducing another latest technology.
The characteristic of the injector of Nissan GT-R is that the injection hole is 12 holes, and the injected fuel is more likely to atomize than the R34 injector.
The fact that it is easy to atomize makes it possible for the fuel to burn easily in the cylinder and improve low speed torque and response.

By the way, why airflo and injector set exchange is standard, if you use Nissan GT-R injector for injector, you need to reset computer like airflow.
If you replace the airflow and the injector separately, you need to reset each.
If you replace them all at once, you can restrain wasteful expenses because resetting can be done only once.

If you are troubled with fuel leakage of the injector, which is the owner of the 2nd generation and the airflow continues to fail, how about considering diversion for the latest technology Nissan GT-R?

NISMOインタークーラー復刻版 NISMO INTERCOOLER Reprint edition

R32 SKYLINE GT-R
R32 SKYLINE GT-R
R34 SKYLINE GT-R
R34 SKYLINE GT-R

NISMOインタークーラー復刻版

以前、NISMOより販売されていたインタークーラーが2017年2月より復刻版として販売が再開しました。

当時のR32 スカイライン GT-Rのオーナーにとっては定番のインタークーラーで、前面から見えるNISMOロゴは存在感を醸し出していました。

GTRotaku ONLINE SHOPでもNismoインタークーラー復刻版の取り扱いを始めました。

廃盤となり諦めていた方々、この機会に入手を!

Nismo公式

R32 スカイライン GT-R用 NISMOインタークーラー(復刻版)

R33 スカイライン GT-R用 NISMOインタークーラー(復刻版)

R34 スカイライン GT-R用 NISMOインタークーラー(復刻版)

【商品に関するご注意】

・BNR32およびBCNR33に装着する場合、バンパーおよびバンパーレインフォースの切除加工が必要です。
・BNR34の標準バンパー車に装着する場合、バンパーフェイスに若干の加工(ネットを固定するツメの切除)が必要です。
・BNR34に装着する場合、純正ネットの装着は出来ません。また日産純正オプションのインタークーラーエアスポイラーを装着するには、エアスポイラー自体に加工が必要です。

 

NISMO INTERCOOLER Reprint edition

The intercooler sold previously from NISMO resumed as a reprint version from February 2017.

For the owner of the R32 Skyline GT-R at that time, it was a classic intercooler, the NISMO logo seen from the front had a presence.

GTRotaku ONLINE SHOP also began handling Nismo intercooler reprint edition.

People who have been abandoned and gave up, get on this occasion!

Nismo formula

R32 NISMO Intercooler for Skyline GT-R (Reprint Version)

R33 NISMO Intercooler for Skyline GT-R (Reprint Version)

R34 NISMO Intercooler for Skyline GT-R (Reprint Version)

【Notes on products】

· When attaching to BNR 32 and BCNR 33, it is necessary to remove bumper and bumper reinforcement.
· When attaching to a standard bumper car of BNR 34, some processing (removal of claws to fix the net) is required on the bumper face.
· When installing on BNR 34, you can not install genuine net. In addition, to install the Nissan genuine optional intercooler air spoiler, processing on the air spoiler itself is necessary.

第二世代ユーザに朗報!

第二世代ユーザに朗報!

先日、日産が高性能スポーツブランドであるNISMOロードカー事業の拡大を発表しました!

https://newsroom.nissan-global.com/releases/release-e951533d0439f7d8de70899aa7008d90-170425-03-j?lang=ja-JP

主体はNISMOブランドで手掛ける車両の拡充のようですが。

ニュースリリースには第二世代や、GT-Rのことに関しての記載はありませんでした。

第二世代の所有者の方ならば、昨今の純正部品の廃盤や値上げに嘆いてる方が多々いらっしゃると思います。
特にR32に至っては壊滅的に部品の取り寄せが難しくなっていってます。

こうした悩みを解決してくれるかもしれない内容が、記者会見で発表されてました。

記者会見の動画ですが、14:24頃をご注目ください。

・補修部品の再生産・供給体制の立ち上げ
・R32 GT-Rから立ち上げ、順次拡大

販売時期は2017年秋ごろと言ってます!
具体的にどの部品がとまでは言及されていないので、発売間近になったらまた発表されるとは思います。
部品がなくなって諦めていた方、まだあきらめるのは早いですよ!

