タグ別アーカイブ: ニスモ

Nissan announces 2014 motorsports activities 2014年モータースポーツ活動計画を発表

Nissan Motor Co., Ltd. and Nissan Motorsports International Co., Ltd. announced an outline of its motorsports activities for 2014.

・Entry in the Le Mans 24 Hours (Garage 56) with the world’s fastest electric-powered car, the NISSAN ZEOD RC
・Participation in the GT500 class of the new 2014 SUPER GT series with the NISSAN GT-R NISMO GT500
・Global support with NISSAN GT-R NISMO GT3 for customer racing
・Expanding the Nismo Athlete program

日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区 社長:カルロス・ゴーン 以下、日産)、及び、ニッサン・モータースポーツ・インターナショナル株式会社(本社:神奈川県横浜市鶴見区 社長:宮谷正一 以下、ニスモ)は14日、2014年のモータースポーツ活動概要を発表しました。

・世界最速の電力駆動レーシングカー「NISSAN ZEOD RC」でル・マン24時間レースに出場
・新しい車両規則で開催される2014 SUPER GT GT500クラスへ新型車両「NISSAN GT-R NISMO GT500」で参戦
・「NISSAN GT-R NISMO GT3」でグローバルなレース活動をサポート
・ニスモアスリートのプログラムをさらに拡大

GT-R Nismo Parts Prices Unveiled. GT-R NISMOは部品価格も素敵。

When we peruse through the catalogue of GT-R NISMO, we notice quite a number of “NISMO exclusive” parts.
GT-R NISMOのカタログを見ていると、NISMO専用装備というのがいくつかあります。

NISMO Exclusive carbon front bumper/ under cover
NISMO Exclusive carbon side sill outer protector
NISMO Exclusive rear bumper
NISMO Exclusive rear spoiler
NISMO Exclusive dry carbon trunk lid
NISMO Exclusive Rays forged aluminum wheels
NISMO Exclusive suspension
NISMO Exclusive stabilizer (front/rear with higher spring ratios)
NISMO Exclusive wider front fenders
NISMO Exclusive engine cover
NISMO Exclusive GT3 turbine
NISMO Exclusive fuel pump
NISMO Exclusive high pressure reserve tank
NISMO Exclusive carbon back bucket seats
NISMO Exclusive Alcantara steering wheel (with red center ornament)
NISMO Exclusive carbon-look instrument panel (with NISMO logo and red ring)
NISMO Exclusive carbon cluster finisher (with NISMO emblem)
NISMO Exclusive Dunlop tires

20140203-nismo-parts-04

・NISMO専用カーボン製フロントバンパー/アンダーカバー
・NISMO専用カーボン製サイドシルプロテクター
・NISMO専用カーボン製リヤバンパー
・NISMO専用カーボン製リヤスポイラー
・NISMO専用ドライカーボン製トランクリッド
・NISMO専用レイズ製アルミ鍛造ホイール
・NISMO専用サスペンション
・NISMO専用スタビライザー(フロント・リヤ高バネレート)
・NISMO専用拡幅フロントフェンダー
・NISMO専用エンジンカバー
・NISMO専用GT3タービン
・NISMO専用燃料ポンプ
・NISMO専用加圧式リザーバータンク
・NISMO専用カーボンバックバケットシート
・NISMO専用アルカンターラ巻ステアリング(レッドセンターマーク付)
・NISMO専用カーボン調コンビメーター(nismoロゴ入り、レッドリング付)
・NISMO専用カーボンクラスターフィニッシャー(nismoエンブレム付)
・NISMO専用ダンロップタイヤ

20140203-nismo-parts-06

As of 1st Feb, prices of tires and seats are still not made public but we have found out the rest.
2月1日現在の情報を整理すると、タイヤとシートについては価格がまだ把握できていませんが、それ以外については価格が判明しました。

