タグ別アーカイブ: Magazine

GT-R Magazine Vol.118 is on sale from 1st August! GT-RマガジンVol.118は8月1日発売

GT-R Magazine Vol.118
On sale from 1st August 2014
Price: 1300 yen
Publisher: Kotsu Times Sha http://www.kotsu-times.jp

GT-R Magazine Vol.118 will feature on R32 GT-R(BNR32) as it will turn 25 years old on the 21st of August. Chikara Kitabatake, a photographer, shot the R32 for a cover page 20 years ago when the very first GT-R Magazine came out and he shot it again. What we focused was to shoot the original (unmodified) R32 with backgrounds that never were 25 years ago. All the shots were taken in Tokyo and some of you may notice exactly where. What surprised us is that BNR32 still looks fabulous even after a quarter of a century. Enjoy looking at these beautiful pictures and reminiscent on the day BNR32 made its debut. On the side note, this particular BNR32 belongs to Kozo Wantanabe, a man in charge of testing BNR32, and is the only BNR32 colored in the factory original green.

As for the special feature, we have interviewed men behind the development of R32 Skyline. Those men were Shurei Ito, a product manager then and Hiroshi Tamura, a product manager’s right hand man then. We have also interviewed the designer of an R32, Hidetoshi Nishiizumi, chief engineer of chassis design who put in a lot of work for ATESA E-TS, Toshiro Matsda and Seiji Nagakura who was in charge of product assessment.

Our regular feature of “BNR32 project” being looked after at NISMO Omori Factory is nearly coming to a completion. The engine has been installed and is now drivable. We will soon find out the full extent of an R32 which has been refreshed by the works team.

In the last issue, we attached a DVD and with this issue, we are giving away a free GT-R Magazine original sticker. There is an amazing story behind this sticker and we shall soon reveal it in our official blog. http://www.kotsu-times.jp/gtrmag/

●Other contents are of R’s meeting 2014 guide, including “we shall aim for world record”/ GT-R&NSX Tokyo-Hokkaidou long touring/ R32, R33, R34, R35 staff car diaries/ Super GT 2014 & report on Nurburgring 24hours etc.

•Ž†

「GT-R Magazine 118号」
平成26(2014)年8月1日(金)発売
定価:1,300円(税込)
発行:(株)交通タイムス社 http://www.kotsu-times.jp 偶数月1日発売

GT-R Magazine最新号(118号)は、今年の8月21日で発売から丸25年を迎える「R32GT-R(BNR32)」の特集です! 今号の表紙と巻頭グラビアは、20年前にも本誌創刊号(000号)の表紙を撮っていただいた写真家・北畠主税氏に依頼しました。今回拘ったのは、発売当時そのまま(つまり、フルノーマル)の初期モデル(平成元年式)で、25年前にはなかった風景をバックにカットを撮るという点。ロケ地はすべて東京都内ですが、中にはどの場所かおわかりになる方もいらっしゃると思います。四半世紀の時を経ても、まったく色褪せないBNR32。美しいグラビア写真をご覧いただきながら、25年前の「あの日」に思いを馳せていただければと思います。ちなみに、今回撮影に使用した車両はBNR32の実験主担を務めた、皆さんご存じ「渡邉衡三」氏の愛車です(世界に一台しかない、幻の純正グリーン色!)。

特集企画の内容ですが、今回はR32スカイラインの産みの親ともいえる、商品主管「伊藤修令」氏にご登場いただきインタビューを敢行。さらに、その右腕の商品主担として手腕を振るった「田口 浩」氏にもお話しを伺いました。伊藤氏はもちろん、単独では本誌初登場の田口氏が語る「裏話」も大変興味深い内容です。また、R32のデザイナーを務めた「西泉秀俊」氏、アテーサE-TSの開発に尽力されたシャシー設計部・主任技師「松田俊郎」氏、商品性評価を担当した車担「長倉靖二」氏など、R32の開発には欠かせないキーマンに、当時の苦労など貴重なエピソードをお聞きしています。また、R32といえば外せない「グループA」に関しても、今まではあまりスポットが当てられなかった「プロトタイプ」を取り上げています。さらに、本誌で連載中の『NISMO大森ファクトリー』が手掛ける「BNR32プロジェクト」もいよいよ佳境を迎えました! 今回はついにエンジンが搭載され、走り出せる状態まで完成。ワークスが手掛ける「新世代のR32」、その見事な仕上がりは誌面にて!

