タグ別アーカイブ: ニュルブルクリンク

NISSAN GT-R NISMO Development Story

[Via Nissan Newsroom] Documentary movie of behind-the-scenes of Nissan GT-R NISMO vehicle development. Includes testing scenes from Nurburgring, Sendai, and France, with interviews and attack lap which marked 7:08.679 at the Ring.
NISSAN GT-R NISMO開発の軌跡を追ったドキュメンタリー。独ニュルブルクリンク、仙台ハイラン­ド、フランスの風洞実験場での開発風景や関係者インタビュー、7:08.679をマー­クしたタイムアタックまで。

Michael Krumm Attacks Nürburgring in a Nissan GT-R NISMO

[Via Nissan Newsroom] Full in-car shot of Michael Krumm, racing driver and NISMO Brand Ambassador, setting record lap time of 7:08.679 at Nürburgring Nordscheleife on the Nissan GT-R NISMO. Audio track includes his own comments.
ミハエル・クルム選手がNISSAN GT-R NISMOを駆りニュルブルクリンクで7:08679をマークした車載動画。本人のコ­メント付。

Nismo GT-R teaser film is out… ニスモGT-Rのティザー動画・・・

Sales of the GT-R NISMO will begin in February in Japan. Leaked information on Car and Driver tells us that the output is up from 545 horsepower and 463 lb-ft to 595 horsepower and “more than” 480 lb-ft. The bumps come courtesy of revised intake and exhaust systems, reworked ignition timing, and larger turbochargers swiped from the GT-R GT3 race car. They say they could have raised the out put more but for the sake of saving the transmission, 595 horse power was their answer. The health of the NISMO powerplant is ensured by a new higher-capacity oil pump.

So, Car and Driver comes up with a teaser info like this… then, we can tell you that Nismo GT-R’s was not able to lap Nurburgring under 7:00… But it did pretty damn good!

2月に始まると言われている、ニスモGT-R。すでにCar and Driver誌がスペックをリークしています。最高出力はノーマルの545psから595psに引き上げられているそうです。吸排気の見直し、点火タイミングの見直し、ターボチャージャーをGT3から流用などで実現。本当はもっと最高出力を高めることも出来たそうですが、トランスミッションを守るために595psで抑えたそうです。もちろん、血液であるエンジンオイルを循環させるオイルポンプも強化。

Car and Driver誌がそこまでリークするなら・・・、ニュルブルクリンクのタイムアタックで7分切りは達成できなかったことだけこっそり、書いておきます。でも、決してガッカリさせられるような数値ではありませんよぉ!

2014-nissan-gt-r-nismo2

 

 

Our souces have informed us…on Nismo GT-R 内部に詳しい人間によるニスモGT-R情報

I dislike this phrase, as it is so lame, but I’m going to use it anyway… “Our sources have informed us” that the time attack at Nurburgring for Nismo GT-R went superbly well. In fact, they have managed to beat all the previousl records held by R35. The time is yet to be revealed at Tokyo Motorshow in November but we heard some other interesting things regarding Nismo GT-R as well.

We cannot, unfortunately, confirm any of the information stated below and we hold no responsibilities for our misrepresentation…

1.Time attack was done by not only Sebastian Buemi but, apparently, Michael Krumm took part as well.
2.Target lap time was 7:10 and it was achieved by Michael Krumm.
3.Nismo will come in three, or less, different specifications just like R34’s S-tune, R-tune and Z-tune.
4.Nismo and Williams focused on aerodynamics of the car and have managed to increase downforce significantly, which led to the successful record beating lap time.

You may believe them, you may laugh them off as rumors. In a month time, truth shall prevail!

Nismo Skyline GT-R Z-tune

内部に詳しい人間によると、ってニュース報道の書き方、凄く嫌いなんですが・・・、使わせて頂きます。内部に詳しい人間によると、ニスモGT-Rのニュルブルクリンクにおけるタイムアタックは好ましい結果となったそうです。R35が今までに刻んだタイムを上回り、晴れて東京モーターショーで世界発表できる、とのことです。また、ニスモGT-Rにまつわる複数の情報もキャッチしていますので、披露させていただきたく存じます。

ただ、いずれの情報もあくまでも伝聞ですので、GT-R Otakuでは一切の責任を負えません(笑)。

1.タイムアタックはセバスチャン・ブエミが行う、と発表されていたが、ミハイル・クルムも参加していた
2.ニュルブルクリンクの目標ラップタイムは7分10秒で、ミハイル・クルムが樹立させた
3.ニスモGT-RはR34スカイラインGT-Rの時のように、S-チューン 、R-チューン、Z-チューンと複数グレード用意される
4.ニスモとウィリアムズが注力したのは空力特性で、前後におけるダウンフォースを従来よりもはるかに高めることで今回のラップタイム樹立に寄与した

噂だと聞き流していただいても結構ですし、信じていただいても結構です。あと1か月後に迫った東京モーターショーにて、すべての事実は明らかになることでしょう。

Time attack footage of Nismo GT-R

Nismo GT-R will be attacking Nurburgring very soon. ニュルでタイムアタックに挑む、ニスモGT-R

According to Autocar Nurburgring track insiders have reported that Nissan has booked exclusive use of the venue for its laps. The current fastest verified time for a Nissan GT-R at the circuit is 7m18.6sec, set by Toshio Suzuki in 2012. That is the ninth fastest time by a road-legal car at the circuit. Former Formula 1 driver Sébastien Buemi is posied to set a new lap record for the Nismo GT-R at the Nurburgring this week.
Head over to Autocar for more detail.

