Exhaust flame cooking! エキゾースト・バックファイア・クッキング

We admire the work of Shemee150. He gets around the world and shoots exotic supercars not many people will encounter everyday. And he made this video of Christmas Turkey being cooked with Lamborghini AventaDEER. He must’ve thought it was funny but…hmmm.

Shemee150はスーパーカー業界ではちょっと有名なYouTubeチャンネルです。世界中のエキゾチックなスーパーカーを撮影し、それで生計が成り立っていそうなんです。っで、クリスマスに合わせてランボルギーニ・アヴェンタドールを用いてターキーを焼いて話題を呼んでいます。トナカイ(ディア)とアヴェンタドールを合わせて、「アヴェンタディア」って呼ぶセンスがダサ過ぎて苦笑いです(笑)

Aventadeer

Cooking something with shooting flames is nothing new.
でもエキゾーストのバックファイアでの調理、何もコレが初めてじゃないんです。

As far as I can remember, this was the first video to show us that exhaust flames can cook a sausage.
ボクの記憶が正しければ、このアヴェンタドールでのソーセージ調理がお初じゃないでしょうか?

Someone in China did the same and they managed to set fire on a sausage.

中国で撮影されたモノは、凄いです。最後にはソーセージも引火してますから(笑)。

We would love to see GT-Rs cooking something with spitting flames since they do a good job as well.
でも、GT-Rだってバックファイアは得意なので、どなたか作ってくれないですかねぇ、立派な丸焼きを・・・。

R32

R33

R34

R35

Ah… the explosive sound is simply amazing.
それにしても大迫力ですわ。

Unofficial Juke R is very cool! ロシアのチューナーが作り出したジュークR仕様

Juke R, undoubtedly, is one of the craziest and funkiest cars around with a very BIG price tag. As it is a Nissan Juke with an R35 hardware, the Russian tuning house called SV Engineering decided to build one themselves. Some people may remember this epic run of Juke R against Bugatti Veyron. It could not quite beat the Veyron but it was pretty close.

ジュークRといえば日産が世の中に送り出した、もっともクレージーでファンキーなとてもお高い車です。乱暴な言い方をすればジュークにR35のハードウェアを移植しているだけですから、“素材”があれば・・・、とロシアではSVエンジニアリングというチューナーがDIYしちゃったんです。世界の衝撃を与えたのが、このブガッティ・ヴェイロンとの対決です。0-400mはジュークRが勝ちましたからねぇ。

Currently, this Juke R is running at bit over 800ps…

っで、このジュークR、ずっとチューニングされ続けていて、今では800㎰オーバーだそうです。

We would like to see more transplant of R35 hardware…

R35のハードウェア移植、もっといろんな車で見てみたいものです。

Nissan Skyline GT-R with a price tag of 1,000,000 Euros?! 日産スカイラインGT-Rが100万ユーロ?!

A German car shop called “GT-A” has Nissan Skyline GT-R of the R34 for sale with a price tag of… whopping 1,000,000 Euros. It is claimed that this particular car was driven by Paul Walker’s Brian O’Conner character from the Fast and the Furious movie franchise used in the fourth film.
ドイツのGT-Aなるショップ、日産スカイラインGT-Rを100万ユーロで販売しているんです。なんでもワイルドスピード4でポール・ウォーカー演じるブラアン・コナーが運転したもの、と謳われています。

This, also, is an R34 which starred in Fast and Furious 4…
でも、これもワイルドスピード4に登場していました・・・

It is a replica of GT-R made from GT-S.
これはスカイラインGT-SベースのGT-Rレプリカ

This , also, is an R34 which starred in Fast and Furious 4…
でも、これもワイルドスピード4に登場していました・・・


It is a replica , used for stunts, of GT-R made from… god knows what and carries a VW bug engine.
これは何がベースか分かりませんがスタント用でVWビートルのエンジン搭載。

After a bit of Googling, there seems to be 7 R34s/R34 replicas used in the shoot of Fast and Furious 4… Would you still pay 1,000,000 Euros for this GT-R?
ググった結果、どうやらワイルドスピード4の撮影には7台(数台は既に廃車?)のスカイラインGT-R/GT-Rもどきが用いられてそうで・・・、それでもスカイラインGT-Rに100万ユーロの値がついてしまうんでしょうかねぇ?

It’s winter and I can’t wait for Ice Ricers’ videos. Ice Ricersの動画が待ち遠しい冬到来ですね

Winter has arrived but GT-R is good for snow, too, as proven by guys at Ice Ricers. I’ve always liked their work and I can’t wait to see their new work for 2014… if they are making any.

Who in the right mind would drive UP ski slope at this speed in a car?!

I, especially, like the scene where a GT-R is being followed by snowmobiles. The amount of snow a GT-R scrapes is simply stunning.

