タグ別アーカイブ: nissan

Win a supercar for € 14.99… Really? スーパーカー宝くじはたったの14.99ユーロ…、本当?

Auto Gespot had an article featuring on “Win Your Spercar” which is a lottery for winning a supercar. Apparently, the lottery is usually sold for € 49.99, but it’s only € 14.99 for unknown perio of time. Participating in this unique opportunity might make you the winner of a brand new BMW M5. You could also consider the Nissan GT-R or the Mercedes-Benz C63 AMG. Buying a ticket for each of these three cars is of course possible and will enhance your chances.

And they will pay for everything (fuel, tires, road tax: up to € 50,000) for three years and the winner can do anything with the car after three years.

As we took out our credit cards, we came to my senses. The lottery tickets are only limited to 9999. What if they sold 9999 lottery tickets for € 14.99… they would not make any money. If they sold 9999 lottery tickets for € 49.99… yeah, they can make a fair bit of profit… but what if the winner resided in Singapore where cars are 4-5 times more expensive than Germany or Japan where these cars come from…

No, we are not accusing this lottery to be a scam. But at the same time, you might want to be careful.
As I read the article on Auto Gespot more carefully, I notice a banner advertisement for Win Your Supercar on the same page… And I think to myself “Oh, this is not a proper article but a paid publicity”.

\We won’t stop you from dreaming and if you want to participate in this, by all means, please! We wish you the best of luck. YOU HAVE TO BE IN IT TO WIN IT, as they say.

We will keep our eyes on Win Your Supercar for as long as we can and see if there really is a winner or not. Till then, we decided not to participate in this lottery.

blog

AUTO GESPOT というサイトに“14.99ポンドでスーパーカーを当てよう”という記事があり速攻、読んでみました。要はスーパーカー宝くじで、掲載されている車(BMW M5、M・ベンツC63AMG、日産GT-R)を応募者が選択し、チケットを購入するんです。チケットは限定販売で、募集枚数(ページにカウンターが用意されています)に達すると抽選。後日、当選番号がホームページに公開されるんですって。

っで、当選者は3年間、上限5万ポンドで維持費(税金、ガソリン、タイヤ)も支給されるんです。どういう理由か分かりませんが3年間は乗らなければならないようで、それ以降は好きに乗り続けるなり売却するなり、ご自由に、だそうです。

いいですよねぇ。まるでドバイの宝くじです。

早速、購入しようとクレジットカードを手にして、ちょっと気分が冷めたんです。個人的には通常価格いくらいくらが今なら・・・、ってセリフ、大嫌いなんです。じゃ、最初からその値段で売れよ、と思うんです。だって商売ですもねぇ。赤字覚悟の在庫処分ってよほどのことじゃなきゃしません。

9999枚発売したとして49.99ポンドならスーパーカー当選者に夢を与えて利益も出ます。でも、期間限定がいつからいつまでもわからず・・・、9999枚が14.99ポンドだったらハッキリ言って赤字です。すると、“もしや当選者なんて出ないんじゃなかろうか?”と疑念が沸いてきちゃうんです(笑)。当選者がシンガポール在住だったら、車の値段は本国価格の4倍で・・・。

ついでに言うと、このAUTO GESPOTの記事自体、よくよく見るとトップバナーに当該宝くじサイトの広告が貼り込まれていて“ああ、タイアップ記事なのね”って思わせてくれます。

というわけで、夢を見たい方は試しに購入してみるのはアリでしょうけど、くれぐれも自己責任でお願い致します!
GT-R Otakuでは確認できるかぎり、この宝くじサイトに注目していく所存です!e

Andy Palmer can, really, drive! アンディ・パーマー氏は運転がお上手!

Nissan’s Executive Vice President, Andy Palmer never fails to offer media with surprises. At Tokyo Motorshow, back in 2011, he stated “it’s a complete bullshit” on claims that electric automobiles simply transfer emissions from the vehicle’s tailpipe to the countless electricity-generating smokestacks across the globe. Last year, when Toyota 86/Subaru BRZ made their debuts, he called them “mid-life crisis cars” and made headlines… lol

And we applaud him for being so frank. In fact, he is awesome.

He’s an engineer, a business leader and a great driver, too, apparently. When NISMO GT-R was attempting for Nurburgring record lap, Andy drove a lap as well. His time was somewhere in 8minutes range and surprised all the people present.

