タグ別アーカイブ: nismo

【限定発売】NISMO LMGT4 2017年モデル / [Limited release] NISMO LMGT4 for 2017 model

NISMOより新商品の発売です!

第2世代ユーザの方が対象となります。

NISMO LMGT4 2017年モデルは、Super GT300クラス、ニュルブルクリンク24時間レースなどで活躍する「NISSAN GT-R NISMO GT3」に純正装着されるレイズ製鍛造ホイールと同じ、マットタイプ(艶消し)タイプのブラックを新採用。

「NISSAN GT-R NISMO GT3」譲りの立体彫刻マシニングロゴもマットに鈍く輝き、定番のブラックとは一網違う雰囲気を醸し出します。

高剛性アウター&インナーリム、タイヤのズレを防止するローレット加工、そして昨年追加設定され好評を博した10.5Jサイズなど。

ストリートで、サーキットで第2世代GT-Rを更に高次元に引き立てるホイールに仕上がっています。

第2世代、BNR32、BCNR33、BNR34用がそれぞれ用意されています。
nismoロゴがマシニングで、とても印象強くさせてますね。
また、チューナータイプという、特別バージョンも用意されておりこちらはサーキットでの使用を目的としてます。
チューナータイプで、BNR34の場合はZ-tuneが強く推奨されているため、こちらをご希望の方はお気を付けください。

発売期間は、2017年6月8日(木)~7月31日(月)までの注文となっております。
納期は、2017年9月上旬を予定しています。

GTRotaku.com NISMOLMGT4 2017でも販売致します。
期間限定発売となりますので、ぜひこの機会にゲットしてください。

NISMO公式

New product is released from NISMO!
Second generation users are eligible.

The NISMO LMGT4 2017 model is a mat type (matte) type black which is the same as the raise forged wheel genuine installed in “NISSAN GT-R NISMO GT3″ which is active in the Super GT 300 class, Nürburgring 24 hour race etc New adoption.

“NISSAN GT-R NISMO GT3″ conquered three-dimensional sculpture machining logo also glows bluntly in the mat and exudes a different nature from the classic black.

High rigidity outer & inner rim, knurling process to prevent slippage of the tire, and 10.5 J size which was added favorably last year and was well received.

On the street, the circuit is finished in a wheel that brings out the 2nd generation GT-R to a higher dimension further.

For 2nd generation, BNR32, BCNR33, BNR34 are prepared respectively.
The nismO logo is machining, it makes me very impressive.
There is also a special version called Tuner Type, which is intended for use on the circuit.
For tuner type, in case of BNR34 Z – tune is strongly recommended, so please take care if you would like this one.

The release period is ordered from June 8, 2010 (Thursday) to July 31 (Monday), 2017.
Delivery is due in early September 2017.

GTRotaku.com NISMOLMGT 4 2017 will also be on sale.
Because it will be released for a limited time, please get on this opportunity.

NISMO formula

NISMOインタークーラー復刻版 NISMO INTERCOOLER Reprint edition

R32 SKYLINE GT-R
R32 SKYLINE GT-R
R34 SKYLINE GT-R
R34 SKYLINE GT-R

NISMOインタークーラー復刻版

以前、NISMOより販売されていたインタークーラーが2017年2月より復刻版として販売が再開しました。

当時のR32 スカイライン GT-Rのオーナーにとっては定番のインタークーラーで、前面から見えるNISMOロゴは存在感を醸し出していました。

GTRotaku ONLINE SHOPでもNismoインタークーラー復刻版の取り扱いを始めました。

廃盤となり諦めていた方々、この機会に入手を!

Nismo公式

R32 スカイライン GT-R用 NISMOインタークーラー(復刻版)

R33 スカイライン GT-R用 NISMOインタークーラー(復刻版)

R34 スカイライン GT-R用 NISMOインタークーラー(復刻版)

【商品に関するご注意】

・BNR32およびBCNR33に装着する場合、バンパーおよびバンパーレインフォースの切除加工が必要です。
・BNR34の標準バンパー車に装着する場合、バンパーフェイスに若干の加工(ネットを固定するツメの切除)が必要です。
・BNR34に装着する場合、純正ネットの装着は出来ません。また日産純正オプションのインタークーラーエアスポイラーを装着するには、エアスポイラー自体に加工が必要です。

 

NISMO INTERCOOLER Reprint edition

The intercooler sold previously from NISMO resumed as a reprint version from February 2017.

