タグ別アーカイブ: スクープ

GT-R Nismo Parts Prices Unveiled. GT-R NISMOは部品価格も素敵。

When we peruse through the catalogue of GT-R NISMO, we notice quite a number of “NISMO exclusive” parts.
GT-R NISMOのカタログを見ていると、NISMO専用装備というのがいくつかあります。

NISMO Exclusive carbon front bumper/ under cover
NISMO Exclusive carbon side sill outer protector
NISMO Exclusive rear bumper
NISMO Exclusive rear spoiler
NISMO Exclusive dry carbon trunk lid
NISMO Exclusive Rays forged aluminum wheels
NISMO Exclusive suspension
NISMO Exclusive stabilizer (front/rear with higher spring ratios)
NISMO Exclusive wider front fenders
NISMO Exclusive engine cover
NISMO Exclusive GT3 turbine
NISMO Exclusive fuel pump
NISMO Exclusive high pressure reserve tank
NISMO Exclusive carbon back bucket seats
NISMO Exclusive Alcantara steering wheel (with red center ornament)
NISMO Exclusive carbon-look instrument panel (with NISMO logo and red ring)
NISMO Exclusive carbon cluster finisher (with NISMO emblem)
NISMO Exclusive Dunlop tires

20140203-nismo-parts-04

・NISMO専用カーボン製フロントバンパー/アンダーカバー
・NISMO専用カーボン製サイドシルプロテクター
・NISMO専用カーボン製リヤバンパー
・NISMO専用カーボン製リヤスポイラー
・NISMO専用ドライカーボン製トランクリッド
・NISMO専用レイズ製アルミ鍛造ホイール
・NISMO専用サスペンション
・NISMO専用スタビライザー(フロント・リヤ高バネレート)
・NISMO専用拡幅フロントフェンダー
・NISMO専用エンジンカバー
・NISMO専用GT3タービン
・NISMO専用燃料ポンプ
・NISMO専用加圧式リザーバータンク
・NISMO専用カーボンバックバケットシート
・NISMO専用アルカンターラ巻ステアリング(レッドセンターマーク付)
・NISMO専用カーボン調コンビメーター(nismoロゴ入り、レッドリング付)
・NISMO専用カーボンクラスターフィニッシャー(nismoエンブレム付)
・NISMO専用ダンロップタイヤ

20140203-nismo-parts-06

As of 1st Feb, prices of tires and seats are still not made public but we have found out the rest.
2月1日現在の情報を整理すると、タイヤとシートについては価格がまだ把握できていませんが、それ以外については価格が判明しました。

20140203-nismo-parts-07

It was quite popular to turn R32GT-R into “NISMO-look” but with NISMO GT-R, exterior parts will end up costing almost 7 million yen… If we try to turn an “ordinary” GT-R into a NISMO GT-R, exterior parts as well as hardware will cost just as much as the car.
R32GT-Rで流行したNISMOルックを目指すには、外装だけで約700万円(エアロパーツ、ホイール、ミラーなど)!GT-Rの基準車をベースにNISMOを目指すと、そのほかターボや足回り等々でGT-Rの基準車1台分の費用がかかる計算です。

20140203-nismo-parts-05

We have, further, looked into “NISMO exclusive” parts and found something interesting.
GTRotaku.comではいくつかの「NISMO専用品」について深掘りしてみました。

What caught our attention was the GT3 turbine used in NISMO GT-R. The catalogue says “High capacity integrated turbo built by IHI” and when we checked the parts number… it rang a bell. We dug into our old notebooks and found that the parts number is exactly the same as the ones used in Spec V. So we went to ask our source in IHI and he says “IHI only has one model for this kind of turbo and Subaru(STI’s high end models, we presume) uses the same turbine as well”

20140203-nismo-parts-03
一番気になるのは、NISMO専用GT3タービン。これはカタログにも『IHI製大容量インテグレーテッドターボ』と謳われているのですが、部品番号を見てみると、あれ?どこかで見たような。過去の情報をほじくってみると、やはり、スペックVと同じターボチャージャーであることが分かりました。さらにほじくると、IHI関係者から「IHIのこの手のターボは現在1種類しかないから、スバル用もGTR用も同一品」という仰天コメントが。きっと、スバルインプレッサSTIのS204だかのものと同一なのでしょう。

