カテゴリー別アーカイブ: 未分類

第二世代に最新技術を! The latest technology for the second generation!

Nissan GT-R Air Flow Meter
Nissan GT-R Air Flow Meter

第二世代に最新技術を!

第二世代のR32,R33,R34の共通の心臓部でありGT-Rの象徴でもあるRB26DETTエンジン。
各車、今までに様々なチューニングが施されてきています。
R35 日産GT-Rの登場により、第二世代と大きな時代の違いを感じられるようになりました。

第二世代どの車両においても定番の故障個所があります。
それは、エアフロメーター(エンジンに入る吸気空気量を計測するセンサー)です。
オーナーの皆様はほとほと手を焼いたことが多いかと思います。

純正新品は高額ということもあり、Z32用のエアフロを流用したり中古で代用か、自力ではんだ付けで直したりしてる方もいらっしゃるかと思います。
R32においては、既に20年以上という年月が過ぎておりエアフロ不調が多いです。

そんな中、ここ数年では上記の手法以外が主流となってきております。
それは、R35 日産GT-Rのパーツの流用です。
日産GT-RのVR38DETTエンジンはRB26DETTとは全く別物ですが、エアフロは部品の役割上、第二世代でも流用が可能です。

日産GT-Rのエアフロには以下のメリットがあります。

・第二世代の頃のエアフロよりも最新のエアフロのため高性能
・第二世代の場合は一体型で不調になった場合は全交換でした

が、日産GT-Rのエアフロはセンサー部分が独立しており交換の際の価格が安い

高性能で価格も安い!ならば最新のエアフロを利用しない手はありません。
が、利用する際に以下のデメリットがあります。

・エアフロセンサーが高機能になるため、コンピューターのリセッティングが必要

純正のままのコンピューターでは使用することが出来ません。
リセッティングは少々価格が高くなりますが、今後もの乗り続けて、エアフロ修理代を考えたら最新のエアフロにするほうがコストは安くなります。

 

Nissan GT-R Injector
Nissan GT-R Injector

R32,R33のオーナーの多くが体験したことあると思いますが、純正インジェクターの燃料漏れが多いです。
もともとの構造上の問題により燃料漏れを引き起こしています。同じ純正日に変えたとしても同じ現象が起きます。
この場合、代替としてR34のインジェクターを利用するのが一般的でした。
といっても、「燃料漏れが起きなくなる」以外のメリットはなく基本性能は同じなため特別感はありません。
そこで、もう一つの最新技術の導入のエアフロとセットとなって取り入れられた日産GT-Rのインジェクターを流用します。
日産GT-Rのインジェクターの特徴は、噴射口が12ホールであり、R34インジェクターよりも噴射燃料が霧状化しやすい点です。
霧状化しやすいということは、燃料がシリンダー内で燃えやすい状態になり、低速トルクやレスポンスの改善が期待できます。

ちなみに、なぜエアフロとインジェクターのセット交換が定番かというと、インジェクターを日産GT-Rインジェクターを流用した場合、エアフロと同様にコンピュータのリセッティング必要になります。
エアフロ、インジェクターを別々に交換した場合、それぞれでリセッティングをする必要があります。
一度にまとめて交換してしまえば、リセッティングが一度で済むため無駄な出費を抑えることが出来ます。

第二世代のオーナーで、エアフロが不調が続く、インジェクターの燃料漏れでお悩みの方は、最新技術の日産GT-R用の流用を考えてみてはいかがでしょうか?

 

The latest technology for the second generation!
RB26DETT engine which is the common heart of the second generation R32, R33, R34 and is a symbol of GT-R.
Various tunings have been applied to each car, so far.
With the introduction of R35 Nissan GT-R, we were able to feel the difference between the second generation and the great era.

There is a classic breakdown point in every second generation vehicle.
It is an airflow meter (a sensor that measures the amount of intake air entering the engine).
I think that owners are most likely to have barely handed themselves.

The genuine new article is also expensive, I think that some people diverted the air flow for Z32, substitute for second hand or substitute by soldering on their own.
In R32, years and months have passed since 20 years already and there are many air froths.

Meanwhile, in recent years other than the above method has become mainstream.
That is a diversion of R35 Nissan GT-R parts.
The Nissan GT – R ‘s VR 38 DETT engine is totally different from RB26DETT, but Air Flo can be diverted even in the second generation because of the role of parts.

Nissan GT-R’s Air Flow has the following advantages.

· High performance due to the latest airflow than the second generation airflow
· In the case of the 2nd generation, it was a one-body type and it was a complete exchange when it became bad

, But the Nissan GT-R’s Airflow has its sensor part independent and its price is cheap when exchanging

High performance and cheap price! Then there is no hand that does not use the latest airflow.
However, there are the following disadvantages when using it.

· Resetting of the computer is necessary because the air flow sensor becomes highly functional

It can not be used with genuine computers.
Resetting will be a little expensive, but if you continue to ride in the future, thinking about the airflow repair cost, the cost will be lower if you make it the latest airflow.

I think there are things many of the owners of R32 and R33 have experienced, but the fuel leakage of the genuine injector is many.
Fuel leakage is caused by the original structural problem. Even if you change to the same genuine day the same phenomenon will occur.
In this case, it was common to use the injector of R34 as an alternative.
However, there is no merit other than “no fuel leak will occur” There is no special feeling because the basic performance is the same.
Therefore, we will divert the injector of Nissan GT-R which was adopted as a set with the air flow of introducing another latest technology.
The characteristic of the injector of Nissan GT-R is that the injection hole is 12 holes, and the injected fuel is more likely to atomize than the R34 injector.
The fact that it is easy to atomize makes it possible for the fuel to burn easily in the cylinder and improve low speed torque and response.

By the way, why airflo and injector set exchange is standard, if you use Nissan GT-R injector for injector, you need to reset computer like airflow.
If you replace the airflow and the injector separately, you need to reset each.
If you replace them all at once, you can restrain wasteful expenses because resetting can be done only once.

If you are troubled with fuel leakage of the injector, which is the owner of the 2nd generation and the airflow continues to fail, how about considering diversion for the latest technology Nissan GT-R?

オンラインストアリニューアルのお知らせ

2017年4月27日(木)にオンラインストアのリニューアルを行います。

サイトに一時アクセスが出来ない場合がありますが、ご了承ください。

 

On April 27, 2017 (Thursday) I will renew the online store.

We may not be able to temporarily access the site, but please understand.