For the owner of the R32 Skyline GT-R at that time, it was a classic intercooler, the NISMO logo seen from the front had a presence.

GTRotaku ONLINE SHOP also began handling Nismo intercooler reprint edition.

People who have been abandoned and gave up, get on this occasion!

Nismo formula

R32 NISMO Intercooler for Skyline GT-R (Reprint Version)

R33 NISMO Intercooler for Skyline GT-R (Reprint Version)

R34 NISMO Intercooler for Skyline GT-R (Reprint Version)

【Notes on products】

· When attaching to BNR 32 and BCNR 33, it is necessary to remove bumper and bumper reinforcement.
· When attaching to a standard bumper car of BNR 34, some processing (removal of claws to fix the net) is required on the bumper face.
· When installing on BNR 34, you can not install genuine net. In addition, to install the Nissan genuine optional intercooler air spoiler, processing on the air spoiler itself is necessary.

A secret document on MY2015 has leaked out! R35 MY2015の情報入手

11月25日に迫った、2015年モデルの日産GT-Rの詳細情報をこっそり入手しました。2015年モデルは2014年モデル以上に、成熟した乗り味を追求したそうです。目指したのはレーシングカーではなく、「プレミアムスポーツ」。

<改良ポイント>
・2014年モデルで見直されたピッチング、2015年モデルではヨーの動きに着目し圧倒的な高速安定性を手に入れている。対ポルシェ911で4倍、対M・ベンツC63AMGで3倍の安定性を誇っている(どういう比較基準なのかは不明)。
・ショックアブソーバーの減衰力特性の変更、ECUのチューニングにより従来よりもコーナリング時にドライバーが狙ったラインを走れる。
・タイヤの材質、内部構造を見直し、路面追従性の向上させたほか、従来よりも路面の凹凸を吸収し、安心感のある走りを実現。
・エンジンやトランスミッションの制御チューニング、トランスアクスルやドライブシャフトなどの構造上の隙を最適化することで、メカニカルノイズや振動を低減。トランスミッションのベアリングは数ミクロン単位でチューニング。
・メカニカルロス削減によりトルクの落ち込みも消え、スムーズな加速を実現。エンジンコンピューターの改良も実施。

<Track edition engineered by nismo>
2014年モデルからガラりと走りの性格が変わった、R35。2015年モデルからは“もっとスポーツカーらしい走り”を求める顧客向けに専用グレードで対応する。
ベース車両:
Black edition
専用装備:
専用ボンディングボディ
専用幅広フロントフェンダー(アウトレットダクト付)
専用サスペンション
専用スタビライザー(フロント、リア、高バネレート)
専用レイズ製アルミ鍛造ホイール
専用タイヤ(DUNLOP SP SPORT MAXX GT600 DSST)

<45周年記念モデル>
Premium editionをベースにR34スカイラインGT-R Mスペックと同じ「シリカブレス」が奢られるほか、室内とエンジンルーム内に専用ナンバープレートが配される限定車(45台)。
11月25日発表、2015年1月上旬オーダー受付開始、2月25日発売。

<グレード展開および発売日程>
Pure edition
Black edition
Premium edition
Track edition engineered by nismo
11月25日発表・発売

<価格帯>
9,477,000(Pure edition?)~11,700,720(Track edition?)円

2014 Nissan GT-R

 

MY2015 Nissan GT-R will be introduced and will be on sale from 25th November. GT-R Otaku has managed to obtain a secret document with detail of the MY2015 GT-R. The new MY2015 is not track focused but aimed at being the “premium sport” and thus became even more comfortable than the MY2014.

<What they have changed>
*With MY2014, Nissan’s engineers looked into lessening of the pitching in ride quality. With MT2015, they looked into the horizontal movement of the ride quality. Nissan claims the stability of the MY2015 GT-R is 4times higher than that of Porsche 911, 3times higher than that of Mercedes Benz C63 AMG… We do not know how Nissan measured the difference…
*The damping of the shock absorbers have been changed and ECU has been remapped accordingly. MY2015 GT-R’s agility has increased a great deal.
*The material as well as the design of the tires have been refined. They not only grip better but absorb unnecessary road information thus providing better ride quality.
*Engine, transmission, trans-axel, driveshaft have all been refined to have less constructional “gaps”. Lessening the gaps has led to less mechanical noise and lessened the friction losses. The bearings of the transmission have been altered by few microns.
*By lessoning of friction losses, acceleration of the MY2015 has improved an ECU has been refined accordingly.