Autocarが報じたところによると、ニュルブルクリンク関係者が今週、日産がコース占有予約をしている、と漏れ伝わっているようです。つまりはニュルブルクリンク・タイムアタックで、間もなく発表されるニスモGT-Rでのタイムアタックでしょう。元F1ドライバー、セバスチャン・ブエミがステアリングを握るようです。現在、日産GT-Rが誇るニュルブルクリンクのタイムは2012年に樹立した7分18.6秒で、公道走行可能な車のなかでは9番目のタイム。現在、開発も最終段階に入っているであろう、ニスモGT-R。スクープ動画の走りを見ても、“オカシナ”くらい路面に食らいついています。ウィリアムズとの共同開発で空力が進歩しているのか、足回りが違うのか、とにかくレーシングカーのような走りをしています。タイム、楽しみですね!

 

MY2014 NISMO GT-R caught on camera! 2014年式ニスモGT-Rがカメラに捕獲された!

Gmotors.co.uk has scoop photos of MY2014 Nismo GT-R! Under this black and white camouflage we can spot an updated front bumper with a new front splitter and revised rear bumper with new vents. The prototype also has the typical six-spoke Nismo alloys wheels and a new big rear spoiler, which was removed for road testing.

Modified 3.8l twin-turbo V6 is expected to produce over 570ps. The GT-R Nismo will also undergo a major weight loss thanks to extensive use of carbon fibre, apparently. The GT-R Nismo is going to debut most likely at the Tokyo Motor Show in November.

For more photos, head over to Gmotors.co.uk

nismogtr01
Gmotors.co.ukが2014年モデルのニスモGT-R開発車両をスクープ。前後バンパー周り、エアアウトレットなどが新しくなっていそうな雰囲気ですね。ニスモ独特のホイールを履いたテスト車両、リアには大型ウィングを装着していますが、公道テストでは取り外しているようです。

3.8lツインターボV6エンジンは最高出力570ps以上で、ニスモGT-Rはカーボンファイバーを多用することで車重軽減を図っている、と噂されています。今秋、東京モーターショーにて正式発表される見通しですが・・・、個人的にはハイブリッドモデルの噂の真偽が気になって気になって、しょーがありません(笑)。0-100km/h加速、世界最速になって欲しいなぁ・・・。

もっと写真を見るにはコチラ

R35 is being compared against the new SLC AMG?! R35はSLC AMGのテスト車両比較対象?!

We don’t know whether the Mercedes/AMG SLC will act as a replacement for the SLS AMG or take a spot right under it in Mercedes’ sports car lineup. What we have heard about the SLC, is that it will ride on a modified version of the SLS’s front-mid-engine platform, and will have an entry-level price of around $100,000, or about half the cost of the SLS.

The prototype of the SLC that’s pictured here driving on and around the Nürburgring track is still wrapped in silky black tape. Aside from the obvious choice that is the Porsche 911 series, Stuttgart is also eyeing the Nissan GT-R as we can see on the scoop photos featured on Carscoops, if not for its looks, it’s undisputed performance credentials for sure.

Codenamed C190, the SLC is rumored to have up to three turbocharged V8 powerplants delivering up to 600 horses, with an entry level turbocharged V6 also being considered. The SLC is likely to arrive in the market within the next two years.

mb-sls-amg-1
SLS AMGの弟分となるのか、後継車となるのか定かではないSLC AMGですが、開発自体は着々と進んでいるようです。SLSのプラットホームを用いて、1000万円クラスの車両になる、という情報だけは漏れ伝わっているのですが、正式なところは何も分かりません。

また、漏れ伝わっている情報はSLC(コードネームC190)は3タイプのV8ターボエンジン(最強モデルは600ps 程度)が用意され、エントリーモデルのみV6ターボエンジンを搭載するそうです。写真を見るかぎりガルウィングではなさそうですから、やっぱり弟分なのかなぁ?

っで、ニュルブルクリンクで激写されたSLCのテスト車両をCarscoopsが取り上げているんですが、テスト比較にはR35を投入したようです。高級スポーツカーの世界は性能だけではなく、高級感だけではなく、コストパフォーマンスだけでもありませんけど・・・、やっぱりR35はAMGでさえも気になる存在であることは間違いなさそうです!

もっと写真を見るにはコチラ