Nissan had already gotten the trade marks of “R Hybrid” registered in Japan back in June. 6月には日産が登録していた「R Hybrid」の商標

We have brought you a story on the possible addition of a hybrid model in the lineup of GT-R day before yesterday. The trade marks have been registered in the US but I didn’t bother checking our own, Japanese registration. As one of GT-R Otaku memeber, Shin-san, pointed out to me, Nissan had submitted registrations of “R Hybird” as well as “PURE DRIVE R HYBRID” in the beginning of this year and were granted copy rights to Nissan in June.

r_hybrid2

GT-Rにハイブリッドモデルが投入されるかも、という話題の 続報です。アメリカにおける商標登録だけしかご紹介しませんでしたが、実は日本の特許庁にも「PURE DRIVE R HYBRID」ならびに「R HYRBID」はちゃーんと登録されていました。本来、ブログ執筆時に確認すべきでしたが、GT-R OTAKUのメンバー、SHINさんからの指摘で発覚しました!Many Thanks!

R35 is being compared against the new SLC AMG?! R35はSLC AMGのテスト車両比較対象?!

We don’t know whether the Mercedes/AMG SLC will act as a replacement for the SLS AMG or take a spot right under it in Mercedes’ sports car lineup. What we have heard about the SLC, is that it will ride on a modified version of the SLS’s front-mid-engine platform, and will have an entry-level price of around $100,000, or about half the cost of the SLS.

The prototype of the SLC that’s pictured here driving on and around the Nürburgring track is still wrapped in silky black tape. Aside from the obvious choice that is the Porsche 911 series, Stuttgart is also eyeing the Nissan GT-R as we can see on the scoop photos featured on Carscoops, if not for its looks, it’s undisputed performance credentials for sure.

Codenamed C190, the SLC is rumored to have up to three turbocharged V8 powerplants delivering up to 600 horses, with an entry level turbocharged V6 also being considered. The SLC is likely to arrive in the market within the next two years.

mb-sls-amg-1
SLS AMGの弟分となるのか、後継車となるのか定かではないSLC AMGですが、開発自体は着々と進んでいるようです。SLSのプラットホームを用いて、1000万円クラスの車両になる、という情報だけは漏れ伝わっているのですが、正式なところは何も分かりません。

また、漏れ伝わっている情報はSLC(コードネームC190)は3タイプのV8ターボエンジン(最強モデルは600ps 程度)が用意され、エントリーモデルのみV6ターボエンジンを搭載するそうです。写真を見るかぎりガルウィングではなさそうですから、やっぱり弟分なのかなぁ?

っで、ニュルブルクリンクで激写されたSLCのテスト車両をCarscoopsが取り上げているんですが、テスト比較にはR35を投入したようです。高級スポーツカーの世界は性能だけではなく、高級感だけではなく、コストパフォーマンスだけでもありませんけど・・・、やっぱりR35はAMGでさえも気になる存在であることは間違いなさそうです!

もっと写真を見るにはコチラ

Next generation Maxima? New sport sedan using GT-R components? 新型マキシマなのか、GT-R譲りの新型スポーツセダンなのか?

Nissan likes to think of Maxima as a “four-door sports car”, despite its front-wheel drive setup complete a CVT. Hollywoodextra has featured an article on a recent Nissan event which showed this amazing looking sedan. They appear to show a four-door sedan closely inspired by the profile of the GT-R with crisp sidelines and a fastback rear end.

2
In the second photo we see a front fascia that departs from that GT-R styling and borrows heavily from the Resonance concept from this year’s Detroit Auto Show. And they seem to think this sporty sedan concept rendering become the next-gen Maxima. We have no information on this matter but how cool would it be if they used the components of a GT-R on a new sport sedan?

1
The world is filled with sport sedans now days even Porsche and Aston Martin build their versions of sedans… why can’t Nissan make a real sport sedan using the components of a GT-R? It may be a wishful thinking but we can dream, can’t we?

3
日産がアメリカでプレス向けのイベントを開催したようですが、そこで登場した1台の車のスケッチが話題になっています。Hollywoodextra によると、次世代マキシマではないか、とのことです。

なぜ話題になっているか?Aピラーからルーフラインをご覧頂ければ、GT-R譲りなことが伺えるからです。マキシマは4ドアスポーツカー(4DSC)を謳っていますがFFでCVTという・・・、失礼ながら、フツーのセダンなんです(笑)。

ここいらで大きくイメージチェンジを図るつもりなのか、GT-R譲りのスタイル投入?とはいえマキシマはマイナーチェンジしたばかりで、このスケッチの車両は2014年デトロイトで発表され、生産は2015年では、と噂されています。

何 の情報もありませんが、個人的にはGT-Rのコンポーネンツを他車で利用しない手はない、と思っています。マキシマでもイイですけど、これだけ4ドアス ポーツセダンが世間に受け入れられていることを鑑みれば、GT-Rセダン(名称はどうであれ)の投入があってもオカシくはないですよね。まぁ、商売的にど うなのか、が重要でしょうけど・・・。

Every luxury sport car needs their branded bikes? ! 高級スポーツカーに欠かせないのは自転車?!

It is fair to say that Nissan tried to transform the image of R35 GT-R from that of previous Skyline GT-R series. As far as I’m aware, Nissan tried to discourage people from tuning R35 by stating in warranty that if the car is modified, Nissan, basically, would void its warranty. But many people didn’t care what Nissan said and went ahead and tuned their R35. As we’ve seen on YouTube and what have you, many of them with impressive performance.

