タグ別アーカイブ: 2014

HKS Technical Factory GTR35 Details. HKSテクニカルファクトリー R35 GT-R

HKS Technical Factory’s GTR35 has HKS GT1000 kit in its engine bay and Varis full bodykit all round exterior.
Its specifications are exactly the same as HKS Premium Day, but we had incredible result at this time attack and photo shooting session for GT-R Magazine held at Fuji Speedway on 6th March 2014.

HKSテクニカルファクトリーのR35 GT-Rは先日のHKSプレミアムデイで披露された仕様と同一で、VarisのフルエアロにHKS GT1000キットがベースとなったもの。しかしながらGT-Rマガジンの富士スピードウェイでのロケ当日には、谷口信輝選手のドライブにより驚きの結果を導き出しました。
詳細は2014年4月1日発売のGT-Rマガジンをお楽しみに。

HKS GT1000plus GTR35 Details

HKS’s brand new flagship demo car “HKS GT1000plus GTR35”. GT-R Magazine carried out comparison of the lap time between the standard-based front bodykit and HKS GT1000plus special front bodykit at Fuji Speedway.

1月のHKSプレミアムデイでお披露目されたHKSのフラッグシップデモカー「GT1000プラス R35 GT-R」。GT-Rマガジンの取材では、フロントバンパーとフロントフェンダーをノーマルベースの物の状態と、専用のエアロに交換した状態とでのラップタイムの比較を実施。
詳細はGT-Rマガジン2014年4月1日発売号で。

Auto Gallery Yokohama GTR34 Details

Auto Gallery Yokohama’s GTR34 looks very plain seeing from outside, but has massive HKS T51R SPL turbocharger under the bonnet hood.

オートギャラリー横浜のR34 GT-Rは、外見こそよくあるチューンドGT-Rといった感じですが、ボンネットを開けるとフルチューンエンジンが。ターボチャージャーはHKS T51R SPL。富士スピードウェイを1分44秒台でラップしていました。
この車両の詳細については、2014年4月1日発売のGT-Rマガジンにて紹介される予定です。

ATTKD GTR32 Details – オーテックツカダ R32 GT-R

Autech Tsukada (ATTKD)’s GTR32 laps Fuji Speedway around 1’42 at the latest measurement.
The detailed story will be featured on the forthcoming GT-R Magazine in April 2014.

オーテックツカダのR32 GT-Rは富士スピードウェイを1分42秒程度でラップします。
この車両の詳細については、2014年4月1日発売のGT-Rマガジンにて紹介される予定です。

INFINITI Q50 Eau Rouge – The Skyline GT-R Saloon

INFINITI Q50 is officiall called “NISSAN SKYLINE” in Japan.
So now we can say SKYLINE GT-R is back!
Our GTRotaku editorial team misses SKYLINE GT-Rs.
インフィニティQ50は、日本市場ではスカイラインとして販売されているのは皆さんご存知のとおりです。
そういう面からも、この車はあの「スカイラインGT-R」が帰ってきた、と言ってもよいでしょう。
GTRotaku.comはスカイラインGT-Rの復活を願ってやみません。

The latest Porsche 911 Turbo beats 2014 Nissan GT-R in every aspect? 最新のポルシェ911ターボはMY2014GT-Rにあらゆる面で勝る?

CAR Magazine recently released a video featuring 2014 Nissan GT-R and Porsche 911 Turbo (991). When Nissan GT-R was introduced, they did the same comparison against Porsche 911 Turbo (997) and GT-R was quicker than 911 turbo in almost every stage. Nissan’s official figure for 0-62mph(100km/h) acceleration for the GT-R is 2.8 seconds and Porsche Turbo is 3.1 seconds. But in the video, GT-R lost against 911 Turbo… At a circuit, GT-R lost against the latest Turbo, too… But the crew at CAR Magazine concluded the video by hinting the real battle will be with NISMO GT-R. Yes, we understand that MY 2014 has become more refined and comfortable with it becoming more of a Grand Touring machine. But one of the biggest selling point was how “reasonable” the price had been set with comparison to Porsche 911 Turbo. Porsche, on the other hand, must’ve been so annoyed with the introduction of R35 and it is not hard to imagine that they would have worked so hard not to lose against GT-R. CAR Magazine is hinting a battle of NISMO GT-R and Porsche Turbo in the future. What catches our attention is the fact that NISMO GT-R has, actually, been priced slightly above Porsche Turbo… Even if NISMO GT-R turns out faster than Porsche Turbo… would you really be impressed? Well…  We shall soon find out イギリスのCAR Magazineが MY2014日産GT-Rと最新のポルシェ911ターボ対決の模様をYouTubeにアップしていました。R35デビュー時には旧型911ターボ対決をしたそうですが、その際は全ての対決項目で勝利!ところが最新版では・・・、GT-Rの全敗です。 メーカー公表の0→100㎞/h加速において日産GT-Rは最新の911ターボよりも速いはずなんですが・・・、負けてしまいます。サーキットバトルにおいても、ウェイトハンデ(911ターボよりも140㎏重たい)のせいか、負けてしまいます。 GT-Rのセールスポイントのひとつは、ポルシェ911ターボに数値的に勝りながらも価格は圧倒的に安い、ってところにあったと思うんです。ポルシェにしてみたら、どえらい厄介モノが登場したもんだ、と思ったことでしょうねぇ。きっと新型911ターボの開発においては、「絶対GT-Rに負けるな!」って言っていたはずです(笑)。 まぁ、見事、最新911ターボの勝利だったんですが、NISMO GT-Rなら結果は違うかも、なーんて思わせぶりなコメントで締めくくっています。っで、気になるのが、NISMO GT-Rの価格設定です。アメリカではポルシェ911ターボよりも、ほんの少し高い設定です。今までの抜群のコストパフォーマンスからの脱却なんでしょうけど、スポーツカーバイヤーにはどのように受け入れられるんでしょうねぇ?たとえ911ターボに勝ったとしても、消費者にどれだけ響くのか・・・。近いうちに答えが見えてくることでしょう。