Shared parts with “Spec V”
Turbo chargers
high pressure reserve tank
Brake air guide (rear)

Shared parts with “Track Edition”
Front fenders

20140203-nismo-parts-02

■スペックVパーツの流用
・ターボチャージャー
・加圧式リザーバータンク
・ブレーキエアガイド(リア)

■クラブトラックエディションパーツの流用
フロントフェンダー

Part No. Part 品名 Price(ex.Tax)
62022-89S2B Facia, Front Bumper フロントバンパーフェイシア JPY 1,430,000
75830-89S0A Cover, Under Engine フロントアンダーカバー JPY 770,000
76850-89S0A Protector, Body Side Sill RH サイドスカート右 JPY 270,000
76851-89S0A Protector, Body Side Sill LH サイドスカート左 JPY 270,000
84300-89S1E Rid, Trunk トランクリッド JPY 583,000
85022-89S2B Facia, Rear Bumper リアバンパーフェイシア JPY 790,000
85014-89S0A Facia, Rear Bumper Center リアアンダースポイラー部 JPY 650,000
96030-89S0A Air Spoiler Assy, Rear リアスポイラー JPY 690,000
96045-89S0A Cover, Rear Air Spoiler リアスポイラーカバー JPY 50,000
E6110-89S0A Shock Absorber Kit, Front RH フロントショックアブソーバー右 JPY 140,000
E6111-89S0A Shock Absorber Kit, Front LH フロントショックアブソーバー左 JPY 140,000
E6210-89S0A Shock Absorber Kit, Rear RH リアショックアブソーバー右 JPY 140,000
E6211-89S0A Shock Absorber Kit, Rear LH リアショックアブソーバー左 JPY 140,000
54005-89S1C Spring Complete, Front and Rear A スプリングセット JPY 135,000
54005-89S1D Spring Complete, Front and Rear B スプリングセット JPY 135,000
54610-62B0A Stabilizer, Front フロントスタビライザー JPY 29,000
56230-62B0A Stabilizer, Rear リアスタビライザー JPY 10,800
F3100-62BMA Fender, Front RH フロントフェンダー右 JPY 59,500
F3101-62BMA Fender, Front RH フロントフェンダー左 JPY 59,500
14411-JF40A Turbocharger Assy LH ターボチャージャーアッシー左 JPY 650,000
14411-JF30A Turbocharger Assy RH ターボチャージャーアッシー右 JPY 650,000
21710-JF10A Tank Assy, Radiator Reserver ラジエターリザーブタンクアッシー(加圧式) JPY 6,540
17040-JF30C Fuel Pump, In-Tank 燃料ポンプ JPY 65,600
48430-89S0A Wheel Assy Steering w/o Pad ステアリングホイールアッシー(パッド部なし) JPY 110,000
24820-89S0A Speed Meter Assy スピードメーターアッシー JPY 127,000
D0C00-89S0A Wheel, Aluminum Front アルミホイール前 JPY 232,000
D0C00-89S1A Wheel, Aluminum Rear アルミホイール後 JPY 234,000
41182-62B0A Air Guide, Brake Front RH ブレーキエアガイド前右 JPY 15,000
41183-62B0A Air Guide, Brake Front LH ブレーキエアガイド前左 JPY 15,000
41182-JX91A Air Guide, Brake Rear RH ブレーキエアガイド後右 JPY 45,600
41183-JX91A Air Guide, Brake Rear LH ブレーキエアガイド後左 JPY 45,600

出所)GTRotaku.com調べ

Infiniti Q50 Eau Rouge MIGHT carry VR38DETT engine?! インフィニティQ50オールージュの情報すっぱ抜き!

Jalopnik humored the speech given by Infiniti America’s big boss, Johan de Nysschen, enough. We will keep quiet and direct you to Jalopnik’s funny take on the presentation of Infiniti Q50.

But we were so stunned by this car and went straight to our reliable sources. Yes, when someone says “sources”, one would expect it to be just a rumor… But remember how accurate our information had been on GT-R NISMO?

1. Nissan/Infiniti has not made a decision on the release of Q50 Eau Rouge yet.
2. Running prototypes will be built later this year.
3. The 500ps engine is most likely going to be the de-tuned VR38DETT

We really would like to see Q50Eau Rouge in the market!

