カテゴリー別アーカイブ: GT-R Magazine

GT-R Magazine Vol.118 is on sale from 1st August! GT-RマガジンVol.118は8月1日発売

GT-R Magazine Vol.118
On sale from 1st August 2014
Price: 1300 yen
Publisher: Kotsu Times Sha http://www.kotsu-times.jp

GT-R Magazine Vol.118 will feature on R32 GT-R(BNR32) as it will turn 25 years old on the 21st of August. Chikara Kitabatake, a photographer, shot the R32 for a cover page 20 years ago when the very first GT-R Magazine came out and he shot it again. What we focused was to shoot the original (unmodified) R32 with backgrounds that never were 25 years ago. All the shots were taken in Tokyo and some of you may notice exactly where. What surprised us is that BNR32 still looks fabulous even after a quarter of a century. Enjoy looking at these beautiful pictures and reminiscent on the day BNR32 made its debut. On the side note, this particular BNR32 belongs to Kozo Wantanabe, a man in charge of testing BNR32, and is the only BNR32 colored in the factory original green.

As for the special feature, we have interviewed men behind the development of R32 Skyline. Those men were Shurei Ito, a product manager then and Hiroshi Tamura, a product manager’s right hand man then. We have also interviewed the designer of an R32, Hidetoshi Nishiizumi, chief engineer of chassis design who put in a lot of work for ATESA E-TS, Toshiro Matsda and Seiji Nagakura who was in charge of product assessment.

Our regular feature of “BNR32 project” being looked after at NISMO Omori Factory is nearly coming to a completion. The engine has been installed and is now drivable. We will soon find out the full extent of an R32 which has been refreshed by the works team.

In the last issue, we attached a DVD and with this issue, we are giving away a free GT-R Magazine original sticker. There is an amazing story behind this sticker and we shall soon reveal it in our official blog. http://www.kotsu-times.jp/gtrmag/

●Other contents are of R’s meeting 2014 guide, including “we shall aim for world record”/ GT-R&NSX Tokyo-Hokkaidou long touring/ R32, R33, R34, R35 staff car diaries/ Super GT 2014 & report on Nurburgring 24hours etc.

•Ž†

「GT-R Magazine 118号」
平成26(2014)年8月1日(金)発売
定価:1,300円(税込)
発行:(株)交通タイムス社 http://www.kotsu-times.jp 偶数月1日発売

GT-R Magazine最新号(118号)は、今年の8月21日で発売から丸25年を迎える「R32GT-R(BNR32)」の特集です! 今号の表紙と巻頭グラビアは、20年前にも本誌創刊号(000号)の表紙を撮っていただいた写真家・北畠主税氏に依頼しました。今回拘ったのは、発売当時そのまま(つまり、フルノーマル)の初期モデル(平成元年式)で、25年前にはなかった風景をバックにカットを撮るという点。ロケ地はすべて東京都内ですが、中にはどの場所かおわかりになる方もいらっしゃると思います。四半世紀の時を経ても、まったく色褪せないBNR32。美しいグラビア写真をご覧いただきながら、25年前の「あの日」に思いを馳せていただければと思います。ちなみに、今回撮影に使用した車両はBNR32の実験主担を務めた、皆さんご存じ「渡邉衡三」氏の愛車です(世界に一台しかない、幻の純正グリーン色!)。

特集企画の内容ですが、今回はR32スカイラインの産みの親ともいえる、商品主管「伊藤修令」氏にご登場いただきインタビューを敢行。さらに、その右腕の商品主担として手腕を振るった「田口 浩」氏にもお話しを伺いました。伊藤氏はもちろん、単独では本誌初登場の田口氏が語る「裏話」も大変興味深い内容です。また、R32のデザイナーを務めた「西泉秀俊」氏、アテーサE-TSの開発に尽力されたシャシー設計部・主任技師「松田俊郎」氏、商品性評価を担当した車担「長倉靖二」氏など、R32の開発には欠かせないキーマンに、当時の苦労など貴重なエピソードをお聞きしています。また、R32といえば外せない「グループA」に関しても、今まではあまりスポットが当てられなかった「プロトタイプ」を取り上げています。さらに、本誌で連載中の『NISMO大森ファクトリー』が手掛ける「BNR32プロジェクト」もいよいよ佳境を迎えました! 今回はついにエンジンが搭載され、走り出せる状態まで完成。ワークスが手掛ける「新世代のR32」、その見事な仕上がりは誌面にて!

