Nissan UK’s “eVision” 英国日産が取り組む「eVision」

Nissan UK has introduced a new customer relatioship management programme called “eVision”. Nissan is introducing video-walkthroughs of vehicles to be shown to customers before work is performed. Basically it involves mechanics making a quick iPhone video of a customer car, pointing out what needs attention, then e-mailing said video to the customer for review before the work is approved. A “green-yellow-red” scale of repair-necessity will be included along with a cost estimate of the work.

Anyone who’s had a phone call from a mechanic telling you your brake pads/serpentine belt/flux capacitor is “looking pretty worn” would surely appreciate technology like this coming into the main stream. It’s also a win for honest mechanics, who could use this tool to debunk negative stereotypes about their revenue-generating practices.

Why Nissan hasn’t introduced this service in Japan, we have no idea…

車の整備で微妙なのは「壊れてましたから交換しておきました」といった類の、騙されているのか本当なのかがハッキリと確認できない点かもしれません。まぁ、事前に電話をくれる整備工場、交換前の部品を見せて説明してくれるところも、ちゃんとありますけどね。っで、そんな不安は世界共通なようで、イギリスでは日産が新しい取組みをしているんです。

サービス名は「eVision」。整備で入庫した車をメカニックがチェックし、交換推奨部品(グリーン、イエロー、レッドで緊急度の色分けも)はiPhoneで動画撮影。作業前に見積書とともに動画で確認することができるサービスです。明朗会計ってやつでしょうけど、整備に取り掛かるまでの待機時間が増え、工場稼働率が下がるようにも思えますね(笑)。

いずれ日本にも導入されるんですかね、これ?

いくらインターネットが普及しても世の中の基本は人と人のコミュニケーションだと思っています。整備工場との上手い付き合い方も、コミュニケーションだと思うんですけどね、こんな事前動画撮影サービスなんぞなても・・・。世知辛い世の中なんですかねぇ・・・。

R35 that carries a Chevrolet LS1 engine?! シボレーLS1エンジンを搭載するR35?!

I encountered a YouTube video featuring what it appears to be an R35 fitted with Chevrolet LS1 engine…

http://youtu.be/dUsfM3TLgwE?t=9m55s

What? Who would be silly enough to throw away that awesome twin turbo V6, VR38DETT? Well, as it tunred out, the story is quite… mixed up. It’s Nissan, S15, Sylvia with LS1 engine that has been modified to look as an R35! Oh, Russia…

【上の動画は下の動画リンクをご覧になってからクリックしてください】

YouTubeを漁っておりましたら、R35にシボレーLS1エンジンを搭載してドリフトしている人がいるじゃあーりませんか・・・。

http://youtu.be/dUsfM3TLgwE?t=9m55s

一体、誰があの名機を捨ててまでLS1に載せ換えてしまうのか・・・、とよーく動画をみると、これまたとんでもない話なんです(笑)。なんでもこの車両、元は日産S15シルビアでエンジンがしょっちゅう壊れて困っていたんですって。そこでLS1エンジンに載せ換えて、どうせならボディをプラスチックでR35みたいにして、とドンドン改造が進んでいったとか。ちょっと長く、英語の字幕ですが、ロシアのドリフト事情がちょっと垣間見られます。

A new speed record for GT-R at UNLIMITED+500 Unlimited+500におけるGT-Rの記録更新

The 1,700hp+ Nissan GT-R Goliath by Switzer set a new top speed record in a 1 mile (1.6 kilometers) run for GT-Rs at the latest Moscow Unlimited 500+ racing event. According to the organizers, only two other vehicles have surpassed the 400km/h mark in a 1 mile run, a “Ford GT at 430km/h and a Chevrolet Camaro at 402km/h.

Switzer’s heavily modified, yet, street legal GT-R Goliath reached a speed of 402.23 km/h in 1 mile after just 22.602 seconds.

The Goliath was made for an unnamed client (likely from Russia) with Switzer stating the following about said car:

The car the client asked us to build had to be ‘for street use’, not just ‘street legal’. “The difference there is the difference between ‘comfortable’ and ‘tolerable’. He made it very clear that he expected this to be a ‘real car’ with full climate control, cruise control, sound system – all the amenities, in other words.