デトロイトショーでひときわ注目を集めた、インフィニティQ50オールージュ。アメリカの人気自動車サイト、Jalopnikでは米国インフィニティのヨハン・ダ・ネイソン社長(アウディ・ジャパンから北米アウディ、北米インフィニティと順調に転職していますねぇ)のスピーチに注目したようです。

「If we built this car I would expect it to feature over 500hp and 600lb/ft of torque. Through our various alliance partners we have access to a range of engines featuring this performance capability which, with a fair amount of engineering effort, can be developed to exhibit Infiniti character and accommodated within the Q50 engine bay. The engine we are evaluating for the Q50 Eau Rouge is a big personality, V-cylinder engine with forced induction. I think our engineers have been waiting for a project like this」というスピーチでした。

ざっと日本語に訳すと・・・、
「もし、この車を作るとなったら最高出力500ps以上、最大トルク82.953 kg·m以上になるでしょう。数多くのアライアンス・パートナーのエンジンをベースに、技術的努力によってインフィニティのキャラクターづけをし、Q50のボンネットに納めることになるでしょう。Q50オールージュが搭載するエンジンは強烈な個性となり、V型シリンダーに過給機を備えることになるでしょう。弊社のエンジニアはこのようなプロジェクトを待ち望んでいたに違いありません」

もし、って何だよ?作るのか、作らないのかハッキリしてよ・・・。
「ボンネットに納めることになるでしょう?」回りくどい・・・。
「V型シリンダー」って・・・、今更直列5気筒でも持ってくるつもり?
とまぁ、Jalopnikではツッコミを入れています(笑)。まぁ、そんなこと言っても、マーケティング部が作った文章でしょうに・・・。

まっ、そんな話はさておき、気になるますよね、Q50オールージュ。そこでGT-R Otakuメンバーが“探り”を入れてくれました。

1.社内でQ50オールージュの生産計画にまだゴーサインは出ていない
2.プロトタイプは今年後半に完成予定
3.500psのエンジンはVR38DETTのディチューンの予定

GT-R OtakuではQ50オールージュの投入、陰ながら応援しています!!!

Easiest way to make your R35 look as MY14 is…to change headlights and tail lamps! R35を手っ取り早くMY14に見せる方法はヘッドライトとテールランプの交換!

Distinctive difference between MY14 and the rest are the headlights as well as tail lamps.
Parts No. are as listed below:
<Headlights>
26010-62B0A 195,195yen
26060-62B0A 195,195yen
<Tail lamps>
26550-62B0A 71,610yen
26555-62B0A 71,610yen
No work is necessary for the change of headlights and tail lamps.

As of 28th Nov, Nissan has appx 15 orders for GT-R Nismo and appx 80 orders for MY14.

Here you can purchase the headlight and tail lamp at GTRotaku.com online store.
Link: MY2014 GT-R用LED

image
MY14とほかのR35の見分け方は・・・、ヘッドライトとテールランプです。というわけで、どこよりも誰よりも早くパーツナンバーと値段を大公開!
<ヘッドライト>
26010-62B0A 195,195円
26060-62B0A 195,195円
<テールランプ>
26550-62B0A 71,610円
26555-62B0A 71,610円
なお、取り付けには特殊な加工は必要としない、とのことです。

GTRotaku.comオンラインストアからこのヘッドライトとテールランプを購入することができます。
Link: MY2014 GT-R用LED

11月28日現在、GT-R Nismoは約15台、MY14は約80台の受注しているようです。

Leaked information of 2014 GT-R shows “R Hybrid” is yet to be seen… 2014年式GT-R内部情報に「R HYBRID」の文字は一切出てこず・・・

We have obtained a highly confidential internal memo regarding 2014 Nissan GT-R. As much as we would have liked to see “R Hybrid” whether it be KERS developed by Williams or new hybrid system for R35… there was nothing of that sort…

All we gathered from the memo was the fact that Nissan delaer network handling GT-R may change hands to exclusive dealers only in Japan. But that doesn’t concern many of you reading this article in English.