Nissan just uploaded a video of Andy driving the new NISMO GT-R at Nissan’s test track in Tochigi prefecture. The video shows NISMO GT-R’s chief vehicle engineer explaining of the car and Andy driving… We would have loved to see Andy driving on Nurburgring though.

It’s nice to know that Nissan has car enthusiast as one of their executives!

日産自動車副社長のアンディ・パーマー氏、毒舌家で我々メディアに賑やかな話題を提供してくれる人物です(笑)。2011年、東京モーターショーの囲み取材中(発電所がCO2を排出しているかぎり)EVはCO2排出転嫁をしているだけではないか、という指摘に「it’s a complete bullshit」(英語圏では基本、放送禁止用語:でたらめ、という意味)と発してみたり、トヨタ86/スバルBRZにてついて「中年期の鬱病用」と称してみたり。

でも、凄い人なんです。

エンジニアで経営者で、運転技術もレーシングドライバーも驚くレベル、だと聞いています。なんでもNISMO GT-Rのニュルブルクリンク記録樹立時、実はパーマー氏もステアリングを握って周囲を驚かせるタイムをたたき出したとか。

そんなパーマー氏が栃木のテストコースでNISMO GT-Rのステアリングを握った姿が動画で公開されています。NISMO GT-Rのチーフ・ヴィークル・エンジニアがパーマー氏に説明、という体で撮影された動画ですが・・・、どうせならニュルブルクリンクの走りが見たかったです(笑)。
真面目な話、運転するのがお好きなようで、そんな方が経営陣に居るって知ると嬉しいですよね。

NISSAN GT-R NISMO Development Story

[Via Nissan Newsroom] Documentary movie of behind-the-scenes of Nissan GT-R NISMO vehicle development. Includes testing scenes from Nurburgring, Sendai, and France, with interviews and attack lap which marked 7:08.679 at the Ring.
NISSAN GT-R NISMO開発の軌跡を追ったドキュメンタリー。独ニュルブルクリンク、仙台ハイラン­ド、フランスの風洞実験場での開発風景や関係者インタビュー、7:08.679をマー­クしたタイムアタックまで。

Michael Krumm Attacks Nürburgring in a Nissan GT-R NISMO

[Via Nissan Newsroom] Full in-car shot of Michael Krumm, racing driver and NISMO Brand Ambassador, setting record lap time of 7:08.679 at Nürburgring Nordscheleife on the Nissan GT-R NISMO. Audio track includes his own comments.
ミハエル・クルム選手がNISSAN GT-R NISMOを駆りニュルブルクリンクで7:08679をマークした車載動画。本人のコ­メント付。

Nissan UK’s “eVision” 英国日産が取り組む「eVision」

Nissan UK has introduced a new customer relatioship management programme called “eVision”. Nissan is introducing video-walkthroughs of vehicles to be shown to customers before work is performed. Basically it involves mechanics making a quick iPhone video of a customer car, pointing out what needs attention, then e-mailing said video to the customer for review before the work is approved. A “green-yellow-red” scale of repair-necessity will be included along with a cost estimate of the work.

Anyone who’s had a phone call from a mechanic telling you your brake pads/serpentine belt/flux capacitor is “looking pretty worn” would surely appreciate technology like this coming into the main stream. It’s also a win for honest mechanics, who could use this tool to debunk negative stereotypes about their revenue-generating practices.

Why Nissan hasn’t introduced this service in Japan, we have no idea…

車の整備で微妙なのは「壊れてましたから交換しておきました」といった類の、騙されているのか本当なのかがハッキリと確認できない点かもしれません。まぁ、事前に電話をくれる整備工場、交換前の部品を見せて説明してくれるところも、ちゃんとありますけどね。っで、そんな不安は世界共通なようで、イギリスでは日産が新しい取組みをしているんです。

サービス名は「eVision」。整備で入庫した車をメカニックがチェックし、交換推奨部品(グリーン、イエロー、レッドで緊急度の色分けも)はiPhoneで動画撮影。作業前に見積書とともに動画で確認することができるサービスです。明朗会計ってやつでしょうけど、整備に取り掛かるまでの待機時間が増え、工場稼働率が下がるようにも思えますね(笑)。

いずれ日本にも導入されるんですかね、これ?

いくらインターネットが普及しても世の中の基本は人と人のコミュニケーションだと思っています。整備工場との上手い付き合い方も、コミュニケーションだと思うんですけどね、こんな事前動画撮影サービスなんぞなても・・・。世知辛い世の中なんですかねぇ・・・。