GT-ROtakuでも販売開始されたら積極的に取り扱っていきます。
Good news for second generation users!

The other day, Nissan announced the expansion of the NISMO road car business which is a high-performance sports brand!

https://newsroom.nissan-global.com/releases/release-e951533d0439f7d8de70899aa7008d90-170425-03-j?lang=en

The main body seems to be an expansion of vehicles handled by the NISMO brand.

In the news release there was no mention about the second generation or GT-R.

If you are the owner of the second generation, I think that there are many people who are lamenting the abolition of genuine parts and price increases recently.
Especially when it comes to R32, it is getting harder to order the parts catastrophically.

Contents that might solve these troubles were announced at a press conference.

Although it is a video of a press conference, please pay attention around 14:24.

· Start up reproductive parts supply system
· Launched from R32 GT-R, sequential expansion

I am saying that the sale time is around autumn 2017!
I do not specifically mention which parts are mentioned, so I think that it will be announced again as soon as it is about to be released.
The one who gave up because the parts are gone, it is too early to give up!

We will actively handle GT-ROtaku once it is on sale.

GT-R Magazine Vol.118 is on sale from 1st August! GT-RマガジンVol.118は8月1日発売

GT-R Magazine Vol.118
On sale from 1st August 2014
Price: 1300 yen
Publisher: Kotsu Times Sha http://www.kotsu-times.jp

GT-R Magazine Vol.118 will feature on R32 GT-R(BNR32) as it will turn 25 years old on the 21st of August. Chikara Kitabatake, a photographer, shot the R32 for a cover page 20 years ago when the very first GT-R Magazine came out and he shot it again. What we focused was to shoot the original (unmodified) R32 with backgrounds that never were 25 years ago. All the shots were taken in Tokyo and some of you may notice exactly where. What surprised us is that BNR32 still looks fabulous even after a quarter of a century. Enjoy looking at these beautiful pictures and reminiscent on the day BNR32 made its debut. On the side note, this particular BNR32 belongs to Kozo Wantanabe, a man in charge of testing BNR32, and is the only BNR32 colored in the factory original green.

As for the special feature, we have interviewed men behind the development of R32 Skyline. Those men were Shurei Ito, a product manager then and Hiroshi Tamura, a product manager’s right hand man then. We have also interviewed the designer of an R32, Hidetoshi Nishiizumi, chief engineer of chassis design who put in a lot of work for ATESA E-TS, Toshiro Matsda and Seiji Nagakura who was in charge of product assessment.

Our regular feature of “BNR32 project” being looked after at NISMO Omori Factory is nearly coming to a completion. The engine has been installed and is now drivable. We will soon find out the full extent of an R32 which has been refreshed by the works team.

In the last issue, we attached a DVD and with this issue, we are giving away a free GT-R Magazine original sticker. There is an amazing story behind this sticker and we shall soon reveal it in our official blog. http://www.kotsu-times.jp/gtrmag/

●Other contents are of R’s meeting 2014 guide, including “we shall aim for world record”/ GT-R&NSX Tokyo-Hokkaidou long touring/ R32, R33, R34, R35 staff car diaries/ Super GT 2014 & report on Nurburgring 24hours etc.

•Ž†

「GT-R Magazine 118号」
平成26(2014)年8月1日(金)発売
定価:1,300円(税込)
発行:(株)交通タイムス社 http://www.kotsu-times.jp 偶数月1日発売

GT-R Magazine最新号(118号)は、今年の8月21日で発売から丸25年を迎える「R32GT-R(BNR32)」の特集です! 今号の表紙と巻頭グラビアは、20年前にも本誌創刊号(000号)の表紙を撮っていただいた写真家・北畠主税氏に依頼しました。今回拘ったのは、発売当時そのまま(つまり、フルノーマル)の初期モデル(平成元年式)で、25年前にはなかった風景をバックにカットを撮るという点。ロケ地はすべて東京都内ですが、中にはどの場所かおわかりになる方もいらっしゃると思います。四半世紀の時を経ても、まったく色褪せないBNR32。美しいグラビア写真をご覧いただきながら、25年前の「あの日」に思いを馳せていただければと思います。ちなみに、今回撮影に使用した車両はBNR32の実験主担を務めた、皆さんご存じ「渡邉衡三」氏の愛車です(世界に一台しかない、幻の純正グリーン色!)。