I hope Ice Ricers are working on a new project with a GT-R

東京は雪こそ降っていませんが、いよいよ冬らしく寒いですねぇ。寒い冬といえば、スキー。スキーといえばIce Ricersの動画を思い出すんです。特にスノーモービルに追われているGT-Rのシーン、4輪が掻き毟る雪の量、半端じゃありません(笑)。

今年はどんな雪GT-R動画を見せてくれるのか楽しみです。

First time on a GT-R… now?! いまさらGT-R試乗記

If some of you have never been on R35, this video demonstrate how a passenger blushes and gets all excited about the car. It may not be the world’s sexiest car but has the potential to match or even threatens world’s best. Also, he has a point. It would be one of the best cars in terms of value for money especilly when purchased second-hand…

最近、YouTubeでは“素人”インプレッションが流行りのようです。カメラの進化、PCの進化などでユーザー層が大幅に増えてきているのでしょう。簡単そうに見えますけど、構成をちゃんとさせようとすると編集作業は意外と大変。そういう意味では情熱たっぷり。っで、この助手席インプレッション、なんと今回が初めてのGT-R体験なんですって。

助手席に座り込んでまず語るのは、新車時価格が安いから内装はどうしてもスーパーカーっぽくない、とネガティブにスタート。でも、ひとたび加速を味わってからの彼の表情をご覧ください。

もう笑みが止まりませんし、顔が若干赤らんでいますね。この笑み、生理学上は恐怖心がもたらすものなんですよねぇ。血中アドレナリン濃度は上昇、心拍数も凄いことになっていそうです(笑)。コストパフォーマンスうんぬん、加速の強烈さについて色々語っていますけど、彼の表情を見るだけでGT-Rの凄さが伝わってきます。

意図した表情作りではないでしょうけど、もっとも伝わりやすいインプレッション動画かもしれません(笑)。

 

May you rest in peace, Paul Walker. 安らかにお眠りください、ポール・ウォーカー

The team behind Universal’s successful “Fast & Furious” film franchise has released a heart-tugging video aptly titled “A Tribute to Paul Walker” following a crash in a Porsche Carrera GT driven by his friend Roger Rodas.

The two-minute video contains scenes of Walker from the Fast and Furious films he played with Skylar Grey’s I’m Coming Home heard in the background.

On the YouTube page there’s a note that reads:
“Paul Walker’s family appreciates the outpouring of love and goodwill from his many fans and friends. They have asked, in lieu of flowers or other gifts, that donations please be made to Paul’s charity Reach Out Worldwide (ROWW). Donations can easily be made through their website at www.ROWW.org.”

In the meantime, Universal said on Wednesday that it has shut down production of the seventh film of the series for an indefinite period.
RIP, both Paul and Roger.

多分、多くの方はご存じなかったでしょうが映画「ワイルドスピード」、実はユニバーサルスタジオ最大のヒット作なんです。シリーズ7作目にも取り組んでいたようですが主演の一人、ポール・ウォーカーが亡くなったことで撮影は一時凍結が発表されました。
そもそもは車好き向けに作られたものでしたが、意外と計算された内容なんです。

・ゲーム(グランツーリスモ)
・車
・家族愛
・友情
・義理人情

白人のみならずヒスパニック系、アジア系へのウケもしっかり狙っているんです。実際、ワイルドスピードを観に来るお客さんはヒスパニック系が多かった、と聞いています。

もとい。

ポール・ウォーカーへ捧げるトリビュート、という題名でワイルドスピード製作陣が動画を作ったようです。YouTubeには親族が多くのファンからの温かいメッセージに感謝の言葉が記されていると同時に「花やギフトを贈って頂くのであれば、ポール・ウォーカー創設のチャリティファンド、“リーチアウトワールドワイド” www.ROWW.orgへの募金に替えて頂ければ幸いです」との要望も。

ポール・ウォーカーはチャリティに熱心で事故当日も、フィリピンのハリケーン被害へのチャリティ・カー・イベントに参加していたんです。早過ぎる死、惜しまれる死です。ご冥福をお祈りします。

なお、GT-R Otakuではこのような追悼の会を催す予定です。
https://www.facebook.com/events/185178715017472/

12/6、ポール・ウォーカー追悼キャンドルライティングを行います

ポールウォーカー追悼キャンドルライティング

12月6日22:00から、ポール・ウォーカーの急逝を追悼し渋谷のスクランブル交差点でファンによるキャンドルライティングを行います。
当日120個のLEDキャンドルを用意しますが、足りないことが予想されるので各自スマホのライトやキャンドル等を用意してください。
120個のLEDキャンドルは21:45からハチ公の前の緑の旧世田谷線車両のあたりで配ります。
初めての試みなので、運営上ご迷惑をおかけするかもしれませんがみなさんのご参加をお待ちしています。
22:00〜22:30の間で、交差点でライティングをしたいと思っています。

22:00 6th December, fan gathering for Paul Walker Tribute Candle Lighting will be held in Shibuya, Tokyo.
Please feel free to drop by and we look forward to seeing you.
We will have around 100-120 LED candles to give away. In case the LED candles run out, please use your mobile phone LED light, candles etc.
RIP Paul Walker.