カテゴリー別アーカイブ: Videos/ビデオ

第二世代ユーザに朗報!

第二世代ユーザに朗報!

先日、日産が高性能スポーツブランドであるNISMOロードカー事業の拡大を発表しました!

https://newsroom.nissan-global.com/releases/release-e951533d0439f7d8de70899aa7008d90-170425-03-j?lang=ja-JP

主体はNISMOブランドで手掛ける車両の拡充のようですが。

ニュースリリースには第二世代や、GT-Rのことに関しての記載はありませんでした。

第二世代の所有者の方ならば、昨今の純正部品の廃盤や値上げに嘆いてる方が多々いらっしゃると思います。
特にR32に至っては壊滅的に部品の取り寄せが難しくなっていってます。

こうした悩みを解決してくれるかもしれない内容が、記者会見で発表されてました。

記者会見の動画ですが、14:24頃をご注目ください。

・補修部品の再生産・供給体制の立ち上げ
・R32 GT-Rから立ち上げ、順次拡大

販売時期は2017年秋ごろと言ってます!
具体的にどの部品がとまでは言及されていないので、発売間近になったらまた発表されるとは思います。
部品がなくなって諦めていた方、まだあきらめるのは早いですよ!

GT-ROtakuでも販売開始されたら積極的に取り扱っていきます。
Good news for second generation users!

The other day, Nissan announced the expansion of the NISMO road car business which is a high-performance sports brand!

https://newsroom.nissan-global.com/releases/release-e951533d0439f7d8de70899aa7008d90-170425-03-j?lang=en

The main body seems to be an expansion of vehicles handled by the NISMO brand.

In the news release there was no mention about the second generation or GT-R.

If you are the owner of the second generation, I think that there are many people who are lamenting the abolition of genuine parts and price increases recently.
Especially when it comes to R32, it is getting harder to order the parts catastrophically.

Contents that might solve these troubles were announced at a press conference.

Although it is a video of a press conference, please pay attention around 14:24.

· Start up reproductive parts supply system
· Launched from R32 GT-R, sequential expansion

I am saying that the sale time is around autumn 2017!
I do not specifically mention which parts are mentioned, so I think that it will be announced again as soon as it is about to be released.
The one who gave up because the parts are gone, it is too early to give up!

We will actively handle GT-ROtaku once it is on sale.

1200ps GT-R reached 323.2km/h… you will be surprised to read more. 1200㎰のGT-Rが323.2km/hに到達・・・、もっと読めば驚きます!

1200psのR35で区間平均スピード323.2㎞/h達成!って書いたところで、驚く方はそう多くないかもしれません。でも、全盲のドライバーがこの記録を樹立したんです。はい、ビックリ仰天は話です!
An R35 that has been modified to 1200ps managed to average 323.2km/h… Yes, sure. Not surprising at all, is it? Well… until you hear that the record was achieved by a blind man!

イギリス人元銀行員(なんで、こう書かれるのか分かりませんが、いつもこの方の紹介にはこの肩書きが付きまとっています)のマイク・ニューマン氏、実は昨年、ポルシェ911ターボで区間平均スピード299.3㎞/hという偉業を成し遂げています。
Mike Newman, an ex-bank manager… I don’t know why he is always introduced as “an ex-bank manager” but all the media coverage do so… set a record of 299.3km/h last year with a Porsche 911 Turbo.

この時点で全盲者による世界最速記録を樹立していますから、今年は自らの記録に挑戦したわけです。本人としては時速200マイル(320㎞/h)の壁を越えたかったようです・・・。イギリス・エルヴィントン飛行場の2.9㎞におよぶ滑走路を使い2回走行。その平均スピードが323.2㎞/hだったんです。
At that point, he has set the world’s fastest blind driver record but he challenged himself, probably wanting to break the 200mph barrier. Newman used the Elvington Airfield and its 1.8-mile (2.9 km) runway where he was required to perform back to back runs. At the end of the two runs, his speed was averaged to a new record of 200.9 mph (323.2 km/h).

最高速トライアルって決してアクセルを踏むだけではありません。路面は一定ではありませんし、細かなステアリング修正も必要です。目をつむって運転することを想像しただけで、ゾッとします。ニューマン氏の最高速チャレンジは挑戦車両に加えて、すぐ後ろをナビゲーター車両が追随。義父が無線で細かな指示を出し、それに従ってニューマン氏は運転しているそうです。

ニューマン氏、Speed of Sightという身体障害者のためのモータースポーツ団体を主宰しており、その活動のアピール、またハンディキャップを克服するチャレンジ精神を見せつけてくれました。ちなみに2011年には全盲者による水上最速記録樹立・・・
Newman keeps breaking the blind land speed record in order to promote the organization, Speed of Sight. This charity makes it possible for people with disabilities to experience the thrill of driving a car around a race track. In addition to land speed records, the Speed of Sight website also says Newman has set a water speed record

コパイロットが搭乗していたとはいえ、全盲者初の飛行機での宙返り26回・・・。いやはや、バイタリティ溢れるアドレナリンジャンキーです(笑)。
Newman, also, did acrobatic vertical loops (aka, loop-the-loops). He is a brave… one heck of an adrenaline junky! lol

GT-Rについての情報はチューナー、Litchfieldのサイトをご覧ください。
For more information on this particular GT-R, head over to Litchfield

Jaguar F type R coupe VS Nissan GT-R, the battle of the 550ps’ ジャガーFタイプRクーペVS日産GT-R最高出力550㎰バトル

Jaguar F Type R carries a 5l supercharged engine that produces 550ps. It is the same number of horse power as the R35 GT-R and Autocar decided to make a video on their handling test as well as putting them for a time trial.

F Type R weighs 1650kg, GT-R weighs 1740kg and their 0-100km/h time is 4.2sec and 2.7 respectively. Yes, yes, Jaguar is a FR machine and GT-R is a 4WD machine but I’m really starting to wonder what “power to weight ratio” really tells us…

ジャガーFタイプRクーペが搭載する5lスーパーチャージャー付きエンジンの最高出力は550㎰。“おっ、R35GT-Rと同じだね”ということで(?)、イギリスの老舗自動車雑誌「AUTOCAR」が比較テストを行いました。

とはいっても、0→100㎞/h加速はR35GT-Rのほうが断然速い(FタイプR4.2秒、GT-R2.7秒)ので割愛してあって、お馴染みのコースでのローリングスタートによるタイムトライアルです。ちなみにFタイプRクーペの車重は1650㎏、GT-Rは1740㎏です。ボディウェイトレシオがいかにまやかしか・・・(笑)。

FRと4WDの違いこそあれど・・・、GT-Rの速さは圧巻。

The world of “Fast and Furious” recreated with R/C cars?! 映画「ワイルドスピード」をラジコンで再現?!

This video is simply stunning. Brilliantly filmed, precisely modeled, and hilariously executed, this Fast & Furious homage is something anyone can love–even if you’re not a fan of the movies.
たかがラジコン、されどラジコンです。映画「ワイルドスピード」っぽく撮影した、ということですが、ソートー大変ですよ、コレ・・・。
お見事!

Behind the scenes is worth watching, too. You’d appreciate how much work had been put in.
撮影裏側も見応えたっぷり!いやぁ、ホント、大変そうです。

Behind the scenes of “Fast & Furious 6” looks amazing, too.
っで、映画「ワイルドスピード6」の撮影裏側もあったので、併せてご紹介しておきます。