さて、今号には前号のDVDに続き特別付録をご用意しました。「R32生誕25周年」を祝し本誌オリジナルのステッカーを製作。最新号の118号に綴じ込んであります。そのステッカーですが、じつはその誕生に凄い逸話が……!? 詳しくは、近日中にGT-R Magazineのブログ(http://www.kotsu-times.jp/gtrmag/)でご紹介いたします!

●GT-R Magazine118号 その他のコンテンツ: R’s Meeting 2014 イベントガイド「今年は世界記録に挑戦!」/一時代を築いた名車 GT-R×NSX 東京〜北海道ロングツーリング/スタッフカーの日常をレポート R32・R33・R34・R35運行日誌/スーパーGT 2014&ニュル24時間レポート etc.

GT-R Magazine Vol.117 on sale from 31st of May! 5月31日はGT-Rマガジン117号発売日です!

GT-R Magazine Vol.117
On sale from 31st May 2014
Price \1,500
Publisher Kotsu Times Sha
http://www.kotsu-times.jp

The latest issue of GT-R Magazine Vol.117 will feature on ways to prolong the ownership of GT-Rs. We will recommend new ways of modifying GT-Rs, namely “R’s remake”, that are beyond the usual ways of refreshing and tuning. 25 years have passed since the debut of R32 and it is approaching 7th year since the introduction of the current R35. We travel all around Japan and feel GT-R owners’ passion for their cars as well as their wishes to own the car for a very long time. How could you maintain the best condition for your GT-Rs may be of your interest. And we will go further than just restorations.

●The main contents inside “R’s remake”
Modernize BNR32
Ways to fabricate out of production parts
Clever DIY ideas from current owners
Strengthening ignition parts will keep RB26 healthy
The merit of replacing deteriorated wire harness
New ways of setting up your suspension
Evolution of digital sensors continue
Life expectancies of parts and the superiorities of new parts

As announced last month, Vol.117 comes with a DVD titled “The title of fastest R”. This DVD is 130min long and contains fastest GT-Rs in Fuji Speedway and Tsukuba Circuit. The footages are of onboard cameras of tuned GT-Rs, interviews of the tuning shops as well as drivers. We also brought the latest NISMO GT-R to both Fuji Speedway and Tsukuba Circuit and recoded its lap time.

dvd_02

Other contents of GT-R Magazine Vol.117 includes Skyline V37, the opening of R’s Meeting 2014 entries, the latest report on sports wheels and brand philosophies, Super GT 2014 report, GT-R Magazine original R34 steering wheel development etc.

dvd_01

「GT-R Magazine 117号」
5月31日(土)発売
特別価格:1,500円(税込)
発行:(株)交通タイムス社 http://www.kotsu-times.jp 偶数月1日発売

•Ž†

GT-R Magazine最新号(117号)は、GT-Rオーナーならば誰しも気になる「長く乗り続ける」ための手法を特集! 「R’sリメイク」と題した今号の巻頭企画では、従来のリフレッシュやチューニングといった定番メニューとはひと味違う、新しいGT-Rモディファイ術を提案しています。今年でR32がデビューしてから25年、現行モデルのR35も発売から7年目に入りました。毎号、全国各地で取材していると「一生乗り続けたい」という切なる想いを胸に抱くオーナーの方々が日に日に増えていると実感します。今後どうすれば良好なコンディションを保ち続けることができるのか? というのは皆さんにとって永遠のテーマだと思います。元の状態に戻す、すなわちリフレッシュやレストアといった手法の「一歩先を行く」というのが今回の企画のハイライトです。日々進化し続ける技術や新しい発想により、今だからこそ可能なリメイク術。ぜひとも参考にしてください!

●巻頭特集「R’sリメイク」の主なコンテンツ
・ BNR32を現代流に仕立て上げる
・ 製廃パーツを独自に興すという手法
・ 知恵で勝負する現役オーナー流DIY
・ 点火系の強化で衰え知らずのRB26に
・ 劣化したハーネスを引き直すメリット
・ 減衰力セッティングに新たな活路
・ 進化し続けるデジタルセンサーの効能
・ パーツの寿命と最新モデルの優位性

なお、今号には特別付録として前号の巻頭企画を完全映像化した「最速Rの称号」DVDが付いています! 以前にも告知しましたが、収録時間:130分という長編DVDでは、富士スピードウェイと筑波サーキットで取材した「最速R」たちの走りを完全収録! タイムアタック時の鬼気迫るインカー画像はもちろん、各ショップのチューナーが語る最速に賭ける思いやドライバーのインタビューも盛り込みました。また、話題のGT-R NISMOも富士と筑波でタイム計測を実施。いったいどんな記録を打ち出したのか? 本誌と合わせて、特別付録DVDもじっくりとご覧ください!