特集企画の内容ですが、今回はR32スカイラインの産みの親ともいえる、商品主管「伊藤修令」氏にご登場いただきインタビューを敢行。さらに、その右腕の商品主担として手腕を振るった「田口 浩」氏にもお話しを伺いました。伊藤氏はもちろん、単独では本誌初登場の田口氏が語る「裏話」も大変興味深い内容です。また、R32のデザイナーを務めた「西泉秀俊」氏、アテーサE-TSの開発に尽力されたシャシー設計部・主任技師「松田俊郎」氏、商品性評価を担当した車担「長倉靖二」氏など、R32の開発には欠かせないキーマンに、当時の苦労など貴重なエピソードをお聞きしています。また、R32といえば外せない「グループA」に関しても、今まではあまりスポットが当てられなかった「プロトタイプ」を取り上げています。さらに、本誌で連載中の『NISMO大森ファクトリー』が手掛ける「BNR32プロジェクト」もいよいよ佳境を迎えました! 今回はついにエンジンが搭載され、走り出せる状態まで完成。ワークスが手掛ける「新世代のR32」、その見事な仕上がりは誌面にて!

さて、今号には前号のDVDに続き特別付録をご用意しました。「R32生誕25周年」を祝し本誌オリジナルのステッカーを製作。最新号の118号に綴じ込んであります。そのステッカーですが、じつはその誕生に凄い逸話が……!? 詳しくは、近日中にGT-R Magazineのブログ(http://www.kotsu-times.jp/gtrmag/)でご紹介いたします!

●GT-R Magazine118号 その他のコンテンツ: R’s Meeting 2014 イベントガイド「今年は世界記録に挑戦!」/一時代を築いた名車 GT-R×NSX 東京〜北海道ロングツーリング/スタッフカーの日常をレポート R32・R33・R34・R35運行日誌/スーパーGT 2014&ニュル24時間レポート etc.

GT-R Magazine Vol.116 on sale now! GT-Rマガジン絶賛販売中!

「GT-R Magazine 116号」
4月1日(火)発売
定価:1,300円(税込)
発行:(株)交通タイムス社 偶数月1日発売

GT-R Magazine Vol.116
On sale from 1st April.
Price: 1300yen (consumption tax included)
Publisher: Kotsu times sha

GT-R Magazine Vol.116

GT-R Magazine最新号(116号)の巻頭特集は、題して「最速Rの称号」! 現在、富士スピードウェイで最速クラスのタイムをマークしている5台の チューンドGT-Rのほか、3月上旬からいよいよオーナーの元にデリバリーが開始された「GT-R NISMO」もフルアタック!

富士スピードウェイといえば、日本が世界に誇る屈指の高速サーキット。約1.5kmのホームストレートを300km/hオーバーで駆け抜ける1,000psクラスのGT-Rの迫力をお伝えします。

登 場するデモカーは、HKS本社・R35HKSテクニカルファクトリー・R35トップシークレット・R35ATTKDオーテック・R32オートギャ ラリー横浜・R34の計5台。ここに、GT-R NISMOと12万km走行している本誌R35(07年式のフルノーマル)も加え、富士を借り切ってタイムアタックテストを実施しました。気になる結果は 本誌をご覧いただくとして、各車のラップタイムや最高速、各コーナーの通過スピードなどの情報も掲載しているので、それぞれのマシンの特性や個性をじっく りと読み取っていただけると思います。

20140401-gtrmag-07

また、各車両のスペックのみならず、究極のGT-Rを作り上げたチューナーたちの思いやポリシー、そ のステアリングを握り命がけでアタックするドライバーたちのコメントも必見です。ちなみに、今回の取材の模様は動画としても収録済み。次号の117号(5 月31日発売予定)に特別付録DVDとして付きますので、こちらもぜひご期待ください!

20140401-gtrmag-06

The main feature article of Vol. 116 of GT-R Magazine is titled “The title of the fastest R”! We have gathered 5 of the fastest Fuji Speedway lapping tuned GT-Rs as well as GT-R NISMO and had them run at full speed.

