タグ別アーカイブ: 日産

1200ps GT-R reached 323.2km/h… you will be surprised to read more. 1200㎰のGT-Rが323.2km/hに到達・・・、もっと読めば驚きます!

1200psのR35で区間平均スピード323.2㎞/h達成!って書いたところで、驚く方はそう多くないかもしれません。でも、全盲のドライバーがこの記録を樹立したんです。はい、ビックリ仰天は話です!
An R35 that has been modified to 1200ps managed to average 323.2km/h… Yes, sure. Not surprising at all, is it? Well… until you hear that the record was achieved by a blind man!

イギリス人元銀行員(なんで、こう書かれるのか分かりませんが、いつもこの方の紹介にはこの肩書きが付きまとっています)のマイク・ニューマン氏、実は昨年、ポルシェ911ターボで区間平均スピード299.3㎞/hという偉業を成し遂げています。
Mike Newman, an ex-bank manager… I don’t know why he is always introduced as “an ex-bank manager” but all the media coverage do so… set a record of 299.3km/h last year with a Porsche 911 Turbo.

この時点で全盲者による世界最速記録を樹立していますから、今年は自らの記録に挑戦したわけです。本人としては時速200マイル(320㎞/h)の壁を越えたかったようです・・・。イギリス・エルヴィントン飛行場の2.9㎞におよぶ滑走路を使い2回走行。その平均スピードが323.2㎞/hだったんです。
At that point, he has set the world’s fastest blind driver record but he challenged himself, probably wanting to break the 200mph barrier. Newman used the Elvington Airfield and its 1.8-mile (2.9 km) runway where he was required to perform back to back runs. At the end of the two runs, his speed was averaged to a new record of 200.9 mph (323.2 km/h).

最高速トライアルって決してアクセルを踏むだけではありません。路面は一定ではありませんし、細かなステアリング修正も必要です。目をつむって運転することを想像しただけで、ゾッとします。ニューマン氏の最高速チャレンジは挑戦車両に加えて、すぐ後ろをナビゲーター車両が追随。義父が無線で細かな指示を出し、それに従ってニューマン氏は運転しているそうです。

ニューマン氏、Speed of Sightという身体障害者のためのモータースポーツ団体を主宰しており、その活動のアピール、またハンディキャップを克服するチャレンジ精神を見せつけてくれました。ちなみに2011年には全盲者による水上最速記録樹立・・・
Newman keeps breaking the blind land speed record in order to promote the organization, Speed of Sight. This charity makes it possible for people with disabilities to experience the thrill of driving a car around a race track. In addition to land speed records, the Speed of Sight website also says Newman has set a water speed record

コパイロットが搭乗していたとはいえ、全盲者初の飛行機での宙返り26回・・・。いやはや、バイタリティ溢れるアドレナリンジャンキーです(笑)。
Newman, also, did acrobatic vertical loops (aka, loop-the-loops). He is a brave… one heck of an adrenaline junky! lol

GT-Rについての情報はチューナー、Litchfieldのサイトをご覧ください。
For more information on this particular GT-R, head over to Litchfield

Easiest way to make your R35 look as MY14 is…to change headlights and tail lamps! R35を手っ取り早くMY14に見せる方法はヘッドライトとテールランプの交換!

Distinctive difference between MY14 and the rest are the headlights as well as tail lamps.
Parts No. are as listed below:
<Headlights>
26010-62B0A 195,195yen
26060-62B0A 195,195yen
<Tail lamps>
26550-62B0A 71,610yen
26555-62B0A 71,610yen
No work is necessary for the change of headlights and tail lamps.

As of 28th Nov, Nissan has appx 15 orders for GT-R Nismo and appx 80 orders for MY14.

Here you can purchase the headlight and tail lamp at GTRotaku.com online store.
Link: MY2014 GT-R用LED

image
MY14とほかのR35の見分け方は・・・、ヘッドライトとテールランプです。というわけで、どこよりも誰よりも早くパーツナンバーと値段を大公開!
<ヘッドライト>
26010-62B0A 195,195円
26060-62B0A 195,195円
<テールランプ>
26550-62B0A 71,610円
26555-62B0A 71,610円
なお、取り付けには特殊な加工は必要としない、とのことです。

GTRotaku.comオンラインストアからこのヘッドライトとテールランプを購入することができます。
Link: MY2014 GT-R用LED

11月28日現在、GT-R Nismoは約15台、MY14は約80台の受注しているようです。

Nissan UK’s “eVision” 英国日産が取り組む「eVision」

Nissan UK has introduced a new customer relatioship management programme called “eVision”. Nissan is introducing video-walkthroughs of vehicles to be shown to customers before work is performed. Basically it involves mechanics making a quick iPhone video of a customer car, pointing out what needs attention, then e-mailing said video to the customer for review before the work is approved. A “green-yellow-red” scale of repair-necessity will be included along with a cost estimate of the work.

Anyone who’s had a phone call from a mechanic telling you your brake pads/serpentine belt/flux capacitor is “looking pretty worn” would surely appreciate technology like this coming into the main stream. It’s also a win for honest mechanics, who could use this tool to debunk negative stereotypes about their revenue-generating practices.

Why Nissan hasn’t introduced this service in Japan, we have no idea…

車の整備で微妙なのは「壊れてましたから交換しておきました」といった類の、騙されているのか本当なのかがハッキリと確認できない点かもしれません。まぁ、事前に電話をくれる整備工場、交換前の部品を見せて説明してくれるところも、ちゃんとありますけどね。っで、そんな不安は世界共通なようで、イギリスでは日産が新しい取組みをしているんです。

サービス名は「eVision」。整備で入庫した車をメカニックがチェックし、交換推奨部品(グリーン、イエロー、レッドで緊急度の色分けも)はiPhoneで動画撮影。作業前に見積書とともに動画で確認することができるサービスです。明朗会計ってやつでしょうけど、整備に取り掛かるまでの待機時間が増え、工場稼働率が下がるようにも思えますね(笑)。

いずれ日本にも導入されるんですかね、これ?