●GT-R Magazine117号 その他のコンテンツ:史上最悩のスカイライン・V37考察/R’s Meeting 2014・イベントエントリー受け付け開始!/スポーツホイール最前線・最新モデルに見るブランド哲学/スーパーGT 2014レポート・開幕ダッシュを決めるGT-R/R34用・Gマガステアリング第3弾・鋭意開発中! etc.

GT-R Magazine Vol.116 on sale now! GT-Rマガジン絶賛販売中!

「GT-R Magazine 116号」
4月1日(火)発売
定価:1,300円(税込)
発行:(株)交通タイムス社 偶数月1日発売

GT-R Magazine Vol.116
On sale from 1st April.
Price: 1300yen (consumption tax included)
Publisher: Kotsu times sha

GT-R Magazine Vol.116

GT-R Magazine最新号(116号)の巻頭特集は、題して「最速Rの称号」! 現在、富士スピードウェイで最速クラスのタイムをマークしている5台の チューンドGT-Rのほか、3月上旬からいよいよオーナーの元にデリバリーが開始された「GT-R NISMO」もフルアタック!

富士スピードウェイといえば、日本が世界に誇る屈指の高速サーキット。約1.5kmのホームストレートを300km/hオーバーで駆け抜ける1,000psクラスのGT-Rの迫力をお伝えします。

登 場するデモカーは、HKS本社・R35HKSテクニカルファクトリー・R35トップシークレット・R35ATTKDオーテック・R32オートギャ ラリー横浜・R34の計5台。ここに、GT-R NISMOと12万km走行している本誌R35(07年式のフルノーマル)も加え、富士を借り切ってタイムアタックテストを実施しました。気になる結果は 本誌をご覧いただくとして、各車のラップタイムや最高速、各コーナーの通過スピードなどの情報も掲載しているので、それぞれのマシンの特性や個性をじっく りと読み取っていただけると思います。

20140401-gtrmag-07

また、各車両のスペックのみならず、究極のGT-Rを作り上げたチューナーたちの思いやポリシー、そ のステアリングを握り命がけでアタックするドライバーたちのコメントも必見です。ちなみに、今回の取材の模様は動画としても収録済み。次号の117号(5 月31日発売予定)に特別付録DVDとして付きますので、こちらもぜひご期待ください!

20140401-gtrmag-06

The main feature article of Vol. 116 of GT-R Magazine is titled “The title of the fastest R”! We have gathered 5 of the fastest Fuji Speedway lapping tuned GT-Rs as well as GT-R NISMO and had them run at full speed.

20140401-gtrmag-05

Fuji Speedway is one of the fastest lapping courses in Japan. Home straight is close to 1.5km and all of them, with over 1000ps, reach the speed beyond 300km/h.

20140401-gtrmag-04

The 5 GT-Rs were of HKS headquarters R35, HKS technical factory R35, Top Secret R35, ATTKD Autech R32 and Auto Gallery Yokohama R34. We, also, decided to clock the lap time with our own R35 (MT’07, traveled over 120,000km, fully original) as well as the brand new GT-R NISMO. For results, I hope you will have the chance to read it on our magazine. Along with the lap time, we have detailed measurements of speed at each corners. We also feature interviews of tuners who built ultimate GT-Rs as well as drivers who drove them.

20140401-gtrmag-03

Yes, in modern days that we live today, we have caught all actions on video and will release it in one DVD together with our next issue, on sale from 31st May, of Vol.117 GT-R Magazine.

20140401-gtrmag-02

●GT-R Magazine116号の主なコンテンツ:巻頭特集:「最速Rの称号」/NISMO大森ファクトリー・BNR32再興プロジェクト/ケンメリの皮を被ったR32/HKS PREMIUMDAY in FUJI SPEEDWAY/大阪オートメッセ2014詳報/今が旬のユーズドR35購入ガイド etc.

●Main contents of Vol.116 GT-R Magazine: “Title of the fastest R”, NISMO Omori factory, revival of BNR32 project, R32 that wears the skin of Ken Mary, HKS PRUMIUM DAY in Fuji Speedway, Osaka Auto Messe 2014, Used R35 purchase guide etc.