There are Pure edition, Black edition as well as Premium edition in terms of packagings but other than that, there seems to be not much change. Whether they have revised the engine output is unknown. As for optional equipment, there are Recaro carbon bucket seats, Rays forged aluminum wheels, dried carbon rear wings… yeah, cool. But then again, there were no photos to impress us either.

Ah well, at least we still have Nismo GT-R to look forward to at 2013 Tokyo Motorshow…

PURE EDITION 9,051,000yen
BLACK EDITION 9,933,000yen
PREMIUM EDITION 10,111,500yen
(All including Japanese consumption tax)

image_1

2014年式R35についての内部資料がこっそり、回ってきました。はい、朝起きたら電話が鳴って、鍵を指定の場所で受け取り、某駅のコインロッカーを開けたら・・・、ジャーン!ってメモが入っていたんです(一部空想)。

個人的には・・・、ちょっと残念でした。「R HYBRID」の商標登録の話題もあり、WILLIAMSとの技術提携の話もあり、KERSでも搭載してくるかと思っていたんですが、そのようなことは一切記載されておりませんでした。

気になったのは「新NHP店舗における、GT-Rマイスターを限定とした販売となります」という一言でしょう。まぁ、気になったとはいえ、具体的にどういうことなのかは・・・。

っでもって、ラインナップはPureエディション、Blackエディション、Premiumエディションの3パッケージ。いやぁ、いい値段しています。エンジンの出力が変わっているか否かは不明です。オプションではレカロ製カーボンバケットシート、レイズ軽量鍛造アルミホイール、ドライカーボンリアスポイラー/トランクりっどなどなど・・・。写真はメモに一切ないのでカッコいいかどうかサッパリわかりません。

嗚呼、「R HYBRID」には相当期待していたので、ちょっと寂しい気がします。まぁ、NISMO GT-Rのデビューがありますからね、2013年東京モーターショーでは!

Our souces have informed us…on Nismo GT-R 内部に詳しい人間によるニスモGT-R情報

I dislike this phrase, as it is so lame, but I’m going to use it anyway… “Our sources have informed us” that the time attack at Nurburgring for Nismo GT-R went superbly well. In fact, they have managed to beat all the previousl records held by R35. The time is yet to be revealed at Tokyo Motorshow in November but we heard some other interesting things regarding Nismo GT-R as well.

We cannot, unfortunately, confirm any of the information stated below and we hold no responsibilities for our misrepresentation…

1.Time attack was done by not only Sebastian Buemi but, apparently, Michael Krumm took part as well.
2.Target lap time was 7:10 and it was achieved by Michael Krumm.
3.Nismo will come in three, or less, different specifications just like R34’s S-tune, R-tune and Z-tune.
4.Nismo and Williams focused on aerodynamics of the car and have managed to increase downforce significantly, which led to the successful record beating lap time.

You may believe them, you may laugh them off as rumors. In a month time, truth shall prevail!

Nismo Skyline GT-R Z-tune

内部に詳しい人間によると、ってニュース報道の書き方、凄く嫌いなんですが・・・、使わせて頂きます。内部に詳しい人間によると、ニスモGT-Rのニュルブルクリンクにおけるタイムアタックは好ましい結果となったそうです。R35が今までに刻んだタイムを上回り、晴れて東京モーターショーで世界発表できる、とのことです。また、ニスモGT-Rにまつわる複数の情報もキャッチしていますので、披露させていただきたく存じます。

ただ、いずれの情報もあくまでも伝聞ですので、GT-R Otakuでは一切の責任を負えません(笑)。

1.タイムアタックはセバスチャン・ブエミが行う、と発表されていたが、ミハイル・クルムも参加していた
2.ニュルブルクリンクの目標ラップタイムは7分10秒で、ミハイル・クルムが樹立させた
3.ニスモGT-RはR34スカイラインGT-Rの時のように、S-チューン 、R-チューン、Z-チューンと複数グレード用意される
4.ニスモとウィリアムズが注力したのは空力特性で、前後におけるダウンフォースを従来よりもはるかに高めることで今回のラップタイム樹立に寄与した

噂だと聞き流していただいても結構ですし、信じていただいても結構です。あと1か月後に迫った東京モーターショーにて、すべての事実は明らかになることでしょう。

Time attack footage of Nismo GT-R