20140203-nismo-parts-07

It was quite popular to turn R32GT-R into “NISMO-look” but with NISMO GT-R, exterior parts will end up costing almost 7 million yen… If we try to turn an “ordinary” GT-R into a NISMO GT-R, exterior parts as well as hardware will cost just as much as the car.
R32GT-Rで流行したNISMOルックを目指すには、外装だけで約700万円(エアロパーツ、ホイール、ミラーなど)!GT-Rの基準車をベースにNISMOを目指すと、そのほかターボや足回り等々でGT-Rの基準車1台分の費用がかかる計算です。

20140203-nismo-parts-05

We have, further, looked into “NISMO exclusive” parts and found something interesting.
GTRotaku.comではいくつかの「NISMO専用品」について深掘りしてみました。

What caught our attention was the GT3 turbine used in NISMO GT-R. The catalogue says “High capacity integrated turbo built by IHI” and when we checked the parts number… it rang a bell. We dug into our old notebooks and found that the parts number is exactly the same as the ones used in Spec V. So we went to ask our source in IHI and he says “IHI only has one model for this kind of turbo and Subaru(STI’s high end models, we presume) uses the same turbine as well”

20140203-nismo-parts-03
一番気になるのは、NISMO専用GT3タービン。これはカタログにも『IHI製大容量インテグレーテッドターボ』と謳われているのですが、部品番号を見てみると、あれ?どこかで見たような。過去の情報をほじくってみると、やはり、スペックVと同じターボチャージャーであることが分かりました。さらにほじくると、IHI関係者から「IHIのこの手のターボは現在1種類しかないから、スバル用もGTR用も同一品」という仰天コメントが。きっと、スバルインプレッサSTIのS204だかのものと同一なのでしょう。

Shared parts with “Spec V”
Turbo chargers
high pressure reserve tank
Brake air guide (rear)

Shared parts with “Track Edition”
Front fenders

20140203-nismo-parts-02

■スペックVパーツの流用
・ターボチャージャー
・加圧式リザーバータンク
・ブレーキエアガイド(リア)

■クラブトラックエディションパーツの流用
フロントフェンダー

Part No. Part 品名 Price(ex.Tax)
62022-89S2B Facia, Front Bumper フロントバンパーフェイシア JPY 1,430,000
75830-89S0A Cover, Under Engine フロントアンダーカバー JPY 770,000
76850-89S0A Protector, Body Side Sill RH サイドスカート右 JPY 270,000
76851-89S0A Protector, Body Side Sill LH サイドスカート左 JPY 270,000
84300-89S1E Rid, Trunk トランクリッド JPY 583,000
85022-89S2B Facia, Rear Bumper リアバンパーフェイシア JPY 790,000
85014-89S0A Facia, Rear Bumper Center リアアンダースポイラー部 JPY 650,000
96030-89S0A Air Spoiler Assy, Rear リアスポイラー JPY 690,000
96045-89S0A Cover, Rear Air Spoiler リアスポイラーカバー JPY 50,000
E6110-89S0A Shock Absorber Kit, Front RH フロントショックアブソーバー右 JPY 140,000
E6111-89S0A Shock Absorber Kit, Front LH フロントショックアブソーバー左 JPY 140,000
E6210-89S0A Shock Absorber Kit, Rear RH リアショックアブソーバー右 JPY 140,000
E6211-89S0A Shock Absorber Kit, Rear LH リアショックアブソーバー左 JPY 140,000
54005-89S1C Spring Complete, Front and Rear A スプリングセット JPY 135,000
54005-89S1D Spring Complete, Front and Rear B スプリングセット JPY 135,000
54610-62B0A Stabilizer, Front フロントスタビライザー JPY 29,000
56230-62B0A Stabilizer, Rear リアスタビライザー JPY 10,800
F3100-62BMA Fender, Front RH フロントフェンダー右 JPY 59,500
F3101-62BMA Fender, Front RH フロントフェンダー左 JPY 59,500
14411-JF40A Turbocharger Assy LH ターボチャージャーアッシー左 JPY 650,000
14411-JF30A Turbocharger Assy RH ターボチャージャーアッシー右 JPY 650,000
21710-JF10A Tank Assy, Radiator Reserver ラジエターリザーブタンクアッシー(加圧式) JPY 6,540
17040-JF30C Fuel Pump, In-Tank 燃料ポンプ JPY 65,600
48430-89S0A Wheel Assy Steering w/o Pad ステアリングホイールアッシー(パッド部なし) JPY 110,000
24820-89S0A Speed Meter Assy スピードメーターアッシー JPY 127,000
D0C00-89S0A Wheel, Aluminum Front アルミホイール前 JPY 232,000
D0C00-89S1A Wheel, Aluminum Rear アルミホイール後 JPY 234,000
41182-62B0A Air Guide, Brake Front RH ブレーキエアガイド前右 JPY 15,000
41183-62B0A Air Guide, Brake Front LH ブレーキエアガイド前左 JPY 15,000
41182-JX91A Air Guide, Brake Rear RH ブレーキエアガイド後右 JPY 45,600
41183-JX91A Air Guide, Brake Rear LH ブレーキエアガイド後左 JPY 45,600