A complete guide DVD on R35 GT-R overhaul 【GT-R Magazine特別編集】 R35 GT-R 完全オーバーホールガイド DVD 

史上初!R35の分解&リフレッシュ作業を映像で追う
GT-R Magazine初のDVDマガジン
総収録時間167分で3月5日発売!

 今年で創刊20周年を迎えるGT-R Magazineが、初の試みとなるDVDマガジンをリリース。編集部のスタッフカーとして活躍している2007年式の初期型R35GT-Rを分解し、各部の消耗度を細かく検証。今後も安心して長くR35に乗り続けるためにフルリフレッシュを敢行し、その作業の一部始終をDVDに収録した。GT-R MagazineのR35は、新車から6年で走行距離が12万3,000kmに到達している。街乗りからサーキット走行までさまざまな使い方をしてきたR35の内部は、いったいどのような状態になっているのか? 

 作業を依頼したのは日産の直径ワークスとして名高い「NISMO大森ファクトリー」。R35を知り尽くした熟練メカニックがエンジン/トランスミッション/シャシーをすべてバラバラにし、細かい部分に至るまで劣化具合を分析。消耗品を新品に交換するのみならず、流用できる部分は最新モデルのパーツにアップデートする。リフレッシュ完成後には、ワインディングとサーキットでその実力をチェック。新車時と比べて、オーバーホールで甦ったR35はどんなポテンシャルを見せてくれるか? 

 また、本DVDでは最新型のR35 2014年モデルも徹底分析。街乗り、高速道路、ワインディングでじっくりとその進化ぶりをインプレッションする。
 収録時間167分のDVD(2枚組)に加え、20ページのBOOKも付いた完全保存版。R35オーナーはもちろん、R32、R33、R34オーナーや、これからR35を手に入れようという方々も必見です!

● 発売元:株式会社交通タイムス社
● 発売日:2014年3月5日
● 本体価格:2,857円+税

For the first time, we have documented the overhaul & refresh process of an R35 in a film.
The very first DVD released by GT-R Magazine.
The length of the DVD is 167 minutes and will be on sale from 5th March.

GT-R Magazine is celebrating its 20th anniversary this year. As a commemorative gesture, we will release our very first DVD magazine, highlighting on our 2007 R35 GT-R, staff car, which has been driven over 123,000km for the last 6 years. We have pulled the car apart and checked how worn and torn the car really is and refreshed anything necessary. This R35 has been our everyday car as well as a circuit machine.

Our GT-R was diagnosed at NISMO Omori factory. Engine, transmission and chassis were pulled a part by highly skilled mechanics and received careful inspection. Many of the damaged parts were either replaced or updated with parts from the latest R35. After an overhaul, we brought the car to winding roads as well as a circuit to check for its potential. The DVD also looks closely into 2014 R35 and features extensive test drives in all sorts of situations.

The 167 minutes DVD comes with a 20page special booklet. This DVD is dedicated to GT-R owners of all generations as well as potential buyers of R35s.

Sold by Kotsu-times
On sale from 5th March 2014
2,857 yen (excluding consumption tax)

R35_DVD_14.02_001_ŠO•Ž†_167min_OL.ai

The latest issue of GT-R Magazine, Vol.115! GT-Rマガジン115号明日発売!

GT-R Magazine 115号
平成26年2月1日(土)発売 定価:1,300円
発行:株式会社交通タイムス社 www.kotsu-times.jp

1st Feb. 2014 On sale Price:1300yen
Publisher: Kotsu Times Sha www.kotsu-times.jp

gmag-feb2014-cover

GT-R Magazine 115号の巻頭特集は「愛車復調の処方箋」と題し、原因不明のトラブルや不調に悩んでいたGT-Rオーナーと、それを克復したチューナー(専門医)のドラマを綴っています。第2世代GT-Rはもちろん、3年間でなんと24万kmも走行したというR35まで、さまざまなオーナーが登場します。もうひとつ、巻頭内ではNISMO大森ファクトリーが所有するBNR32を題材に、「業界初の大実験」も敢行! 今号の表紙になっているクルマが、その実験の模様です。どんな実験をしたかは……ぜひ誌面でご覧ください!

