Jindai-ji R32 revival documentary! 深大寺自動車整備日記その1

Jindai-ji is not too far away from the center of Tokyo. But it’s a quiet residential area and it is famous for its temple, soba and festivals. A gardener, a soba chef, a guard man, a panel beater, a car dealer living in Jindai-ji got together to revive the rotting R32. It was parked for 10years to rot and they plan to bring it back to life.

This is an introduction of a small documentary which is exclusively shown on our website! Stay tuned at GTRotaku for more!

お祭りとお蕎麦の街”深大寺”。その街のいい大人たちが駐車場の真ん中で10年ほっとかれた32GT-Rを復元、その輝き取り戻すドキュメンタリーです。地元の仲間たちが集まって魂を注入!!

過去の走りは、チューニングしなおせば蘇る。
みんなで一緒に。あのころに戻るために。
みんなでまた走るために…!
さあ、9月のR’s Meetingに参加しよう!
おれたちは都下の育ち、洒落た原宿とかに行くのは昔から抵抗があった!
だから、車が命だった!

【キャスト】
深大寺の仲間達
植木職人、蕎麦屋、板金屋、車屋、警備員
(※全て実在する人物です)

次回より本編が始まります。

Japan’s best machines go head to head! 日本の最高峰バトル

Nissan GT-R (R35) is one of the quickest, in terms of 0-100km/h acceleration, cars in the world. GT-R may not be able to match the performance of Bugatti Veyron but it costs nearly 2 million USD. So, it is fair to say that GT-R is one of the best cars in terms of value for money. GT-R being nearly invincible, however, may bore people. Thus we shall feature this video of GT-R battling against Suzuki GSX-1000R.

Suzuki GSX-1000R received a premium Yoshimura exhaust, and a stretch job with a longer swingarm to withstand the crazy thrust on the highway. We don’t know if the engine of this particular bike has been modified or not but it weighs no more than 170kg and has 185ps as standard… As GSX-1000R has non-synchronous transmission, shift up is fast and it reaches 130km/h in FIRST gear. The retail price of GSX-1000R is less than 2 million yen. So, it is fair to say that GSX-1000R is also one of the best bikes in terms of value for money.

On the other hand we’ve got a 600 HP GTR, but it just wasn’t Nissan’s day. No matter who wins in this battle, we are witnessing the best of what Japan has to offer.

純正同士のバトルであれば、R35の0-100km/h加速はほぼ無敵です。どうしても勝てない相手は、2億円弱するブガッティ・ヴェイロンくらいじゃないでしょうか?(笑)はっきり言って、R35は世界最高峰のコストパフォーマンスを誇っています。とはいえ、R35ばかりがあまりに無敵過ぎても面白みがなくなります。というわけでご紹介するのが、スズキGSX-1000Rとの直線バトル

このGSX-1000Rはエキゾーストがヨシムラ製になっているほか、スイングアームが伸びて高速安定性を確保するようチューニングされているようです。エンジンをいじってあるか否かは不明ですが、そもそも170㎏程度の車体に185ps・・・。ドグミッションだからガンガン、シフトアップできますし・・・、1速で130km/hは出ます。しかも200万円しないんですよねぇ。これまた世界最高峰のコストパフォーマーというわけです。

対するGT-Rは600psまでチューンアップされている個体ですが、加速の伸びが違います。いやはや、世界に誇れる自動車とバイクの対決です。

GT-R Magazine Vol.111 on sale from 1st June! 「GT-R Magazine 111号」6月1日(土)発売!

4door GT-R was available with second generation GT-R, R33. This is the photo of that rare “Autech Version”. The body is scattered with rust and this car was deteriorating but we have decided to restore it. Will 4door R33 make a complete recovery?!

第2世代GT-Rで唯一、4ドアセダンボディを限定販売したR33GT-R。写真はそんな希少な「オーテックバージョン」。ボディ各部に錆が浸食、朽ち果てかけていた個体を徹底分解してレストアを実施。最新号では、その前編をお届けします。果たして完全復活なるか!?

•Ž†

The main feature, of the latest issue of GT-R Magazine (Vol.111), is “Life with GT-Rs” and shows you people who are enjoying their GT-Rs with various styles. Six readers have sworn to spend their lives with GT-Rs and will tell us of their tales on the love they endure towards their machines. As for the red Hakosuka GT-R(KPGC10) is owned by one of those six and to our/your surprise… the body is made of dry carbon except for roof, rear fender and back panel! Other feature articles are just as dramatic. There is an article on a driver who bought his R32 brand new, back in 1989, and has been driving it for the past 23 years, there is also a story on a driver who has driven his R32 for more than 400,000km etc.

GT-R Magazine Vol.111 contents: “Life with GT-Rs”/ Prelude of BNR34 Nur engine maturity/ R33 Autech version revival/ Anatomy of BCNR33/ GT-R Magazine original exhaust development/ R’s Meeting 2013 in Fuji Speedway begins its entries etc.

GT-R Magazine最新号(111号)の巻頭企画は、「GT-Rのある人生」と題して、さまざまなスタイルでGT-Rライフを楽しんでいる熱いオーナーが登 場。GT-R と出会い、GT-Rとともに一生歩んで行くことを固く決意する読者代表の6人が、Rに注ぐ深い愛を語ります。ちなみに、今回の表紙に登場している赤いハコ スカGT-R(KPGC10)も今回の巻頭企画に登場するオーナーカーですが、なんと、ルーフとリヤフェンダー、バックパネル以外はすべてドライカーボン 製! その他、R32のデビュー(1989年)と同時に新車で購入し、レストアを施して23年間大切に乗り続けている方や、ワンオーナーで40万km以上 走行しているR32などなど、GT-Rオーナーたちの特別なドラマを紹介しています。

GT-R Magazine 111号の主なコンテンツ:巻頭特集「GT-Rのある人生」/BNR34 Nurエンジン深化の序章/R33オーテックバージョン完全甦生計画・BCNR33解体/Gマガ・オリジナルR32用マフラー開発プロジェクト/R’s Meeting 2013 in 富士スピードウェイ・イベントエントリー受け付け開始etc.