<Track edition engineered by nismo>
From MY2014, the ride and handling of the GT-R has changed drastically. From MY2015, in order to accommodate more demanding customers, Nissan will introduce a new model called “track edition engineered by nismo” based on Black edition.
Features:
Rigid bonding body
Wide front fenders with air outlets
Track edition dedicated suspension
Track edition dedicated front/rear stabilizers with stiffer springs
Track edition dedicated Rays Aluminum forged rims
Track edition dedicated tires (DUNLOP SP SPORT MAXX GT600 DSST)

<45th anniversary model>
Based on Premium editon, 45 of the 45th anniversary will be on sale. The body color will be Silica Breath, same as R34 Skyline GT-R M spec, and will have dedicated anniversary plates in the interior as well as the engine room.
45th Anniversary models will be introduced on 25th November, Nissan will take orders from the beginning of January 2015 and will be sold from 25th February.
<The lineup of MY2015 GT-R>
Pure edition
Black edition
Premium edition
Track edition engineered by nismo

<price range>
9,477,000(Pure edition?)yen ~11,700,720(Track edition?)yen

GT-R Magazine Vol.117 on sale from 31st of May! 5月31日はGT-Rマガジン117号発売日です!

GT-R Magazine Vol.117
On sale from 31st May 2014
Price \1,500
Publisher Kotsu Times Sha
http://www.kotsu-times.jp

The latest issue of GT-R Magazine Vol.117 will feature on ways to prolong the ownership of GT-Rs. We will recommend new ways of modifying GT-Rs, namely “R’s remake”, that are beyond the usual ways of refreshing and tuning. 25 years have passed since the debut of R32 and it is approaching 7th year since the introduction of the current R35. We travel all around Japan and feel GT-R owners’ passion for their cars as well as their wishes to own the car for a very long time. How could you maintain the best condition for your GT-Rs may be of your interest. And we will go further than just restorations.

●The main contents inside “R’s remake”
Modernize BNR32
Ways to fabricate out of production parts
Clever DIY ideas from current owners
Strengthening ignition parts will keep RB26 healthy
The merit of replacing deteriorated wire harness
New ways of setting up your suspension
Evolution of digital sensors continue
Life expectancies of parts and the superiorities of new parts

As announced last month, Vol.117 comes with a DVD titled “The title of fastest R”. This DVD is 130min long and contains fastest GT-Rs in Fuji Speedway and Tsukuba Circuit. The footages are of onboard cameras of tuned GT-Rs, interviews of the tuning shops as well as drivers. We also brought the latest NISMO GT-R to both Fuji Speedway and Tsukuba Circuit and recoded its lap time.

dvd_02

Other contents of GT-R Magazine Vol.117 includes Skyline V37, the opening of R’s Meeting 2014 entries, the latest report on sports wheels and brand philosophies, Super GT 2014 report, GT-R Magazine original R34 steering wheel development etc.

dvd_01

「GT-R Magazine 117号」
5月31日(土)発売
特別価格:1,500円(税込)
発行:(株)交通タイムス社 http://www.kotsu-times.jp 偶数月1日発売

•Ž†

GT-R Magazine最新号(117号)は、GT-Rオーナーならば誰しも気になる「長く乗り続ける」ための手法を特集! 「R’sリメイク」と題した今号の巻頭企画では、従来のリフレッシュやチューニングといった定番メニューとはひと味違う、新しいGT-Rモディファイ術を提案しています。今年でR32がデビューしてから25年、現行モデルのR35も発売から7年目に入りました。毎号、全国各地で取材していると「一生乗り続けたい」という切なる想いを胸に抱くオーナーの方々が日に日に増えていると実感します。今後どうすれば良好なコンディションを保ち続けることができるのか? というのは皆さんにとって永遠のテーマだと思います。元の状態に戻す、すなわちリフレッシュやレストアといった手法の「一歩先を行く」というのが今回の企画のハイライトです。日々進化し続ける技術や新しい発想により、今だからこそ可能なリメイク術。ぜひとも参考にしてください!