さて、今号には前号のDVDに続き特別付録をご用意しました。「R32生誕25周年」を祝し本誌オリジナルのステッカーを製作。最新号の118号に綴じ込んであります。そのステッカーですが、じつはその誕生に凄い逸話が……!? 詳しくは、近日中にGT-R Magazineのブログ(http://www.kotsu-times.jp/gtrmag/)でご紹介いたします!

●GT-R Magazine118号 その他のコンテンツ: R’s Meeting 2014 イベントガイド「今年は世界記録に挑戦!」/一時代を築いた名車 GT-R×NSX 東京〜北海道ロングツーリング/スタッフカーの日常をレポート R32・R33・R34・R35運行日誌/スーパーGT 2014&ニュル24時間レポート etc.

GT-R Magazine Vol.117 on sale from 31st of May! 5月31日はGT-Rマガジン117号発売日です!

GT-R Magazine Vol.117
On sale from 31st May 2014
Price \1,500
Publisher Kotsu Times Sha
http://www.kotsu-times.jp

The latest issue of GT-R Magazine Vol.117 will feature on ways to prolong the ownership of GT-Rs. We will recommend new ways of modifying GT-Rs, namely “R’s remake”, that are beyond the usual ways of refreshing and tuning. 25 years have passed since the debut of R32 and it is approaching 7th year since the introduction of the current R35. We travel all around Japan and feel GT-R owners’ passion for their cars as well as their wishes to own the car for a very long time. How could you maintain the best condition for your GT-Rs may be of your interest. And we will go further than just restorations.

●The main contents inside “R’s remake”
Modernize BNR32
Ways to fabricate out of production parts
Clever DIY ideas from current owners
Strengthening ignition parts will keep RB26 healthy
The merit of replacing deteriorated wire harness
New ways of setting up your suspension
Evolution of digital sensors continue
Life expectancies of parts and the superiorities of new parts

As announced last month, Vol.117 comes with a DVD titled “The title of fastest R”. This DVD is 130min long and contains fastest GT-Rs in Fuji Speedway and Tsukuba Circuit. The footages are of onboard cameras of tuned GT-Rs, interviews of the tuning shops as well as drivers. We also brought the latest NISMO GT-R to both Fuji Speedway and Tsukuba Circuit and recoded its lap time.

dvd_02

Other contents of GT-R Magazine Vol.117 includes Skyline V37, the opening of R’s Meeting 2014 entries, the latest report on sports wheels and brand philosophies, Super GT 2014 report, GT-R Magazine original R34 steering wheel development etc.

dvd_01

「GT-R Magazine 117号」
5月31日(土)発売
特別価格:1,500円(税込)
発行:(株)交通タイムス社 http://www.kotsu-times.jp 偶数月1日発売

•Ž†

GT-R Magazine最新号(117号)は、GT-Rオーナーならば誰しも気になる「長く乗り続ける」ための手法を特集! 「R’sリメイク」と題した今号の巻頭企画では、従来のリフレッシュやチューニングといった定番メニューとはひと味違う、新しいGT-Rモディファイ術を提案しています。今年でR32がデビューしてから25年、現行モデルのR35も発売から7年目に入りました。毎号、全国各地で取材していると「一生乗り続けたい」という切なる想いを胸に抱くオーナーの方々が日に日に増えていると実感します。今後どうすれば良好なコンディションを保ち続けることができるのか? というのは皆さんにとって永遠のテーマだと思います。元の状態に戻す、すなわちリフレッシュやレストアといった手法の「一歩先を行く」というのが今回の企画のハイライトです。日々進化し続ける技術や新しい発想により、今だからこそ可能なリメイク術。ぜひとも参考にしてください!