出所)GTRotaku.com調べ

The latest issue of GT-R Magazine, Vol.115! GT-Rマガジン115号明日発売!

GT-R Magazine 115号
平成26年2月1日(土)発売 定価:1,300円
発行:株式会社交通タイムス社 www.kotsu-times.jp

1st Feb. 2014 On sale Price:1300yen
Publisher: Kotsu Times Sha www.kotsu-times.jp

gmag-feb2014-cover

GT-R Magazine 115号の巻頭特集は「愛車復調の処方箋」と題し、原因不明のトラブルや不調に悩んでいたGT-Rオーナーと、それを克復したチューナー(専門医)のドラマを綴っています。第2世代GT-Rはもちろん、3年間でなんと24万kmも走行したというR35まで、さまざまなオーナーが登場します。もうひとつ、巻頭内ではNISMO大森ファクトリーが所有するBNR32を題材に、「業界初の大実験」も敢行! 今号の表紙になっているクルマが、その実験の模様です。どんな実験をしたかは……ぜひ誌面でご覧ください!

Vol.115 of GT-R Magazine’s main feature is titled “Prescription of your car to recovery” and focuses on owners who tackled unknown causes of troubles on their GTRs. There are owners of second generation GT-R, an owner who drove 240,000km on his R35 in 3 years and many more. We have also decided to conduct an experiment, perhaps for the first time in automobile journalism, using a BNR32 at NISMO Omori factory. The GT-R on the cover is the subject being experimented on. What kind of experiment did we do… find out in our magazine.

gmag-feb2014-02

CONTENTS
愛車復調の処方箋
悩めるオーナーに手を差し伸べる専門医の手腕
Prescription of your car to recovery
Professionals who give helping hands to those tormented owners.

BNR32再興
NISMO大森ファクトリーが最新の技術を投じる
Recovery of BNR32
NISMO Omori factory shows us the latest technique.

R35GT-R 新旧対決
ロングツーリングで2014年モデルの実力を測る
R35GT-R Old VS New
We see the real capabilities of a 2014 model through a long touring drive.

gmag-feb2014-01

R’sトレンド考察
東京オートサロン2014詳報
R’s latest trend
Tokyo Auto Salon 2014 report

gmag-feb2014-03

Leaked information on GT-R Nismo! And NO HYBRID for R35! GT-Rニスモのリーク情報大公開!R35でのハイブリッドは無し!

We have been excited since the report on trademark registration of “PURE DRIVE Hybrid R”, filed by Nissan, came out. This could’ve been the long anticipated hybrid model for Nissan GT-R which focuses on performance and efficiency like Porsche GT3 Hybrid or Audi R18 E-tron.