●巻頭特集「R’sリメイク」の主なコンテンツ
・ BNR32を現代流に仕立て上げる
・ 製廃パーツを独自に興すという手法
・ 知恵で勝負する現役オーナー流DIY
・ 点火系の強化で衰え知らずのRB26に
・ 劣化したハーネスを引き直すメリット
・ 減衰力セッティングに新たな活路
・ 進化し続けるデジタルセンサーの効能
・ パーツの寿命と最新モデルの優位性

なお、今号には特別付録として前号の巻頭企画を完全映像化した「最速Rの称号」DVDが付いています! 以前にも告知しましたが、収録時間:130分という長編DVDでは、富士スピードウェイと筑波サーキットで取材した「最速R」たちの走りを完全収録! タイムアタック時の鬼気迫るインカー画像はもちろん、各ショップのチューナーが語る最速に賭ける思いやドライバーのインタビューも盛り込みました。また、話題のGT-R NISMOも富士と筑波でタイム計測を実施。いったいどんな記録を打ち出したのか? 本誌と合わせて、特別付録DVDもじっくりとご覧ください!

●GT-R Magazine117号 その他のコンテンツ:史上最悩のスカイライン・V37考察/R’s Meeting 2014・イベントエントリー受け付け開始!/スポーツホイール最前線・最新モデルに見るブランド哲学/スーパーGT 2014レポート・開幕ダッシュを決めるGT-R/R34用・Gマガステアリング第3弾・鋭意開発中! etc.

GT-R NISMO in Black – ブラックのGT-R NISMO

NISSAN have just started delivery of GT-R NISMOs to their customers in Japan.
Currently, 22 GT-R NISMOs have been delivered, and all the cars was build in February and March.
Due to limited production volume and time consuming production process, NISSAN can build only 5 to 10 units a month.
No GT-R NISMO will be made and delivered in April, according to our source.

4月初旬、R35GTRclubさんからお誘いを受け富士スピードウェイへ。
そこに集まっていたのは約10台のGT-R。デリバリーが始まったばかりのGT-R NISMOも3台。
3月から始まったデリバリー。現在まで22台のGT-R NISMOが納車されたそうですが、パーツの供給の遅れから4月は1台も生産される予定がなく、納車もないとのことでした。
ホワイトは過去の記事で写真をご覧いただけますが、ブラックは初めてなのでブラックを中心に紹介します。

当日のほかの写真は、GTRotaku.com公式フェイスブックにて紹介します。そちらもぜひご覧ください。

Andy Palmer can, really, drive! アンディ・パーマー氏は運転がお上手!

Nissan’s Executive Vice President, Andy Palmer never fails to offer media with surprises. At Tokyo Motorshow, back in 2011, he stated “it’s a complete bullshit” on claims that electric automobiles simply transfer emissions from the vehicle’s tailpipe to the countless electricity-generating smokestacks across the globe. Last year, when Toyota 86/Subaru BRZ made their debuts, he called them “mid-life crisis cars” and made headlines… lol

And we applaud him for being so frank. In fact, he is awesome.

He’s an engineer, a business leader and a great driver, too, apparently. When NISMO GT-R was attempting for Nurburgring record lap, Andy drove a lap as well. His time was somewhere in 8minutes range and surprised all the people present.

Nissan just uploaded a video of Andy driving the new NISMO GT-R at Nissan’s test track in Tochigi prefecture. The video shows NISMO GT-R’s chief vehicle engineer explaining of the car and Andy driving… We would have loved to see Andy driving on Nurburgring though.

It’s nice to know that Nissan has car enthusiast as one of their executives!

日産自動車副社長のアンディ・パーマー氏、毒舌家で我々メディアに賑やかな話題を提供してくれる人物です(笑)。2011年、東京モーターショーの囲み取材中(発電所がCO2を排出しているかぎり)EVはCO2排出転嫁をしているだけではないか、という指摘に「it’s a complete bullshit」(英語圏では基本、放送禁止用語:でたらめ、という意味)と発してみたり、トヨタ86/スバルBRZにてついて「中年期の鬱病用」と称してみたり。

でも、凄い人なんです。

エンジニアで経営者で、運転技術もレーシングドライバーも驚くレベル、だと聞いています。なんでもNISMO GT-Rのニュルブルクリンク記録樹立時、実はパーマー氏もステアリングを握って周囲を驚かせるタイムをたたき出したとか。

そんなパーマー氏が栃木のテストコースでNISMO GT-Rのステアリングを握った姿が動画で公開されています。NISMO GT-Rのチーフ・ヴィークル・エンジニアがパーマー氏に説明、という体で撮影された動画ですが・・・、どうせならニュルブルクリンクの走りが見たかったです(笑)。
真面目な話、運転するのがお好きなようで、そんな方が経営陣に居るって知ると嬉しいですよね。