He also wanted the car to run a low 20-second ET at the Moscow Unlimited.

ロシアのUnlimited+500という1マイル加速イベント、ホント熱心に動画をアップしますよねぇ。まるで洗脳のように、このイベントの凄さを刷り込まれている担当者です(笑)。10月13日に行われた1マイル加速イベントで、新たにGT-Rにおける1マイル加速最速記録が樹立されたようです。22.602秒、最高速402.23㎞/hですって。もう、何がなんだかよくわからない数値になっています。

ちなみにUnlimited+500での400㎞/hオーバーはフォードGTの430㎞/h、シボレーカマロの402㎞/hでGT-Rとしては初の400㎞/hオーバーとか。

Switzer(シュヴィッツァー)が手掛けたGoliath(ゴリアス)は最高出力1700馬力。オーナーからのリクエストは公道走行可能車両ではなく、ストリートカーのキャラクターを捨てずにUnlimited+500のイベントで20秒台を狙いたい、というリクエストだったそうです。“なんとか公道を走れる”ではなく、ちゃんと“足”として使えることが条件。具体的にはエアコンが使えて、オーディオが使えて、クルーズコントロールが使えて、という贅沢な要望(笑)。「幾らでもイイから、頼むよ!」って感じのオーダーなんでしょうねぇ・・・。

GT-Rのチューニング事情はロシア・・・、凄そうですよねぇ?!

Nissan Patrol with modified R33 Skyline engine! 日産パトロールにR33の改造エンジンを載せる遊び

The guys from Bijou Motorsport have decided to fit an RB25GET from R33 Skyline into a Nissan Patrol(codenamed Y60 and built between 1987 and 1997)… Not much is known about the builder nor how it came to be, but the author of the videos tells us that the fourth generation Patrol had an engine transplant from a Nissan Skyline (probably the R33). We’re also not aware if the RB25DET engine is stock or not, but data shows that the 2.5-liter turbocharged straight-six produced from 245hp to 276hp (280PS), depending on the version. But it doesn’t sound bad.
Oh they, certainly, know how to have fun!

Well then, why do we not search for something else on YouTube, right? And we came across an R33 Skyline GT-R carrying 8.3V10 engine from Dodge Viper along with an R35 GT-R with… Lancer Evolution front bumper! lol

日産パトロールといえば、トヨタランドクルーザーと並んで日本であまり売れない、海外で重宝されているクロスカントリー車の重鎮です。ハッキリ言って、高級ブランドのSUVとは走りの格が違います(笑)。っで、そんなパトロール(Y60型)にR33スカイラインのRB25GETエンジンを搭載したのがブルガリアのBijou Motorsportです。情報はごくわずかしかなく、謎めいていますが、とにかく楽しそうです。

ならば、とエンジンスワップを検索していて出くわしたのがR33GT-Rにダッジバイパーのエンジンを搭載した、SKYPER!フェアレディZにGT-Rのエンジンとか・・・、よくあるパターンなので割愛します(笑)。

Skyper 8.3lV10

そしてR35に三菱ランサーエボリューションのバンパーを仮止めした車

R35 with Lancer Evolution bumper?!

いやはや、世の中いろんな遊びがあるものです。

R33 Skyline GT-R with HEAT SENSITIVE PAINT?! 温感塗料で全塗したR33スカイラインGT-R

Having your car re-painted takes bit of courage as there is no turning back unless you keep re-painting. Over the recent years, drivers have been enjoying vinyl wraps as you can always rip it off and have the car back in original paint. Especially in used car market, original paint is usully an important factor. The vinyl wrapping became popular with its matte colors, chrome colors and the trend seems to be moving towards… brushed.

But that doesn’t stop paint shops to come up with something unique to catch people’s attention. What I encountered, recently, on YouTube is an R33 Nissan Skyline GT-R with… HEAT SENSITIVE PAINT!!! It comes from Auto Kandy, a paint shop located in the UK. Yes, that is just water being poured on the body, yet it’s completely altering the color of the car, from that brilliant orange to an oily black.