●巻頭特集「R’sリメイク」の主なコンテンツ
・ BNR32を現代流に仕立て上げる
・ 製廃パーツを独自に興すという手法
・ 知恵で勝負する現役オーナー流DIY
・ 点火系の強化で衰え知らずのRB26に
・ 劣化したハーネスを引き直すメリット
・ 減衰力セッティングに新たな活路
・ 進化し続けるデジタルセンサーの効能
・ パーツの寿命と最新モデルの優位性

なお、今号には特別付録として前号の巻頭企画を完全映像化した「最速Rの称号」DVDが付いています! 以前にも告知しましたが、収録時間:130分という長編DVDでは、富士スピードウェイと筑波サーキットで取材した「最速R」たちの走りを完全収録! タイムアタック時の鬼気迫るインカー画像はもちろん、各ショップのチューナーが語る最速に賭ける思いやドライバーのインタビューも盛り込みました。また、話題のGT-R NISMOも富士と筑波でタイム計測を実施。いったいどんな記録を打ち出したのか? 本誌と合わせて、特別付録DVDもじっくりとご覧ください!

●GT-R Magazine117号 その他のコンテンツ:史上最悩のスカイライン・V37考察/R’s Meeting 2014・イベントエントリー受け付け開始!/スポーツホイール最前線・最新モデルに見るブランド哲学/スーパーGT 2014レポート・開幕ダッシュを決めるGT-R/R34用・Gマガステアリング第3弾・鋭意開発中! etc.

The latest Porsche 911 Turbo beats 2014 Nissan GT-R in every aspect? 最新のポルシェ911ターボはMY2014GT-Rにあらゆる面で勝る?

CAR Magazine recently released a video featuring 2014 Nissan GT-R and Porsche 911 Turbo (991). When Nissan GT-R was introduced, they did the same comparison against Porsche 911 Turbo (997) and GT-R was quicker than 911 turbo in almost every stage. Nissan’s official figure for 0-62mph(100km/h) acceleration for the GT-R is 2.8 seconds and Porsche Turbo is 3.1 seconds. But in the video, GT-R lost against 911 Turbo… At a circuit, GT-R lost against the latest Turbo, too… But the crew at CAR Magazine concluded the video by hinting the real battle will be with NISMO GT-R. Yes, we understand that MY 2014 has become more refined and comfortable with it becoming more of a Grand Touring machine. But one of the biggest selling point was how “reasonable” the price had been set with comparison to Porsche 911 Turbo. Porsche, on the other hand, must’ve been so annoyed with the introduction of R35 and it is not hard to imagine that they would have worked so hard not to lose against GT-R. CAR Magazine is hinting a battle of NISMO GT-R and Porsche Turbo in the future. What catches our attention is the fact that NISMO GT-R has, actually, been priced slightly above Porsche Turbo… Even if NISMO GT-R turns out faster than Porsche Turbo… would you really be impressed? Well…  We shall soon find out イギリスのCAR Magazineが MY2014日産GT-Rと最新のポルシェ911ターボ対決の模様をYouTubeにアップしていました。R35デビュー時には旧型911ターボ対決をしたそうですが、その際は全ての対決項目で勝利!ところが最新版では・・・、GT-Rの全敗です。 メーカー公表の0→100㎞/h加速において日産GT-Rは最新の911ターボよりも速いはずなんですが・・・、負けてしまいます。サーキットバトルにおいても、ウェイトハンデ(911ターボよりも140㎏重たい)のせいか、負けてしまいます。 GT-Rのセールスポイントのひとつは、ポルシェ911ターボに数値的に勝りながらも価格は圧倒的に安い、ってところにあったと思うんです。ポルシェにしてみたら、どえらい厄介モノが登場したもんだ、と思ったことでしょうねぇ。きっと新型911ターボの開発においては、「絶対GT-Rに負けるな!」って言っていたはずです(笑)。 まぁ、見事、最新911ターボの勝利だったんですが、NISMO GT-Rなら結果は違うかも、なーんて思わせぶりなコメントで締めくくっています。っで、気になるのが、NISMO GT-Rの価格設定です。アメリカではポルシェ911ターボよりも、ほんの少し高い設定です。今までの抜群のコストパフォーマンスからの脱却なんでしょうけど、スポーツカーバイヤーにはどのように受け入れられるんでしょうねぇ?たとえ911ターボに勝ったとしても、消費者にどれだけ響くのか・・・。近いうちに答えが見えてくることでしょう。