GT-R Magazine Vol.111 on sale from 1st June 2013 Price:1300yen (inclusive of GST)/ Publisher: Kotsu-Times http://www.kotsu-times.jp/
You can purchase it online!
http://www.carmode-eshop.jp/shopdetail/002009000052/

GT-R Magazine111号
2013年6月1日(土)発売/定価:1300円(税込み)
発行元:株式会社交通タイムス社/偶数月1日発行・発売
http://www.kotsu-times.jp/
ココでも買えます!
http://www.carmode-eshop.jp/shopdetail/002009000052/

Such a cool film yet I don’t know what the story is… 凄い動画だけどストーリーは解読不能w

I have absolutely no idea what this short film is on about but… who cares when it looks as spectacular as this one? Monster Energy released this short film on YouTube on 1st of April. But it was no April fools.

Could anyone tell us what the story line is? lol

エナジー・ドリンク、モンスター・エナジーが作ったこの動画が何を訴えようとしているのかサッパリですけど・・・、これほどカッコ良かったらストーリーなんてどうでも良い?R35の速さを認めながらも、850psの“モンスター”ダートトラックには勝てまい、って感じでしょうか?

ストーリーを解読できる方、お教え頂けませんか(笑)?

市販ラジアルタイヤで0-400m 10秒台

「ストリートからサーキット・ゼロヨン・最高速」をコンセプトに掲げている愛知県半田市にあるチューナー、ガレージ八幡。そんな彼らが手がけたR35が凄いんです。その名も「Garage YAWATA Street 35GT-R」。最高速度320km/hを記録するこの35GT-Rは、市販ラジアルタイヤで0-400加速10秒前半をマークするそうです!

Our Views
A tuner called “Garage Yawata” is based in Handa-shi, Aichi-prefecture. Their demo-car “Garage YAWATA Street 35GT-R” has been modified so that the maximum speed reaches 320km/h and dashes 0-400m in just a bit over 10 seconds even with “normal” radial tyres!

12万3000㎞走破したR35の実力やいかに?

GT-Rマガジン編集部のスタッフが乗っているR35は、5年半で12万3000㎞を走破。中古車市場では立派に「多走行車」と呼ばれる部類に入ります。部品の消耗具合、劣化具合を検証すべく、NISMOの協力を得てこの車を丸裸!

気になりますねぇ、どうだったのか!詳しくはGT-Rマガジン別冊「R35GT-R PERFECT BOOK II」で取り上げているそうです。いやぁ・・・、出し惜しみしているわけじゃないんです(笑)。 7月1日、全国書店にて発売予定!!

Our Views
GT-R Magazine’s staff car has driven 123,000km in 5 and half years. Any cars driven more than 100,000km, in Japan, is considered “a lot”. With the help of NISMO, they have decided to take evenryting apart, from this particular R35, and look closely into the wear and tear to see what 125,000km of driving did to the car. The arcticle is featured on not GT-R Magazine but its sibling magazine called “R35GT-R PERFECT BOOK II”. I, seriously, am curious! The magazine will be on sale from 1st July!

世界で対決基準になっているR35

R35はその抜群のコストパフォーマンスから、世界で賞賛を浴びています。そりゃ、そうですよねぇ・・・、ポルシェ911ターボと同等、もしくはそれ以上の加速性能をフツーの911以下で提供しているんですから。ホント、凄い話です。っで、2013年モデル、ファインチューンが施され、洗練度、官能度が増したと言われ、世界のメディアが再注目しています。

アメリカのMotor TrendはアウディR8 V10プラスとR35を対決させ・・・

そして、イギリスのAUTOCAR誌はアルピナB6とR35を対決させています。両誌ともにGT-Rの凄さを認めつつ、ライバル車の日常走行における快適性、そして奥ゆかしい運転の楽しさを褒めています。ライバルより安くて、ライバルより速いのに、べた褒めされないんです。

・メカニカルノイズが多く洗練とはかけ離れている
・乗り心地は決して快適だとは言えない
・カッコ悪い

などなど。日産GT-Rはとにもかくにも絶対性能とコストパフォーマンスに訴えかけ、レクサスLFAは絶対的速さよりも官能に訴えかけた日本を代表するスーパーカーです。よーく考えてみると・・・、両車ともにゾッコンべた褒めされているところって、あまり見ませんよねぇ。

ライバルとの距離がどこに、どんなところにあるのか、もっと具体的に検証するジャーナリストやメディアがないものか・・・、と気になっている次第です(笑)。

Our Views
Motor Trend and Autocar have decided to put R35 against Audi R8 V10 Plus as well as Alpina B6. Both Audi and Alpina are more expensive and slower than R35 yet receive praises for their comfort and ease of driving. Although R35 is praised for its sheer speed on circuits, both medias seem not fully satisfied with GT-R.

Nissan GT-R has pursued numbers. Lexus LFA pursued the joy of driving, regardless of the cost. Yet, both Japanese supercars never quite seem to get the full praises from journalists or from the car media when compared with their rival supercars.

I would like to see a journalist, or a car media who can point out exactly what is missing from GT-R or Lexus LFA… Is it the history of the brand? Is it the design?