But our sources tell us that Nissan has HALTED the development of GT-R Hybrid due to difficulties accommodating the already-state of the art 4WD system together with hybrid management system. Again, the detail is scarce but our sources are very very reliable… We have also obtained further detail on GT-R Nismo.

There will be NO warranty, of the paint, for Dark Mat Gray paint which was revealed at Tokyo Motor Show. If you want GT-R Nismo to perform as capable as the one seen lapping Nurburgring, you will need to purchase “Nismo pack” which will set you back a few million yen (detail still yet to be disclosed).

Nismo pack is said to consist of the bellow:
Ohlins 2-way suspension (normal R35’s front suspension is 60% softer)
Larger carbon rear wing
Carbon rear bulkhead
Carbon bucket seats
Nismo pack aeroparts
Nismo pack brake pads
Nismo carbon intake without BOV

Whether Nismo will tweak on the power output is yet to be decided.

As for the difference between MY13 and MY14 engine are the smoother inner surface of air intake, surge tank and more precise fuel injectors. So, how different are GT-R engine and GT-R Nismo engine? Nismo GT-R has turbos from GT3 as well as Nismo original fuel pump but the way in which they build engines are essentially the same as normal GT-R engines at the same Yokohama plant.
GT-RのMY13とMY14のエンジンの違いは、インテークやサージタンクのバリとりや段とりとインジェクターの精度アップ、のみ。でもって、GT-R ニスモのエンジンはGT3のターボを搭載し、専用燃料噴射装置を装着する以外、作り手も組み立て場所(横浜)も同じです。

<MY13>
14f4bcded38727e2dfd809ceccdf1c0bef

<MY14>
13

日産による「PURE DRIVE R Hybrid」の商標登録が報じられてから、GT-R へのハイブリッドモデル追加が期待されていました。トヨタ・プリウスのようなエコのため、というよりもポルシェ911GT-3ハイブリッドやアウディR18 E-tronといった速さと効率を追求したスーパーモデル・・・。

しかし、日産関係者の話によるとGT-Rハイブリッドモデルの開発は凍結されたそうです。なんでもハイブリッドシステムの制御系を現状のGT-Rのハイテクシステムに組み込むことが難航したとか・・・。これは推測ですが、専用ECMの開発に取り組むとコスト回収ができないんでしょうねぇ。

もとい。

GT-Rニスモについて追加情報を得たのでご紹介します。GT-Rニスモを購入してもニュルブルクリンクを走った仕様の性能を得るためには、「ニスモパック」と呼ばれるオプションを追加する必要があるんです。価格は決まっていませんが、数百万円と噂されています。

具体的には
オーリンズ 2-way サスペンション(基準車のフロントサスはNismoよりも60%柔らかいセッティング)
大型カーボンリアウィング
カーボンリアバルクヘッド
カーボンフルバケットシート
ニスモパック専用エアロ
ニスモパック専用ブレーキパッド
ニスモカーボンインテークBOV無し

ニスモパックにてエンジンの出力を上げるか否かは今も議論されている段階らしく、詳細は未定です。

normal
At the test drive event, we found two types of exhausts for GT-R Nismo. This is the standard pipes.試乗会では二種類のエキゾーストを目撃。これがスタンダード。

titan

This is the titanium exhaust for GT-R Nismo. こっちがチタン製のエキゾースト。

pipe

GT-R Nismo which ran on Nurburgring had these pipes made of carbon fiber. ニュルでタイムアタックに挑んだGT-Rニスモは囲った部分がカーボンファイバーでした。

2014 GT-R NISMO Exclusive Preview

GTRotaku.com organized 2014 GT-R NISMO Exclusive Preview event for our guests from Germany at Sodegaura Forest Raceway.
ドイツからのゲストに、MY2014 GT-RとGT-R NISMOのプレビューイベントを企画しました。同時にメディアイベントが行われた袖ヶ浦レースウェイでは、田村宏志主管をはじめミハエル・クルム、田中哲也両ドライバーのほか、開発ドライバー陣も。