タグ別アーカイブ: bnr34

【限定発売】NISMO LMGT4 2017年モデル / [Limited release] NISMO LMGT4 for 2017 model

NISMOより新商品の発売です!

第2世代ユーザの方が対象となります。

NISMO LMGT4 2017年モデルは、Super GT300クラス、ニュルブルクリンク24時間レースなどで活躍する「NISSAN GT-R NISMO GT3」に純正装着されるレイズ製鍛造ホイールと同じ、マットタイプ(艶消し)タイプのブラックを新採用。

「NISSAN GT-R NISMO GT3」譲りの立体彫刻マシニングロゴもマットに鈍く輝き、定番のブラックとは一網違う雰囲気を醸し出します。

高剛性アウター&インナーリム、タイヤのズレを防止するローレット加工、そして昨年追加設定され好評を博した10.5Jサイズなど。

ストリートで、サーキットで第2世代GT-Rを更に高次元に引き立てるホイールに仕上がっています。

第2世代、BNR32、BCNR33、BNR34用がそれぞれ用意されています。
nismoロゴがマシニングで、とても印象強くさせてますね。
また、チューナータイプという、特別バージョンも用意されておりこちらはサーキットでの使用を目的としてます。
チューナータイプで、BNR34の場合はZ-tuneが強く推奨されているため、こちらをご希望の方はお気を付けください。

発売期間は、2017年6月8日(木)~7月31日(月)までの注文となっております。
納期は、2017年9月上旬を予定しています。

GTRotaku.com NISMOLMGT4 2017でも販売致します。
期間限定発売となりますので、ぜひこの機会にゲットしてください。

NISMO公式

New product is released from NISMO!
Second generation users are eligible.

The NISMO LMGT4 2017 model is a mat type (matte) type black which is the same as the raise forged wheel genuine installed in “NISSAN GT-R NISMO GT3″ which is active in the Super GT 300 class, Nürburgring 24 hour race etc New adoption.

“NISSAN GT-R NISMO GT3″ conquered three-dimensional sculpture machining logo also glows bluntly in the mat and exudes a different nature from the classic black.

High rigidity outer & inner rim, knurling process to prevent slippage of the tire, and 10.5 J size which was added favorably last year and was well received.

On the street, the circuit is finished in a wheel that brings out the 2nd generation GT-R to a higher dimension further.

For 2nd generation, BNR32, BCNR33, BNR34 are prepared respectively.
The nismO logo is machining, it makes me very impressive.
There is also a special version called Tuner Type, which is intended for use on the circuit.
For tuner type, in case of BNR34 Z – tune is strongly recommended, so please take care if you would like this one.

The release period is ordered from June 8, 2010 (Thursday) to July 31 (Monday), 2017.
Delivery is due in early September 2017.

GTRotaku.com NISMOLMGT 4 2017 will also be on sale.
Because it will be released for a limited time, please get on this opportunity.

NISMO formula

Nissan Skyline GT-R with a price tag of 1,000,000 Euros?! 日産スカイラインGT-Rが100万ユーロ?!

A German car shop called “GT-A” has Nissan Skyline GT-R of the R34 for sale with a price tag of… whopping 1,000,000 Euros. It is claimed that this particular car was driven by Paul Walker’s Brian O’Conner character from the Fast and the Furious movie franchise used in the fourth film.
ドイツのGT-Aなるショップ、日産スカイラインGT-Rを100万ユーロで販売しているんです。なんでもワイルドスピード4でポール・ウォーカー演じるブラアン・コナーが運転したもの、と謳われています。

This, also, is an R34 which starred in Fast and Furious 4…
でも、これもワイルドスピード4に登場していました・・・

It is a replica of GT-R made from GT-S.
これはスカイラインGT-SベースのGT-Rレプリカ

This , also, is an R34 which starred in Fast and Furious 4…
でも、これもワイルドスピード4に登場していました・・・


It is a replica , used for stunts, of GT-R made from… god knows what and carries a VW bug engine.
これは何がベースか分かりませんがスタント用でVWビートルのエンジン搭載。

After a bit of Googling, there seems to be 7 R34s/R34 replicas used in the shoot of Fast and Furious 4… Would you still pay 1,000,000 Euros for this GT-R?
ググった結果、どうやらワイルドスピード4の撮影には7台(数台は既に廃車?)のスカイラインGT-R/GT-Rもどきが用いられてそうで・・・、それでもスカイラインGT-Rに100万ユーロの値がついてしまうんでしょうかねぇ?

May you rest in peace, Paul Walker. 安らかにお眠りください、ポール・ウォーカー

The team behind Universal’s successful “Fast & Furious” film franchise has released a heart-tugging video aptly titled “A Tribute to Paul Walker” following a crash in a Porsche Carrera GT driven by his friend Roger Rodas.

The two-minute video contains scenes of Walker from the Fast and Furious films he played with Skylar Grey’s I’m Coming Home heard in the background.

On the YouTube page there’s a note that reads:
“Paul Walker’s family appreciates the outpouring of love and goodwill from his many fans and friends. They have asked, in lieu of flowers or other gifts, that donations please be made to Paul’s charity Reach Out Worldwide (ROWW). Donations can easily be made through their website at www.ROWW.org.”

In the meantime, Universal said on Wednesday that it has shut down production of the seventh film of the series for an indefinite period.
RIP, both Paul and Roger.

多分、多くの方はご存じなかったでしょうが映画「ワイルドスピード」、実はユニバーサルスタジオ最大のヒット作なんです。シリーズ7作目にも取り組んでいたようですが主演の一人、ポール・ウォーカーが亡くなったことで撮影は一時凍結が発表されました。
そもそもは車好き向けに作られたものでしたが、意外と計算された内容なんです。

・ゲーム(グランツーリスモ)
・車
・家族愛
・友情
・義理人情

白人のみならずヒスパニック系、アジア系へのウケもしっかり狙っているんです。実際、ワイルドスピードを観に来るお客さんはヒスパニック系が多かった、と聞いています。

もとい。

ポール・ウォーカーへ捧げるトリビュート、という題名でワイルドスピード製作陣が動画を作ったようです。YouTubeには親族が多くのファンからの温かいメッセージに感謝の言葉が記されていると同時に「花やギフトを贈って頂くのであれば、ポール・ウォーカー創設のチャリティファンド、“リーチアウトワールドワイド” www.ROWW.orgへの募金に替えて頂ければ幸いです」との要望も。

ポール・ウォーカーはチャリティに熱心で事故当日も、フィリピンのハリケーン被害へのチャリティ・カー・イベントに参加していたんです。早過ぎる死、惜しまれる死です。ご冥福をお祈りします。

なお、GT-R Otakuではこのような追悼の会を催す予定です。
https://www.facebook.com/events/185178715017472/