Vol.115 of GT-R Magazine’s main feature is titled “Prescription of your car to recovery” and focuses on owners who tackled unknown causes of troubles on their GTRs. There are owners of second generation GT-R, an owner who drove 240,000km on his R35 in 3 years and many more. We have also decided to conduct an experiment, perhaps for the first time in automobile journalism, using a BNR32 at NISMO Omori factory. The GT-R on the cover is the subject being experimented on. What kind of experiment did we do… find out in our magazine.

gmag-feb2014-02

CONTENTS
愛車復調の処方箋
悩めるオーナーに手を差し伸べる専門医の手腕
Prescription of your car to recovery
Professionals who give helping hands to those tormented owners.

BNR32再興
NISMO大森ファクトリーが最新の技術を投じる
Recovery of BNR32
NISMO Omori factory shows us the latest technique.

R35GT-R 新旧対決
ロングツーリングで2014年モデルの実力を測る
R35GT-R Old VS New
We see the real capabilities of a 2014 model through a long touring drive.

gmag-feb2014-01

R’sトレンド考察
東京オートサロン2014詳報
R’s latest trend
Tokyo Auto Salon 2014 report

gmag-feb2014-03

Photo Journey of the debut and the latest R35 初期型と最新型で行く古都の旅

In the Vol.109 of GT-R Magazine, we have tested both 2007 model that our editorial office owns as well as the latest 2013 model and took them for a drive from Tokyo to Kyoto. During the 1200km of trip, we were amazed by how “sophisticated” the ride quality has become, on the 2013 model, and felt that it has less harshness that resembles R32, R33 and R34. The R35 has become more comfortable but we miss the harsh ride that is so distinctive of a GT-R.

_D3S5080

『GT-R Magazine』の109号(2013年2月1日発売)で展開したR35GT-R長距離ツーリング企画。編集部所有の初期型・07年モデルと、最新型・13年モデルの2台で東京と京都を往復。一般道、高速道路、ワインディングを約1200km走行し、R35が5年で遂げた「進化」を検証した。日頃から初期型の07年モデルに接している編集部スタッフとしては、毎年最新モデルに乗る度、その「洗練」された乗り味に感服する。と同時に、初期型ならではの「荒々しい乗り味」も捨て難いと思う。2台を同じ環境で走らせると、13年モデルのほうが乗り心地がマイルドで、トランスミッションの変速もスムーズ。エンジンのピックアップ(特に中速域)も初期型より鋭い。ハードとしては、最新モデルのほうが圧倒的に優れているのは明白だ。しかし、初期型のゴツゴツとした硬いフィーリングには、R32、R33、R34がそうであったように「GT-Rらしさ」が宿っていると感じる。GT-Rに限らず、世界のスーパーカーが新しくなるにつれて「快適」になっていくと同時に「らしさ」が失われて行くと感じるのは本誌だけだろうか?

_D3E6622
写真はモータージャーナリストの西川淳氏。京都のワインディングで07年/13年モデルを比較インプレッション。自らもフェラーリやランボルギーニを所有する生粋のスーパーカー好き。その目線で評すと、「R35の最大の欠点はインテリアのデザイン。赤い内装(オプションのファッショナブルインテリア)もどうかと思う」。性能はスーパーカーに引けを取らないが、「色気」ではまだまだ欧州のスーパーカーには敵わない、ということか?

_D3S5502
ロケ地は京都の「嵐山・高雄パークウェイ」。全長10.7kmのワインディングは路面もフラットで、気持ちよくハンドリングを楽しめる。展望台からは京都洛西の美しい景色や山々に囲まれた保津川など、美しい景色を一望できる。パークウェイ内にある「フラワーパーク」では、春は菜の花、秋にはコスモスが一面に咲き誇る。

_D3S5107

高速道路では13年モデルのほうが乗り心地もソフトで、ロングドライブでの疲労感は少ない。07年モデルは路面からの振動をドライバーに遠慮なく伝えてくるし、シートの出来もイマイチ。アクセルのレスポンスは13年モデルのほうが鋭く、クイックなハンドリングも相まってクルマが一回が小さく感じる。07年モデルは480ps、13年モデルは550psと最高出力は70psの開きがあるが、公道を走行している分にはそれほど大きなパワー差は感じない。

_D3S5298
写真は京都市東山区にある「八坂神社」。境内に「えべっさん」が祀られていることでも有名。北向きに社を構えていることから、北向蛭子社とも呼ばれている。現在の蛭子社は正保3(1646)年に建造されて、国の重要文化財にも指定されている。

_D3E6634
発売から5年半が経過したが、いまだR35の注目度は高い。京都の街でも多くの人が振り返り、熱い視線を送っていた。写真は京都市左京区の南禅寺中門前。ただ、小学生から年配の方まで、R35を見て口から出る言葉は、口を揃えるかのように「スカイライン」。まだまだ日本では「スカイライン神話」は根強いようだ。

“GT-R Magazine Vol.112” on sale from 1st August! 「GT-R Magazine 112号」8月1日(木)発売!