I had been pondering upon the reason for Nissan’s failure to place R35 as luxury sport car such as Porsche 911. Nissan tried to transform dealerships into GT-R exclusive salon-like shops… but many franchise owners didn’t follow through. Sales staff were never used to selling expensive luxury sport cars anyway… And I noticed one thing… Many luxury sport car brands offer bicycles but Nissan doesn’t!

But I came across this hybrid bike called “GT-R”… even the logo looks familiar… And as you can guess, this bike has nothing to do with Nissan GT-R…lol

日産はGT-RでスカイラインGT-Rとは一線を画すつもりだったのだと、思っています。ぶっちゃけチューニングして欲しくなかったからこそ、あそこまでうるさく保証書に改造禁止を謳ったのではないでしょうか?つまり、チューニングカーのベース車になるのではなく、ポルシェ911のような愛され方(もちろん、チューニングする人も居ますけど・・・)を望んでいた?!

でも、結果的にR35はポルシェ911のようなステイタスは得られていないような気がしてなりません。女性がエルメスのバーキンやケリーにひれ伏すような効力・・・、GT-Rにはありません。まぁ、そういう点では、最近は車が凄いからどうのこうのはないでしょうね(笑)。っで、冷静に高級スポーツカーブランドと日産GT-Rを考えて・・・、一つ決定的な違いを見出したんです。それは・・・、「自転車」です。

GT-Rには、日産には、自転車がないんです。っで、検索してみたら「ハイブリッドフル電動自転車GTR」なるものに遭遇(笑)。イイんですかねぇ、ココまでロゴが一緒で?特許庁の商標登録を確認すると自転車もGTRの商標に含まれているのでNGっぽいんですが、R35の存在を脅かすようなものではないから、日産は静観?

ってなわけで、R35高級スポーツカー論から小ネタでした(笑)。

gtrlogo

RB26 is a wonderful choice for “engine swapping” エンジンスワップの選択肢にRB26はグッド!

Personally speaking, I’ve always been fascinate by the idea of “Engine Swapping”. I fall in love with many cars and especially when I see an attractive old car, I imagine changing its engine and transmission to a newer one so that it would be easier to maintain and have the performance that matches the cars of today.

It’s not something new but I encountered some people who use the famous RB26 engines in BMW3 series and Holden Commodore… GT-R is special but just one product of Nissan with affordable price considering its performance. Yet, the potential in GT-R is as high as racing machines and we love it!

BMW 3Series

お次はホールデン・コモドア(オーストラリアGMの主力セダン)
HOLDEN Commodore

個人的に踏み込めていないけれども、やってみたいことナンバー1に「エンジンスワップ」が挙げられます。特に古い車のカタチに惚れ込んでしまった際(まぁ、惚れる車はたくさんあるんですが・・・)、新しめのエンジンとトランスミッション載せたら維持しやすく、現代の車を驚かすことができるかなぁ、と妄想するんです(笑)。

世の中にはそんなことを思っている人はゴマんといらっしゃるようで、なかには自動車メーカーの垣根を越えたパフォーマンス重視のエンジンスワップにGT-Rのモノが用いられているようです。まずはBMW3シリーズにRB26エンジン。

最近、日本の工業製品が優れているのは設計もしかることながら、作り手のモラルにあるのではないか、と思うんです。要は一人一人が与えられた仕事に対して、高い要求水準で応えている。フツーは宗教観や何がしかのインセンティブなどによって動かされるものですが、日本人の場合は代々、親から受け継ぐ“道徳観”に起因しているような・・・。

答えはなく単なる妄想ですがつい先日、金融機関の人間と会食の際、こんな話題になった次第で・・・。これからもMade in Japanが世界に誇れるものであり続けるには、どうしたら良いのか・・・、無力ながら心配しておりますです、はい。

R33 loses acceleration battle against a mobility scooter?! 電動車椅子に負けたR33スカイライン?!

Yesterday, we featured a kick-ass R33 GT-Ron facebook. But today, an R33 Skyline’s ass was kicked by… a mobility scooter?! The buys at Garage Insanity have built something very unique. Their goal was to create the world’s fastest mobility scooter and they are now looking forward to verifying the claim with the Guinness Book of Records on August 31.

Powering this highly modded mobility scooter is a 600cc engine from Suzuki GSX-600F motorbike, with Garage Insanity having recorded a super impressive 13.281 second 1/4 mile run at 163.8 km/h.

Had it been an R33 GT-R, instead of GTS-T, things might have been a bit different.

昨日、ロンドンで撮影されたムチャクチャカッコ良いR33 GT-RをFacebookでご紹介しました。今日は・・・、R33スカイラインの敗北シーンです。しかも何に負けたって・・・、電動車椅子にです(笑)。Garage Infinityというチームがあるんですが、世界最速電動車椅子を作ろうと盛り上がっているんです。しかも、8月31日にはギネス記録に挑戦するのだとか。

っで、この車椅子ですがモーターではなくスズキGSX-600Fの600ccエンジンを搭載し、0-400m加速は13.281秒(163.8km/hをマーク)という実力の持ち主なんです。いやはや、バカげているかもしれませんが、大の大人がこういう真面目にバカをやると面白いですねぇ。

まっ、R33GT-Rであったなら、結果は違っていたでしょうけど(笑)。