タグ別アーカイブ: スカイライン

Nissan Skyline GT-R with a price tag of 1,000,000 Euros?! 日産スカイラインGT-Rが100万ユーロ?!

A German car shop called “GT-A” has Nissan Skyline GT-R of the R34 for sale with a price tag of… whopping 1,000,000 Euros. It is claimed that this particular car was driven by Paul Walker’s Brian O’Conner character from the Fast and the Furious movie franchise used in the fourth film.
ドイツのGT-Aなるショップ、日産スカイラインGT-Rを100万ユーロで販売しているんです。なんでもワイルドスピード4でポール・ウォーカー演じるブラアン・コナーが運転したもの、と謳われています。

This, also, is an R34 which starred in Fast and Furious 4…
でも、これもワイルドスピード4に登場していました・・・

It is a replica of GT-R made from GT-S.
これはスカイラインGT-SベースのGT-Rレプリカ

This , also, is an R34 which starred in Fast and Furious 4…
でも、これもワイルドスピード4に登場していました・・・


It is a replica , used for stunts, of GT-R made from… god knows what and carries a VW bug engine.
これは何がベースか分かりませんがスタント用でVWビートルのエンジン搭載。

After a bit of Googling, there seems to be 7 R34s/R34 replicas used in the shoot of Fast and Furious 4… Would you still pay 1,000,000 Euros for this GT-R?
ググった結果、どうやらワイルドスピード4の撮影には7台(数台は既に廃車?)のスカイラインGT-R/GT-Rもどきが用いられてそうで・・・、それでもスカイラインGT-Rに100万ユーロの値がついてしまうんでしょうかねぇ?

May you rest in peace, Paul Walker. 安らかにお眠りください、ポール・ウォーカー

The team behind Universal’s successful “Fast & Furious” film franchise has released a heart-tugging video aptly titled “A Tribute to Paul Walker” following a crash in a Porsche Carrera GT driven by his friend Roger Rodas.

The two-minute video contains scenes of Walker from the Fast and Furious films he played with Skylar Grey’s I’m Coming Home heard in the background.

On the YouTube page there’s a note that reads:
“Paul Walker’s family appreciates the outpouring of love and goodwill from his many fans and friends. They have asked, in lieu of flowers or other gifts, that donations please be made to Paul’s charity Reach Out Worldwide (ROWW). Donations can easily be made through their website at www.ROWW.org.”

In the meantime, Universal said on Wednesday that it has shut down production of the seventh film of the series for an indefinite period.
RIP, both Paul and Roger.

多分、多くの方はご存じなかったでしょうが映画「ワイルドスピード」、実はユニバーサルスタジオ最大のヒット作なんです。シリーズ7作目にも取り組んでいたようですが主演の一人、ポール・ウォーカーが亡くなったことで撮影は一時凍結が発表されました。
そもそもは車好き向けに作られたものでしたが、意外と計算された内容なんです。

・ゲーム(グランツーリスモ)
・車
・家族愛
・友情
・義理人情

白人のみならずヒスパニック系、アジア系へのウケもしっかり狙っているんです。実際、ワイルドスピードを観に来るお客さんはヒスパニック系が多かった、と聞いています。

もとい。

ポール・ウォーカーへ捧げるトリビュート、という題名でワイルドスピード製作陣が動画を作ったようです。YouTubeには親族が多くのファンからの温かいメッセージに感謝の言葉が記されていると同時に「花やギフトを贈って頂くのであれば、ポール・ウォーカー創設のチャリティファンド、“リーチアウトワールドワイド” www.ROWW.orgへの募金に替えて頂ければ幸いです」との要望も。

ポール・ウォーカーはチャリティに熱心で事故当日も、フィリピンのハリケーン被害へのチャリティ・カー・イベントに参加していたんです。早過ぎる死、惜しまれる死です。ご冥福をお祈りします。

なお、GT-R Otakuではこのような追悼の会を催す予定です。
https://www.facebook.com/events/185178715017472/

A man in a wheel chair is a proper drifter! 車椅子のドリフト野郎!

Sedrick was involved in a serious crash two years ago, suffered spinal injury. He could never use his legs after the accident, but this never kept him away from drifiting. He now drives an R32 Nissan Skyline and he drives it well. This Skyline uses an automatic gearbox and features custom hand controls that allow the man do do his thing.