いくらインターネットが普及しても世の中の基本は人と人のコミュニケーションだと思っています。整備工場との上手い付き合い方も、コミュニケーションだと思うんですけどね、こんな事前動画撮影サービスなんぞなても・・・。世知辛い世の中なんですかねぇ・・・。

Nissan Patrol with modified R33 Skyline engine! 日産パトロールにR33の改造エンジンを載せる遊び

The guys from Bijou Motorsport have decided to fit an RB25GET from R33 Skyline into a Nissan Patrol(codenamed Y60 and built between 1987 and 1997)… Not much is known about the builder nor how it came to be, but the author of the videos tells us that the fourth generation Patrol had an engine transplant from a Nissan Skyline (probably the R33). We’re also not aware if the RB25DET engine is stock or not, but data shows that the 2.5-liter turbocharged straight-six produced from 245hp to 276hp (280PS), depending on the version. But it doesn’t sound bad.
Oh they, certainly, know how to have fun!

Well then, why do we not search for something else on YouTube, right? And we came across an R33 Skyline GT-R carrying 8.3V10 engine from Dodge Viper along with an R35 GT-R with… Lancer Evolution front bumper! lol

日産パトロールといえば、トヨタランドクルーザーと並んで日本であまり売れない、海外で重宝されているクロスカントリー車の重鎮です。ハッキリ言って、高級ブランドのSUVとは走りの格が違います(笑)。っで、そんなパトロール(Y60型)にR33スカイラインのRB25GETエンジンを搭載したのがブルガリアのBijou Motorsportです。情報はごくわずかしかなく、謎めいていますが、とにかく楽しそうです。

ならば、とエンジンスワップを検索していて出くわしたのがR33GT-Rにダッジバイパーのエンジンを搭載した、SKYPER!フェアレディZにGT-Rのエンジンとか・・・、よくあるパターンなので割愛します(笑)。

Skyper 8.3lV10

そしてR35に三菱ランサーエボリューションのバンパーを仮止めした車

R35 with Lancer Evolution bumper?!

いやはや、世の中いろんな遊びがあるものです。

Nissan had already gotten the trade marks of “R Hybrid” registered in Japan back in June. 6月には日産が登録していた「R Hybrid」の商標

We have brought you a story on the possible addition of a hybrid model in the lineup of GT-R day before yesterday. The trade marks have been registered in the US but I didn’t bother checking our own, Japanese registration. As one of GT-R Otaku memeber, Shin-san, pointed out to me, Nissan had submitted registrations of “R Hybird” as well as “PURE DRIVE R HYBRID” in the beginning of this year and were granted copy rights to Nissan in June.

r_hybrid2

GT-Rにハイブリッドモデルが投入されるかも、という話題の 続報です。アメリカにおける商標登録だけしかご紹介しませんでしたが、実は日本の特許庁にも「PURE DRIVE R HYBRID」ならびに「R HYRBID」はちゃーんと登録されていました。本来、ブログ執筆時に確認すべきでしたが、GT-R OTAKUのメンバー、SHINさんからの指摘で発覚しました!Many Thanks!

English publications like comparing Audi RS6 against R35?!   イギリスの自動車誌はアウディRS6とR35比較が大好き?!

We have just recently featured an article on the test done by EVO. It was a comparison against Audi RS4 and RS6 at the beginning and ultimately, RS6 vs GT-R. AUTO CAR just released a video featuring on the comparison test between RS6 and GT-R.

Why do English publications think RS6 could be a rival for GT-R? They both point out that GT-R is faster and RS6 is more luxurious… Tell us something we didn’t know! Well, AUTO CAR found out that the brakes on Audi RS6 stops faster from 100mph-0 than GT-R.

Anyway, whenever I see a face of Steve Sutcliff, I always watch this accident…
AUTO CARのスティーブ・サックリフ氏ですが・・・、彼を見るたびに思い出すのが、このジャガーSタイプRの試乗会模様です・・・。

つい先日、イギリスのEVO誌がまずはアウディRS4vsRS6を特集し、勝者であるRS6がGT-Rと対決した動画をご紹介しました。本日は同じくイギリスのAUTO CAR誌が取り上げたRS6とGT-Rの対決モノです。

EVO誌は「負けはしたけどRS6は、しっかりGT-Rに付いて行った」とあまりよく分からない結論でした(笑)。AUTO CARでは加速、横G、ワインディング走行タイム、ブレーキ、内装を比較。加速、横G、ワインディング走行、いずれもGT-Rが勝つんですが、驚いたことにブレーキはRS6の勝ち。重たくて大きい車なのに、凄いですね。

まぁ、内装はRS6に軍配が上がるのはしょうがないでしょう。RS6のほうが高いクルマですし、実用性を兼ね備えた高級スポーツ・ステーションワゴンというポジショニングです。「サスペンションの設定は硬めなのに、内装パーツの擦れる音、軋み音といったノイズはゼロ。とにかく高いクルマに乗っていることを感じさせる」とのことです。

っで、結論ですが、GT-Rのほうが速く走る性能は優秀。そこまでのスポーツ性能を求めない人には、RS6は悪くない選択肢、とのまとめです。

なんとなくですけど・・・、イギリス人はアウディが好きなんでしょうねぇ(笑)。