水をかけると、あーら不思議・・・、真っ黒けっけです。

ラッピングって流行ってますよねぇ。好きな色に替えてもラッピングを剥がせばイイだけで、売却時には再塗装という評価がされません。マット系、クローム系と流行ってきましたが、トレンドはブラシ仕上げに向かっているのでしょうか?個人的にはブラシ仕上げのゴールド、嫌いじゃありません!でも、車を好きな色に全塗する、っていう男気溢れるプラモデル感覚も大好きです。っで、イギリスのAuto KandyなるショップがYouTubeにアップした動画が、ちょっとした話題を呼んでいるんです。

こんな風に、なにか浮かび上がったほうがカッコいいと思うんですけどねぇ?

Our souces have informed us…on Nismo GT-R 内部に詳しい人間によるニスモGT-R情報

I dislike this phrase, as it is so lame, but I’m going to use it anyway… “Our sources have informed us” that the time attack at Nurburgring for Nismo GT-R went superbly well. In fact, they have managed to beat all the previousl records held by R35. The time is yet to be revealed at Tokyo Motorshow in November but we heard some other interesting things regarding Nismo GT-R as well.

We cannot, unfortunately, confirm any of the information stated below and we hold no responsibilities for our misrepresentation…

1.Time attack was done by not only Sebastian Buemi but, apparently, Michael Krumm took part as well.
2.Target lap time was 7:10 and it was achieved by Michael Krumm.
3.Nismo will come in three, or less, different specifications just like R34’s S-tune, R-tune and Z-tune.
4.Nismo and Williams focused on aerodynamics of the car and have managed to increase downforce significantly, which led to the successful record beating lap time.

You may believe them, you may laugh them off as rumors. In a month time, truth shall prevail!

Nismo Skyline GT-R Z-tune

内部に詳しい人間によると、ってニュース報道の書き方、凄く嫌いなんですが・・・、使わせて頂きます。内部に詳しい人間によると、ニスモGT-Rのニュルブルクリンクにおけるタイムアタックは好ましい結果となったそうです。R35が今までに刻んだタイムを上回り、晴れて東京モーターショーで世界発表できる、とのことです。また、ニスモGT-Rにまつわる複数の情報もキャッチしていますので、披露させていただきたく存じます。

ただ、いずれの情報もあくまでも伝聞ですので、GT-R Otakuでは一切の責任を負えません(笑)。

1.タイムアタックはセバスチャン・ブエミが行う、と発表されていたが、ミハイル・クルムも参加していた
2.ニュルブルクリンクの目標ラップタイムは7分10秒で、ミハイル・クルムが樹立させた
3.ニスモGT-RはR34スカイラインGT-Rの時のように、S-チューン 、R-チューン、Z-チューンと複数グレード用意される
4.ニスモとウィリアムズが注力したのは空力特性で、前後におけるダウンフォースを従来よりもはるかに高めることで今回のラップタイム樹立に寄与した

噂だと聞き流していただいても結構ですし、信じていただいても結構です。あと1か月後に迫った東京モーターショーにて、すべての事実は明らかになることでしょう。

Time attack footage of Nismo GT-R

Nismo GT-R will be attacking Nurburgring very soon. ニュルでタイムアタックに挑む、ニスモGT-R

According to Autocar Nurburgring track insiders have reported that Nissan has booked exclusive use of the venue for its laps. The current fastest verified time for a Nissan GT-R at the circuit is 7m18.6sec, set by Toshio Suzuki in 2012. That is the ninth fastest time by a road-legal car at the circuit. Former Formula 1 driver Sébastien Buemi is posied to set a new lap record for the Nismo GT-R at the Nurburgring this week.
Head over to Autocar for more detail.

Autocarが報じたところによると、ニュルブルクリンク関係者が今週、日産がコース占有予約をしている、と漏れ伝わっているようです。つまりはニュルブルクリンク・タイムアタックで、間もなく発表されるニスモGT-Rでのタイムアタックでしょう。元F1ドライバー、セバスチャン・ブエミがステアリングを握るようです。現在、日産GT-Rが誇るニュルブルクリンクのタイムは2012年に樹立した7分18.6秒で、公道走行可能な車のなかでは9番目のタイム。現在、開発も最終段階に入っているであろう、ニスモGT-R。スクープ動画の走りを見ても、“オカシナ”くらい路面に食らいついています。ウィリアムズとの共同開発で空力が進歩しているのか、足回りが違うのか、とにかくレーシングカーのような走りをしています。タイム、楽しみですね!