Pretty damn cool and Sedrick gives us courage! We salute you, Sedrick! RESPECT!

セドリックという車椅子の青年は2年前にピックアップトラックで重傷事故に遭遇し、背骨を損傷。二度と歩けなくなってしまいましたが、笑顔でR32スカイライン改でドリフトに勤しんでいるんです。動画をご覧になれば気づきますが、アクセルブレーキのコントロールは1本のバーで、ステアリング操作はフツーに、って感じです。

いやはや、勇気をもらえる動画です。リスペクト!

skylined

Nissan Patrol with modified R33 Skyline engine! 日産パトロールにR33の改造エンジンを載せる遊び

The guys from Bijou Motorsport have decided to fit an RB25GET from R33 Skyline into a Nissan Patrol(codenamed Y60 and built between 1987 and 1997)… Not much is known about the builder nor how it came to be, but the author of the videos tells us that the fourth generation Patrol had an engine transplant from a Nissan Skyline (probably the R33). We’re also not aware if the RB25DET engine is stock or not, but data shows that the 2.5-liter turbocharged straight-six produced from 245hp to 276hp (280PS), depending on the version. But it doesn’t sound bad.
Oh they, certainly, know how to have fun!

Well then, why do we not search for something else on YouTube, right? And we came across an R33 Skyline GT-R carrying 8.3V10 engine from Dodge Viper along with an R35 GT-R with… Lancer Evolution front bumper! lol

日産パトロールといえば、トヨタランドクルーザーと並んで日本であまり売れない、海外で重宝されているクロスカントリー車の重鎮です。ハッキリ言って、高級ブランドのSUVとは走りの格が違います(笑)。っで、そんなパトロール(Y60型)にR33スカイラインのRB25GETエンジンを搭載したのがブルガリアのBijou Motorsportです。情報はごくわずかしかなく、謎めいていますが、とにかく楽しそうです。

ならば、とエンジンスワップを検索していて出くわしたのがR33GT-Rにダッジバイパーのエンジンを搭載した、SKYPER!フェアレディZにGT-Rのエンジンとか・・・、よくあるパターンなので割愛します(笑)。

Skyper 8.3lV10

そしてR35に三菱ランサーエボリューションのバンパーを仮止めした車

R35 with Lancer Evolution bumper?!

いやはや、世の中いろんな遊びがあるものです。

R33 Skyline GT-R with HEAT SENSITIVE PAINT?! 温感塗料で全塗したR33スカイラインGT-R

Having your car re-painted takes bit of courage as there is no turning back unless you keep re-painting. Over the recent years, drivers have been enjoying vinyl wraps as you can always rip it off and have the car back in original paint. Especially in used car market, original paint is usully an important factor. The vinyl wrapping became popular with its matte colors, chrome colors and the trend seems to be moving towards… brushed.

But that doesn’t stop paint shops to come up with something unique to catch people’s attention. What I encountered, recently, on YouTube is an R33 Nissan Skyline GT-R with… HEAT SENSITIVE PAINT!!! It comes from Auto Kandy, a paint shop located in the UK. Yes, that is just water being poured on the body, yet it’s completely altering the color of the car, from that brilliant orange to an oily black.

水をかけると、あーら不思議・・・、真っ黒けっけです。

ラッピングって流行ってますよねぇ。好きな色に替えてもラッピングを剥がせばイイだけで、売却時には再塗装という評価がされません。マット系、クローム系と流行ってきましたが、トレンドはブラシ仕上げに向かっているのでしょうか?個人的にはブラシ仕上げのゴールド、嫌いじゃありません!でも、車を好きな色に全塗する、っていう男気溢れるプラモデル感覚も大好きです。っで、イギリスのAuto KandyなるショップがYouTubeにアップした動画が、ちょっとした話題を呼んでいるんです。

こんな風に、なにか浮かび上がったほうがカッコいいと思うんですけどねぇ?

Our souces have informed us…on Nismo GT-R 内部に詳しい人間によるニスモGT-R情報

I dislike this phrase, as it is so lame, but I’m going to use it anyway… “Our sources have informed us” that the time attack at Nurburgring for Nismo GT-R went superbly well. In fact, they have managed to beat all the previousl records held by R35. The time is yet to be revealed at Tokyo Motorshow in November but we heard some other interesting things regarding Nismo GT-R as well.