20140401-gtrmag-05

Fuji Speedway is one of the fastest lapping courses in Japan. Home straight is close to 1.5km and all of them, with over 1000ps, reach the speed beyond 300km/h.

20140401-gtrmag-04

The 5 GT-Rs were of HKS headquarters R35, HKS technical factory R35, Top Secret R35, ATTKD Autech R32 and Auto Gallery Yokohama R34. We, also, decided to clock the lap time with our own R35 (MT’07, traveled over 120,000km, fully original) as well as the brand new GT-R NISMO. For results, I hope you will have the chance to read it on our magazine. Along with the lap time, we have detailed measurements of speed at each corners. We also feature interviews of tuners who built ultimate GT-Rs as well as drivers who drove them.

20140401-gtrmag-03

Yes, in modern days that we live today, we have caught all actions on video and will release it in one DVD together with our next issue, on sale from 31st May, of Vol.117 GT-R Magazine.

20140401-gtrmag-02

●GT-R Magazine116号の主なコンテンツ:巻頭特集:「最速Rの称号」/NISMO大森ファクトリー・BNR32再興プロジェクト/ケンメリの皮を被ったR32/HKS PREMIUMDAY in FUJI SPEEDWAY/大阪オートメッセ2014詳報/今が旬のユーズドR35購入ガイド etc.

●Main contents of Vol.116 GT-R Magazine: “Title of the fastest R”, NISMO Omori factory, revival of BNR32 project, R32 that wears the skin of Ken Mary, HKS PRUMIUM DAY in Fuji Speedway, Osaka Auto Messe 2014, Used R35 purchase guide etc.

ATTKD GTR32 Details – オーテックツカダ R32 GT-R

Autech Tsukada (ATTKD)’s GTR32 laps Fuji Speedway around 1’42 at the latest measurement.
The detailed story will be featured on the forthcoming GT-R Magazine in April 2014.

オーテックツカダのR32 GT-Rは富士スピードウェイを1分42秒程度でラップします。
この車両の詳細については、2014年4月1日発売のGT-Rマガジンにて紹介される予定です。

The latest issue of GT-R Magazine, Vol.115! GT-Rマガジン115号明日発売!

GT-R Magazine 115号
平成26年2月1日(土)発売 定価:1,300円
発行:株式会社交通タイムス社 www.kotsu-times.jp

1st Feb. 2014 On sale Price:1300yen
Publisher: Kotsu Times Sha www.kotsu-times.jp

gmag-feb2014-cover

GT-R Magazine 115号の巻頭特集は「愛車復調の処方箋」と題し、原因不明のトラブルや不調に悩んでいたGT-Rオーナーと、それを克復したチューナー(専門医)のドラマを綴っています。第2世代GT-Rはもちろん、3年間でなんと24万kmも走行したというR35まで、さまざまなオーナーが登場します。もうひとつ、巻頭内ではNISMO大森ファクトリーが所有するBNR32を題材に、「業界初の大実験」も敢行! 今号の表紙になっているクルマが、その実験の模様です。どんな実験をしたかは……ぜひ誌面でご覧ください!

Vol.115 of GT-R Magazine’s main feature is titled “Prescription of your car to recovery” and focuses on owners who tackled unknown causes of troubles on their GTRs. There are owners of second generation GT-R, an owner who drove 240,000km on his R35 in 3 years and many more. We have also decided to conduct an experiment, perhaps for the first time in automobile journalism, using a BNR32 at NISMO Omori factory. The GT-R on the cover is the subject being experimented on. What kind of experiment did we do… find out in our magazine.

gmag-feb2014-02

CONTENTS
愛車復調の処方箋
悩めるオーナーに手を差し伸べる専門医の手腕
Prescription of your car to recovery
Professionals who give helping hands to those tormented owners.

BNR32再興
NISMO大森ファクトリーが最新の技術を投じる
Recovery of BNR32
NISMO Omori factory shows us the latest technique.

R35GT-R 新旧対決
ロングツーリングで2014年モデルの実力を測る
R35GT-R Old VS New
We see the real capabilities of a 2014 model through a long touring drive.

gmag-feb2014-01

R’sトレンド考察
東京オートサロン2014詳報
R’s latest trend
Tokyo Auto Salon 2014 report

gmag-feb2014-03