The main feature of GT-R Magazine Vol.112 is “Mission Reform of GT-R”. The word “reform”, in Japan, is used in the same meaning as renovation. This feature focuses on ways to refresh GT-Rs like brand new cars. So-called “second generation GT-Rs”, namely R32, R33, R34 have already ceased productions of factory supplied seats and it is almost impossible to find them new. Seats cannot avoid wear and tear, if used, as it is one place where driver touches no matter what. NISMO will release seat covers for these models later in autumn and we had an exclusive sneak preview. We will also feature an article on how to fix your seats by using polyurethane form. Other features includes panel beating techniques, noise reduction of interior and other easy ways to refresh your GT-R. There, also, is a follow up on our “R35 GT-R PERFECT BOOK II” that featured our staff car which had travelled over 120,000km. The detailed report on the overhaul of an engine is featured in the magazine.

● Contents summary of GT-R Magazine Vol.112 : The main feature “Operation GT-R reform” / in depth analysis of BNR34 Nur engine / revival of an R33 Autech version / R’s Meeting 2013 event guide / the completion of GT-R Magazine original R32 steering! etc

•Ž†
“GT-R Magazine Vol.112” on sale from 1st August/ 2000yen(GST included)/ published by Kotsu times sha co.,ltd/ published every even numbered months ●GT-R Magazine112号 2013年8月1日(木)発売/特別定価:1400円(税込み)/発行元:株式会社交通タイムス社/偶数月1日発行・発売
GT-R Magazine最新号(112号)の巻頭企画は「GT-Rリフォーム大作戦」! リフォーム(Reform)とは、住宅の改築や改装などでよく使われるキーワードです。骨格はそのままに、間取りや内外装を変更するなど、住居を「作り直す」ことを意味する和製英語です。今回の特集は、もう一度新車気分を味わいたいというオーナーの皆さんに向けて、GT-Rをリフォーム(リフレッシュ)する手法を紹介しています。現在、第2世代GT-RはR32/R33/R34ともに純正シートが製造廃止となっており、新品での部品購入は不可能な状況です。運転中、常に接している部分だけに、擦れやほつれなどでシートが傷んでいる方も多いはず。今回は、NISMOが今年の秋に発売予定のシートカバーを本誌独占でお披露目するほか、シート職人による内部のウレタン補修法なども紹介。また、フェンダーやボンネットなどの外板のズレの矯正術や、インテリアの遮音/制振対策など、愛車を手軽にリフレッシュできるさまざまな方法を伝授します。また、7月1日に発売したGT-R Magazine別冊『R35GT-R PERFECT BOOK Ⅱ』の続編として、「R35走行12万kmの真実・組み上げ編」も掲載。R35の心臓部ともいえるVR38DETTの組み上げ作業に密着、12万3000km走行したR35のエンジンオーバーホールの様子を克明にレポートしています。

● GT-R Magazine112号の主なコンテンツ:巻頭特集:「GT-Rリフォーム大作戦」/BNR34 ニュルエンジン深化の全貌/R33オーテックバージョン完全甦生計画・BCNR33再興/R’s Meeting 2013 イベントガイド/R32用Gマガ・ステアリング完成!etc.

D3S_5053
This issue of GT-R Magazine comes with a special gift of an original mouse pad! It can be used as an ordinary mouse pad or interior accent for R32/ R33/ R34/ R35 GT-R and comes with patterns. For more information, head over to GT-R Magazine’s official blog site!  http://www.kotsu-times.jp/gtrmag/

今回のGT-R Magazineには、特別付録として本誌オリジナルの「マウスパッド&メンテナンスパッド」が付いています! パソコン用のマウスパッドとしてはもちろん、R32/R33/R34/R35GT-Rそれぞれに対応する切り取り用型紙が付いており、内装の小物入れやドアポケット用の傷付き防止マットや緩衝剤としても使用することが可能です。今号の付録の詳しい内容は、GT-R Magazine公式ウエブサイトの「ブログ」内にて紹介しています!http://www.kotsu-times.jp/gtrmag/

furoku35

D3S_5221