We cannot, unfortunately, confirm any of the information stated below and we hold no responsibilities for our misrepresentation…

1.Time attack was done by not only Sebastian Buemi but, apparently, Michael Krumm took part as well.
2.Target lap time was 7:10 and it was achieved by Michael Krumm.
3.Nismo will come in three, or less, different specifications just like R34’s S-tune, R-tune and Z-tune.
4.Nismo and Williams focused on aerodynamics of the car and have managed to increase downforce significantly, which led to the successful record beating lap time.

You may believe them, you may laugh them off as rumors. In a month time, truth shall prevail!

Nismo Skyline GT-R Z-tune

内部に詳しい人間によると、ってニュース報道の書き方、凄く嫌いなんですが・・・、使わせて頂きます。内部に詳しい人間によると、ニスモGT-Rのニュルブルクリンクにおけるタイムアタックは好ましい結果となったそうです。R35が今までに刻んだタイムを上回り、晴れて東京モーターショーで世界発表できる、とのことです。また、ニスモGT-Rにまつわる複数の情報もキャッチしていますので、披露させていただきたく存じます。

ただ、いずれの情報もあくまでも伝聞ですので、GT-R Otakuでは一切の責任を負えません(笑)。

1.タイムアタックはセバスチャン・ブエミが行う、と発表されていたが、ミハイル・クルムも参加していた
2.ニュルブルクリンクの目標ラップタイムは7分10秒で、ミハイル・クルムが樹立させた
3.ニスモGT-RはR34スカイラインGT-Rの時のように、S-チューン 、R-チューン、Z-チューンと複数グレード用意される
4.ニスモとウィリアムズが注力したのは空力特性で、前後におけるダウンフォースを従来よりもはるかに高めることで今回のラップタイム樹立に寄与した

噂だと聞き流していただいても結構ですし、信じていただいても結構です。あと1か月後に迫った東京モーターショーにて、すべての事実は明らかになることでしょう。

Time attack footage of Nismo GT-R

Every luxury sport car needs their branded bikes? ! 高級スポーツカーに欠かせないのは自転車?!

It is fair to say that Nissan tried to transform the image of R35 GT-R from that of previous Skyline GT-R series. As far as I’m aware, Nissan tried to discourage people from tuning R35 by stating in warranty that if the car is modified, Nissan, basically, would void its warranty. But many people didn’t care what Nissan said and went ahead and tuned their R35. As we’ve seen on YouTube and what have you, many of them with impressive performance.

I had been pondering upon the reason for Nissan’s failure to place R35 as luxury sport car such as Porsche 911. Nissan tried to transform dealerships into GT-R exclusive salon-like shops… but many franchise owners didn’t follow through. Sales staff were never used to selling expensive luxury sport cars anyway… And I noticed one thing… Many luxury sport car brands offer bicycles but Nissan doesn’t!

But I came across this hybrid bike called “GT-R”… even the logo looks familiar… And as you can guess, this bike has nothing to do with Nissan GT-R…lol

日産はGT-RでスカイラインGT-Rとは一線を画すつもりだったのだと、思っています。ぶっちゃけチューニングして欲しくなかったからこそ、あそこまでうるさく保証書に改造禁止を謳ったのではないでしょうか?つまり、チューニングカーのベース車になるのではなく、ポルシェ911のような愛され方(もちろん、チューニングする人も居ますけど・・・)を望んでいた?!

でも、結果的にR35はポルシェ911のようなステイタスは得られていないような気がしてなりません。女性がエルメスのバーキンやケリーにひれ伏すような効力・・・、GT-Rにはありません。まぁ、そういう点では、最近は車が凄いからどうのこうのはないでしょうね(笑)。っで、冷静に高級スポーツカーブランドと日産GT-Rを考えて・・・、一つ決定的な違いを見出したんです。それは・・・、「自転車」です。

GT-Rには、日産には、自転車がないんです。っで、検索してみたら「ハイブリッドフル電動自転車GTR」なるものに遭遇(笑)。イイんですかねぇ、ココまでロゴが一緒で?特許庁の商標登録を確認すると自転車もGTRの商標に含まれているのでNGっぽいんですが、R35の存在を脅かすようなものではないから、日産は静観?

ってなわけで、R35高級スポーツカー論から小ネタでした(笑)。

gtrlogo