R35GT-R PERFECT BOOK II is in store now! R35GT-Rパーフェクト ブック II、是非ご覧ください!

GT-R Magazine’s staff car has driven 123,000km in 5 and half years. Any cars driven more than 100,000km, in Japan, is considered “a lot”. With the help of NISMO, they have decided to take evenryting apart, from this particular R35, and look closely into the wear and tear to see what 125,000km of driving did to the car. The arcticle is featured on not GT-R Magazine but its sibling magazine called “R35GT-R PERFECT BOOK II”. I, seriously, am curious! The magazine will be on sale from 1st July!
For more detail, click here.

発売から約5年半が経ち、成熟の域に達したといっていいR35。『GT-R Magazine(発行:株式会社交通タイムス社)』では、その魅力を一冊に凝縮した『R35GT-R PERFECT BOOK Ⅱ』を特別編集し現在、好評販売中です。巻頭では編集部所有の初期型07年モデルを題材に、エンジンとシャシーを完全分解。走行12万3000kmの消耗度を各部位別に検証。作業を担当したのは、日産ワークスの「NISMO大森ファクトリー」です。R35を知り尽くしたメカニックが本誌スタッフカーに下した驚きの診断結果とは!?

その他、「日欧スーパーカー対決」として、フェラーリ458イタリアとマクラーレンMP4-12Cも登場。歴代イヤーモデルの変更点解説や有名ショップのチューニング指南などなど、一冊丸ごとR35情報満載でお届けしています。是非、全国各書店でお求めください!