タグ別アーカイブ: Mercedes

Nissan GT-R NISMO GT500 uses Mercedes AMG Petronas’ wind tunnel? 日産GT-RニスモGT500はメルセデスAMGペトロナスの風洞施設でテスト?

Japan’s Super GT has changed its regualtions for 2014. GT500 machines are in accordance with DTM regulations having uniform monocoque tubs, made by Toray Carbon Magic, uniform suspensions and all cars to be built with left hand drive. The engines are regulated to be 4l V8 in DTM but Super GT500 will be 2l straight 4 turbo and engines are to be developed uniquely. In DTM, engines are all mounted in the front but Super GT allows midship as seen on Honda NSX Concept-GT. Honda NSX Concept-GT might have the advantage over other machines as it is a hybrid.

According to our sources, the new 2l turbo engines are so powerful that Lexus and Nissan are having troubles with their propeller shafts. There was a joint test held by all three competitors and Honda has its machine catching fire, apprently.

We have also heard that Nissan GT-R NISMO GT500 uses Mercedes AMG Petronas’ wind tunnel for its aerodynamics. Nissan and Mercedes-Benz signed an alliance so we wouldn’t be so surprised. I, personally, think using Red Bull Racing’s facility would have caught more attention but… may be the wind tunnel at Mercedes AMG Petronas is better.

)

スーパーGT選手権のGT500はドイツツーリングカー選手権(DTM)と車両規定が統一されました。共通モノコック(トーレカーボンマジック製)の採用、共通のサスペンション全車左ハンドル化などが予定されていますが、搭載されるエンジンはDTMが自然吸気4.0L V8であるのに対し、従来通りスーパーフォーミュラ(旧フォーミュラ・ニッポン)と基本設計が共通の2.0L 直4 直噴ターボエンジンで独自開発が認められています。加えてそのエンジンの搭載位置も、DTMがフロントのみであるのに対し、ミッドシップも認められてホンダはNSX CONCEPT-GTを投入。NSX CONCEPT-GTはハイブリッドですから有利ですよねぇ。

GT-R Otakuが仕入れた情報によると新しいターボエンジンは強烈らしく、レクサスや日産はプロペラシャフトがテストではよく壊れているそうです。まぁ、合同テストではホンダの車両が燃えたという「噂」ですけどね・・・。

また、日産GT-R NISMO GT500はメルセデスAMGペトロナスの風洞施設で空力開発を行っているとか・・・。日産とメルセデスベンツは資本・業務提携を結んでいますからねぇ、まんざらでもないんでしょう。まぁ、個人的にはINFINITIがスポンサーしているRED BULLレーシングのほうがインパクトはあったと思いますけど・・・、風洞施設が優れているのはメルセデスAMGペトロナスってことでしょうか?(笑)。

R35 is being compared against the new SLC AMG?! R35はSLC AMGのテスト車両比較対象?!

We don’t know whether the Mercedes/AMG SLC will act as a replacement for the SLS AMG or take a spot right under it in Mercedes’ sports car lineup. What we have heard about the SLC, is that it will ride on a modified version of the SLS’s front-mid-engine platform, and will have an entry-level price of around $100,000, or about half the cost of the SLS.

The prototype of the SLC that’s pictured here driving on and around the Nürburgring track is still wrapped in silky black tape. Aside from the obvious choice that is the Porsche 911 series, Stuttgart is also eyeing the Nissan GT-R as we can see on the scoop photos featured on Carscoops, if not for its looks, it’s undisputed performance credentials for sure.

Codenamed C190, the SLC is rumored to have up to three turbocharged V8 powerplants delivering up to 600 horses, with an entry level turbocharged V6 also being considered. The SLC is likely to arrive in the market within the next two years.

mb-sls-amg-1
SLS AMGの弟分となるのか、後継車となるのか定かではないSLC AMGですが、開発自体は着々と進んでいるようです。SLSのプラットホームを用いて、1000万円クラスの車両になる、という情報だけは漏れ伝わっているのですが、正式なところは何も分かりません。

また、漏れ伝わっている情報はSLC(コードネームC190)は3タイプのV8ターボエンジン(最強モデルは600ps 程度)が用意され、エントリーモデルのみV6ターボエンジンを搭載するそうです。写真を見るかぎりガルウィングではなさそうですから、やっぱり弟分なのかなぁ?

っで、ニュルブルクリンクで激写されたSLCのテスト車両をCarscoopsが取り上げているんですが、テスト比較にはR35を投入したようです。高級スポーツカーの世界は性能だけではなく、高級感だけではなく、コストパフォーマンスだけでもありませんけど・・・、やっぱりR35はAMGでさえも気になる存在であることは間違いなさそうです!

もっと写真を見るにはコチラ